2007年09月10日

最後の司書に・・・・

土曜日は運動会。
練習も佳境に入ってきた。
私は、今年もカメラ&ビデオ担当。
校庭でダンスを練習中の1・2年生を、
カメラ片手に2階ベランダから見学。
本番前にフォーメーションや、撮りどころを確認するためだ。
ベランダをそろりそろりと移動していると、
校長先生にぶつかった。
一緒に下を見下ろしながら、しばし雑談した。

「三色ともなると、こじんまりしてますね」と言うと、

「そうねえ。その内運動会もできなくなる人数になるんじゃないかと
心配だね」と仰る。

校庭からは、私たちの姿を見つけた子ども達の
「あっ、校長先生とヘレナ先生だ」という声が聞こえてくる。

「やはり、統合でしょうか?」

「う〜ん、もう、仕方ないってみんな思っているようだよ」

町内に小学校は四つあるが、その内三校は100名を切っている。
一校に統合される、という噂をもう随分前から耳にしていた。
私たち臨時司書にとっては、統合=クビである。

「この校舎はどうなるんですか?」

「これは、このまま置いとくんじゃないかな」

「私は、ここの最後の司書になりたいです」

「ハハハ、最後のね・・・。じゃあ、統合されたら、
この校舎をもらっちゃったらどう?維持費がかかって大変か」

「そうですね、図書室だけでいいから。
そしたら、ここで文庫を開こうかな」

本当に、ここで文庫ができたらどんなにいいだろう。
もし、夢がかなったら、こんな図書館にしたいな、と思った。
それが、この本。

としょかんライオン (海外秀作絵本 17)
ミシェル・ヌードセン ケビン・ホークス 福本 友美子
4265068170


今、話題の本らしい。
文章を書いた作家も、絵を描いた画家も、そして翻訳者も、
それぞれに図書館には思いいれがありそうだ。
その思いが素敵な本に結実したんだな・・・。

図書館って、誰でも入れるし、好きな本を自由に読んでいい。
でも、その「自由」を支えているのは実は「きまり」で、
その「きまり」を支えているのは「人」だ。

最後のページの
「たまには、ちゃんとしたわけがあって、
きまりをまもれないことだってあるんです」
という文章がすごくいい。

そうそう、我が図書室には、ライオンこそいないけれど、
ライオンに負けないくらいキュートな動物がいます。

?{?i??????.jpg



posted by Helenaヘレナ at 14:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。