2009年07月03日

本の森学年別近況報告

gennkiippai.jpg

6月号の図書便りには、各学年の図書室での様子を載せた。
1年・2年・3年は、毎週の読書の時間の様子や、読み聞かせをした本の内容や反応など。
4年・5年・6年は、その学年で流行っている本、休み時間に図書室に来た時の様子、あと月に一度「図書館利用指導」を行っているので、その時のことなど。

(ちなみに4年生で流行っているのは『こびと大百科』。5年生で流行っているのは『マジックツリー・ハウス』と『キッカーズ』。6年生では歴史マンガものがダントツです。)

元気いっぱい!1年生
しっかり者の!2年生
みんなちがってみんないい!3年生
好奇心いっぱい!4年生
文武両道!5年生
やっぱり最高学年!6年生

それぞれの学年別に6パターン作ったわけだが、
これがなかなか好評だった。

校長先生からは「これを読むと各学年の様子が手にとるようにわかりますね」
とお褒めの言葉をいただいた。
担任の先生達も、「こんな風にそれぞれ作っていただけるんですね」
と嬉しそうだった。
また、読み聞かせボランティアの保護者からは、
「各学年ごとに内容が違うんですね。最初、みんな一緒かと思ったけど。
今月は4年生が特集なんだ、と思ったら、お兄ちゃんのを見たら、違ってたから」といわれた。

そうか。じゃあ学校に一人しか子供がいない保護者は、今月は偶然ウチの学年だわ。
と思ってたのかな?

でも実は、違っているところはそこだけじゃなくて、
金子みすゞの詩も、
低学年は「お日さん、雨さん」
中学年は「雨のあと」
高学年は「不思議」と3パターン
あたらしい本の紹介も、低学年向け・中学年向け・高学年向けと3パターン作ったのだ。
そこまで気がついてくれた保護者はいないだろうな。
もっとも、読んでくれているだけでありがたい。

最近ようやく、それぞれの学年のカラーがなんとなくわかるようになった。
去年は、3年と4年の子供が頭の中でゴッチャになっていて、
みんなただ騒々しいだけの衆に思えたものだ。
一年間って大きい。
特に異動したばかりは。


posted by Helenaヘレナ at 22:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

今年のバースディ

友人からのお祝いメール
「幾つになったか覚えてなくても誕生日は嬉しいね」

まさにその通り!
年はとりたくないけれど、誕生日は嬉しい。

でも、今年は覚えやすいかな。

先週お祝いをしていただきました。

昨年つるバラを贈ってくれた友人は、今年も豪華なティローズを贈ってくれました。

su-beni-ru.jpg

「どれどれ?くんくん・・・」
早速ミュータントが香りを試しておりました。

manyukia.jpg

娘がしてくれたバースディ・ネイル。

フレディさんからは、前からおねだりしていたユーミンの1972−76のベスト盤と、野鳥を見るための双眼鏡を。
思い出の曲「あの日にかえりたい」を聞きながら、実家から送ってきた最高級黒毛和牛で焼肉した幸せの記念日でした。

B00005GMFRSuper Best Of Yumi Arai
荒井由実
EMIミュージック・ジャパン 2000-04-26

by G-Tools


posted by Helenaヘレナ at 21:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バースディ・ローズ

moribaito.jpg

昨年の誕生プレゼントに友人が贈ってくれたつるバラ。
愛犬モリーちゃんに食べられることもなく元気に育ち、
たくさん蕾をつけました。
でも、このところの雨と寒さでなかなか開かない。

tsubomijpg.JPG

昨日朝、見たら、ぽっかり開きかけていました。
わあ〜、かわいい!!!

baitoappu.jpg

昼間気温が上がったせいで、みるみる開いていき、
こんな優美な表情を見せてくれました。

本当に美しいものは、こんなにも心を明るく楽しくしてくれることを
教えてくれた友人に感謝!!!
これから毎日楽しみです!
posted by Helenaヘレナ at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

読み聞かせ五つ星にチャレンジ!1年生

1年生も4月からこれまで3さつ読み聞かせをした。
1年生は、月曜と金曜の週2時間読書の時間をとっている。
最初は月曜だけだったのだが、とにかく借りたくて仕方がないらしく、
休み時間でもどんどん勝手にやってくる。
嬉しいのだが、ウチは読書ファイルに「本の名前」「かりた日」「かえす日」を自分で書く貸しだし方法をとっているので、まだ字が上手く書けない1年生はすご〜く大変。それも、休み時間終了間際に大挙してやってきたりする。
それで急遽もう1時間確保してもらった。

カウンターに並んでいる時点で、やれ横入りしただの、
ぼくの借りる本を横取りしただの、とケンカが始まる。
濃〜い、個性派揃いの34名。
担任の先生は、いつもニコニコ笑顔を絶やさない朗らかな女の先生!
なのだが、この間子供達を席に着かせるのに、
「だまって、とっとと座らないと、窓から放り出すよ!」
と言っていた・・・。

男の子の数が多いからか、と思ったら女の子もスゴイ!
中でも〇ちゃんは、クリクリッとした瞳とツンとしたお鼻がチャームポイント。
入学式でもその可愛さとハキハキした賢そうな振る舞いに職員の注目が集まっていた。
しかし、〇ちゃんはただ可愛いだけではない。

オリエンの時に名前を挙げて説明していたら、いきなり立ち上がり、
どーして私の名前を知ってるの?
(名札がついているだろう・・・)

貸しだしの列でも、
「ねえ、先生、わたしもう9さつかりたよ。すごいよね」と鼻高々。
後ろの子に「△ちゃんは何さつ?」
「わたし、8さつ」と後ろの子が答えるのを聞くやいなや、
少なっっ!わたしの方がぜんぜん多いもんね」と得意そうだったが、
「そう、わたしより1さつだけ多いね」と冷静に返されていた。

また、読書ファイルの「返す日」の欄に、かりた翌日の日付を書いていたので、
「〇ちゃん、一週間借りていられるから、返す日は××日だよ」
と言うと、
わたし、明日返すから」と断固直そうとしなかった。
その後もずっとそうやって、自分が返すと決めた日を書いている。
まあ、一週間以内だからいいか・・・。

こんな面白い大物揃いの1年生にどんな本を読もうか、私も悩んだ。

ながーいおはなのブタくん
ジョナサン ランバート Keith Faulkner Jonathan Lambert
4579404300


これは赤木かんこさんの「かならず成功する読みきかせの本」に載っていた。
このインパクト!わかりやすさ!これしかない!と思いました。
そして結果はもちろん星★★★★★五つ!!!

ふってきました (講談社の創作絵本)
石井 聖岳
4061323407


空からゾウがふってきたり、ライオンがふってきたりするところは、
「ありえな〜い」と男の子達はいいながら、大うけ。
でも、肝心のお母さんがふってくるところは、今いち反応がにぶかった。
わからなかったのかな?まあ、わたしの読み方が悪かったのだろう。星★★★★四つ。

オレ・ダレ (講談社の創作絵本)
高畠 純
4061322664



星★★★★★五つ!
これは、絵を見せたらすぐにだれだかわかっちゃうだろう、と思い、最初絵を見せないで読み、
その後「はい、答えはキリンです」と言いながらページを見せようと思った。
でも、どのページも絵を見せる前に、答えが出た。
コウモリもフラミンゴも知っている。スゴイ!!
〇ちゃんだけは、表紙のゴリラがいたく気に入ったらしく、なんでもかんでも「ゴリラ、ゴリラ」
と言っていたが。
ワニのページでは、
「オレ、こわがられる」(本文引用)と読んだら、
「ぜんぜん、こわくないよ」「ワニなんかぜんぜんこわくない」
と声をそろえて言うので、
「そうだね〜。みんなの方がよっぽどこわいね〜」
思わずそうつぶやいた。
担任の先生だけが爆笑していた。

posted by Helenaヘレナ at 22:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読み聞かせ五つ星にチャレンジ!2年生

今年度は、特に読み聞かせに力を入れよう!と思った。
昨年度は、異動したばかりで、選書するにも子供達の反応を見るにもとにかく余裕がなかった。
でも、一年経って、この学校の子たちは素直でノリがいいことがわかった。つまり読み聞かせをするには、ぴったりの人材!?

各クラスの「図書室利用実績表」に、読み聞かせた書名と、
星の数を書くことにした。

まずは2年生から、


おなべおなべ にえたかな?(こどものとも絵本)
こいで やすこ
4834014630


4月の定番。読んでいるだけで、春のスープのいい匂いがしてくる。
子ども達も、まさに食い入るようにみつめていた。
でも、もしかしたら担任の先生の方が嬉しそうだったかも・・・。
で、星は★★★★四つ。


ぼくのかわいくないいもうと (絵本のおもちゃばこ)
浜田 桂子
4591088073


1年生が入ってきてここひと月くらいで急成長した感のある2年生にピッタリ!と思って選んだ。
でも、どちらかというと、大人ウケする本なのかなあ、とも思ったが、
星★★★★★五つで、大好評!!
初っ端の「1ねん3くみ、まほっていうなまえ」のページで早くも歓声があがった。
手のかかる弟や妹の存在に「わかる、わかる」という感じの反応。
特に「げんちゃんのいもうとはおとなしくてかわいい」
「しょうちゃんのおとうとはめいれいをよくきく」
「たけちゃんのにいちゃんはサッカーがうまい」
「ああ じゅんちゃんはあこがれのひとりっこ」
という様々な兄弟姉妹関係が描かれているページ。
どの子も必ずどれかにあてはまるのが良かったようだ。

999ひきのきょうだいのおひっこし
村上 康成
4893256246



これも星五つ★★★★★まず、999ひきのカエルが生まれたところで「スゴイ!」の声。
後の展開も文句なし!だったようだ。


posted by Helenaヘレナ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

こんなおばあちゃんになりたいな!

今年も、読書マラソンをやらなければならない。
でも、昨年度と同じやりかたはもういやだ。
40冊という数がまず多すぎる。
5月〜2月までというのも長すぎる。
子ども達は最初こそ乗り気だが、二学期に入るともうマンネリ気味。

それで今年は、春夏編と秋冬編の2回に分けることにした。
これで、「たのしいふゆごもり」を6月に読まなくてよくなるだろう。
冊数も、半分以下に減らす。
昨年度選んだリストを季節ごとに20冊、20冊にわければいいと、のんびりしていたのが間違いだった。
それを選ぶ子供の数が20人以上いるのだから、20冊だと全然足りないのだ。

急遽、本を選びなおす中で、みつけた素敵なおばあちゃんの本。
なんていったって、老いが迫っている。
本を選ぶのだって、自然とそういう視点になる。

たくさんのふしぎ5月号「砂漠のサイーダさん」

サイーダさんは遊牧民。
小さなおばあさんながら、ラクダを連れて砂漠でひとり暮らしている。
まず、その事実にビックリ!!
過酷な自然環境、危険もいっぱい!に違いない。
昼と夜の気温差だけ考えても、適温範囲の狭い私にはとても無理だ!
しかも、サイーダさんはおばあさん。
おばあさんだというのに、なんでも自分でできる。
一人で枯れ枝をかついで来て、ラクダの糞と一緒に火をおこしたり、
パンを焼いたり(砂漠で!)、寝る時だってごろんと砂の上で横になる身軽さ。
独身なんだろうな、と思っていたら、9人も子どもを育てあげて、
夫もいるけれど、家族はみんな定住地に暮らしている。
さびしくなんてないし、一度も退屈なんてしたことがない。
かっこいいなあ、清々しいなあ、こんな風になりたいなあ、
でも、無理だろうなあ。


頼らない生き方のサイーダさんはかっこいいけど、
頼りっぱなしのこのおばあさんも、なかなか素敵。

ひょうのぼんやりおやすみをとる (どうわがいっぱい)
いせ ひでこ
4061978047


お休みをもらってお散歩中の、ひょうの“ぼんやり”を
「まあ、なんてちょうどいいんでしょう」の一言で、
ちゃっかり荷物を運ばせ、家の掃除だの洗濯だのをやらせてしまう。
そして、ラストは本当に素敵。
いいなあ、うらやましいなあ、こんな風にやってみたいなあ、
と思うけど、やっぱり無理かなあ・・・。


「ひょうのぼんやりおやすみをとる」は2年生の春夏編のリストに加えた。
「砂漠のサイーダさん」は、まだ決めていない。
雑誌「たくさんのふしぎ」は、いつも新鮮な驚きに満ちていて、おまけに子供にも理解しやすく作られているので大好きなのだが、
残念ながら、ただ置いておいても子供たちはなかなか手にとってくれない。
直接紹介するのが一番効果があるみたいだ。
敬老の日特集か、なんかで。
「敬老の日」が合うのかどうかはともかく、子供達はきっと驚いてくれるだろう。
驚きって、大切だから。




posted by Helenaヘレナ at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

オープン!

今週から、各学年でオリエンテーション(図書室利用案内)と
貸しだしをスタートした。

今年度は教育課程の「図書館利用指導年間計画」に沿って、
全学年毎月1時間ずつ、利用指導をやることになった。

この利用指導年間計画、前任校の教育課程にもあったが、
ずっと絵に描いた餅で終わっていた。
それもおかしいんじゃないかな?と思い、
昨年度末の教育課程検討会の折に、月に一度、時間を持つことを提案した。
高学年は授業時数を確保するのもギリギリの状態だから、
「無理です」という声が出るかと思ったが、すんなりOK!
真面目な先生達なのだ。

1年生〜3年生は週一度の読書の時間。
4年生〜6年生は月一度の読書の時間をとれることになった。

そういうわけで、オリエンテーションも例年ならば、高学年は利用案内+分類番号までやっていたのだけれど、「図書館利用指導年間計画」(長い!)で、5月に「分類」が出てくるので、
4月は利用案内のみ。
こっちもやりやすいし、子供達の方もシンプルな内容でよかったのでは。

ところで昨年のオリエンテーションの時とくらべて、
子供達の成長ぶりにはちょっとびっくりした。
特に2年生は、1年生が大勢入ってきたからか、急におとなっぽくなった。
お話を聞く態度もいいし、「かりていいんですか?」などと敬語を使う。
3月までは「一体、いつになったら成長するんかな〜」
とひそかに思っていたのだが・・・。
以前ある先生が言っていた
「1年生は、入学式に新しい1年生が入ってきたその2、3日で
急に成長するんだ」という言葉を思い出した。なるほど。

今日は、オリエンのラスト、6年生。
6年生相手はやっぱり緊張する。
5年生くらいまでは、ほとんどが聞くことで精一杯。
でも、6年生になると、自分なりの解釈を交えながら聞くから。
そして、6年生も驚くくらい成長した。
昨年のオリエンの時は、こっちが話している間中もずーっと
友達と喋っている子がたくさんいた。
黙って(黙らされているのではなく)、こちらの話に集中している姿は、頼もしく優しかった。


オリエンもすべて終わり、午後は休みをもらって、
娘の学校の授業参観+学年PTA+PTA総会へ行った。
なんだか実家に帰ってきたみたいにほっとした。
同じ学校でも、勤務先と娘の学校では全然違う。
私にとっては、娘の学校=前任校だからか。
と思っていたら、前年度の会長さんが、挨拶で
昨日行ってきた中学の総会のことをこう話していた。
「中学は大勢だし知らない人たちばかり。
でも、ここに来ると、知っている顔ばかりで、
うちに帰ってきたようにほっとします」
ああ、私だけじゃなかったんだ。

娘の教室で娘が座っている小さな椅子に腰掛け、
ふと顔をあげたら、窓の向こうに満開の桜が見えた。

さいごのさくらjpg.JPG
posted by Helenaヘレナ at 18:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

来訪者

新年度の貸しだしは、来週から。
今週は、閉館してるわけではないのだが、誰も来ない。
昨年のこの時期は、どんなヤツが来たか、物珍しさもあってか、
チョロチョロ子供が顔を見せていたものだ。
一年かけて大して面白いヤツでもなさそうだ、と気づいたらしい(笑)

図書室がある北館で、常時機能しているのは、
図書室とパントリーだけだから、子どもが来ないのも無理はない。

来訪者は三人だった。

始業式の翌日の朝。
廊下側の窓をドンドン叩く音。
なんか、怒っている感じ。
怒ン、怒ン、怒ン、怒ン・・・。
ここ何ヶ月かそんな音を聞かなかったのに。
音が止んでしばらくして、ドアがそろっと開いて、
X君が隙間から体を滑り込ませた。
彼とは悪態をつかれたりついたりしながら一年かけていい関係を
築いてきた(?)
珍しくうつむいているので「どうしたの?」と声をかけると
「もう、やってられないよ」目が赤い。
「そうだよね。私だっていやになるもの。毎日」
とは言わずに、
「じゃあ、ちょっと休んでいけば」と言った。
「うん」と素直に(いつも素直なんだけど)ギネスブックなんかを
黙って読んでは、たまにポツリと話しかけてくる。
「ねえ、自転車でフランスを一周するレース知ってる?そのチャンピオンの名前がさ、えっと何だっけ?」
「よく知ってるね。テレビで見たの?」
「ううん、本」「へえー」
30分ほどいて、ほとんど黙って本を読み、また黙って出ていった。


二人目は、オタク派のY君。
とにかく図書室が大好きで、休み時間じゃなくても図書室にいた。
でも、今年度見たのは、今日が初めて。
気配もなくふらっと入ってきたので、
「何?5分休み?」と聞いてしまった。
「ううん、これから体育館に行くから寄った」
「あっ、そっ」と言うと、なんか懐かしそうに見回し、
「ひさしぶりだなあ」
「そうだよ、ずっと来なかったじゃん。・・・まあ、教室が楽しいってことかな」
黙っているので図星かな、と思ったら、ポツンと一言
「〇〇先生、いいよ」と言って、出て行った(やっぱ図星だった)。

三人目はZ君。
彼はよくキャスター付きの椅子に乗って現われたものだ。
が、今日は歩いて来た。しかも昼休み。
「失礼します」と礼儀正しい(いつも礼儀正しかったけど)。
黙ってしばらく本を読み、チャイムとともに急いで帰っていった。

四月最初の展示はこれ。

haruatarashideai.jpg

atarashiideai.jpg

どんな出会いが待っているかな?









posted by Helenaヘレナ at 22:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一年間

新しい春、新しい年度になった。
昨年4月、この学校に転任してきた当初
一年後にこうなっていたことが予想できただろうか?
そう、まさか、赴任して半年も経たない内に校内引越しをするなんて!
町内一大きな学校なのに、町内一小さな図書室。
でも、どんなに狭くても、迷うことはあるんですよね。
狭くても、奥は深いってこともありますから。
だから、新年度早々にやった仕事はこれ。
本当は昨年度の内にやらなければならなかったものだけど・・・。

ehonn.jpg

nihonnnomono.jpg

gaikokuno.jpg

zennsyuu.jpg

サインの下には、前任校で撮りためておいた雲の写真を貼り付けた。
本を置いているだけでは書斎と同じ。
サインや掲示で人と情報を共有しようとしてはじめて、
図書館とか図書室になると思った。

今年度も一年がんばりましょう。

posted by Helenaヘレナ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

順番通りかな?

寒冷地は、昨日13日が始業式だった。
図書室はクリスマスバージョンから新年に模様替え。

丑虎.jpg

酉戌亥.jpg

新年早々、インフルエンザ(A型)に大当たりしたので、
結局、冬休み中にやった仕事はこれだけだった。

P1030211.JPG

この干支の人が今年、何歳になるかもわかるようにした。
私は、辰年。
そういうと、かわいい2年生の女の子が、
「あー、33歳?」と言ってくれる。
彼女も辰年。「本当はね、21歳なのよ」と言うと、
さすがに爆笑する。

このカード作ってはみたけれど、子ども達の反応は?
と思っていたけれど、案外、興味を持つ子が多い。

時々、順番を入れ替えてみても面白いかもしれない。
イノシシが勢い余って、ネズミを追い越したり、
ウサギがつい油断して居眠りしている間にウシに追い抜かれたり
することもあるかもしれない。
(ないか。あると、年齢が変わっちゃうものな・・・。)
「はい、どこが間違っているでしょう・正しい順番にしてください」
と言って、子ども達と遊ぶのもいいかも。

そうそう、今年は丑年でしたね。

丑とし.jpg

どこがいい?
う〜ん、やっぱりサーロインかな?それともヒレ?


この本を見て作りました。

干支を飾るグリーティングカード (しかけ絵本教室)
菊池 清
4499330572


posted by Helenaヘレナ at 20:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。