2007年10月25日

ハロウィンってなあに?―4年生にブックトーク

4年生にブックトーク。
テーマは、季節柄、“ハロウィン”にした。

選んだ本は、こちら。

harouinjpg.JPG

@「ハロウィーンってなあに?」(主婦の友社)

最初にハロウィンの三つの?クエスチョンからスタート。
(1)ハロウィンって、どんな日?
(2)ジャック・オー・ランタンって、なあに?
(3)ハロウィンには何って言うの?

(1)は、「かぼちゃを食べる日」と答えた子がいて思わず
「それは冬至ですね」と言ってしまった。

A「魔女がいっぱい」(評論社)

図書室にあるロアルド・ダールの本の中で「マチルダは小さな大天才」の次に人気があるのがこの本。
ほんものの魔女とは?という定義から始まるのだが、とにかく面白い。「犬のウンチ」だの「ガキ」だの「つぶす」だの、教育上よろしくないような言葉もたくさんあるが、本に出てくるのだから、ということで、堂々と使えるのがいい。
子ども達はその度に大笑い。
ただし、あまりワルノリしすぎると、その後収集がつかなくなる。
ロアルド・ダールの本には、強烈な子ども嫌いの人物がよく登場するが、ダールその人がもしかしたら子ども嫌いだったのでは?
と思うほど。
もしくは同時に子どもと同じ感性の持ち主だったのかもしれない。
これは間違いなさそうだ。

B「ジキルとハイド」(どきどきミステリーランド 金の星社)

ジキルとハイドという言葉は知っていても、話の内容や結末まで知っている人は少ないのでは?と思い買った本。
同シリーズの「フランケンシュタイン」や「バンパイヤ」も同様。
しかし、子ども達は意外に知っていて、実は教室に本があるらしい。
こういう話は興味をひきつけるのだろう。
しかし、「宝島」のスチーブンソンの原作とは知らなかった。

C「ハンカチの上の花畑」(あかね書房)

私の大好きな安房直子さんの本だが、他の作品と比べて何とも奇妙で、それでいてちょっぴりぞっとする話。
ハロウィンにはあまり関係ないかもしれないが、ぜひ紹介したかった。

D「ひとりでいらっしゃい」(偕成社)

本格的な怪談本ということで紹介したが、
中でも『富士見トンネル』を詳しく話して聞かせた。
クラスの男の子がお兄さんと高速道路を二人乗りした、
という話を以前聞いたので。
試しに「〇〇くん、バイクはどうやって曲がるのか知ってる?」と
聞いてみると、
「曲がりたい方に身体を倒す」と、即、答えが返ってきた。
危ないから気をつけるんだよ!!


最後に、「ハロウィーンってなあに?」を、図書委員さん二人に
読んでもらった。
今日木曜日は図書委員会の活動の一つ、給食時の本読み放送が
ある日だった。
この本を読もうと4年生の図書委員さんは必死で練習
したのだが、マイクが壊れていて読めなかったのだ。
せっかく練習したんだから、読みたいと本人達から申し出があり、
こういう形で読んでもらった。

感心したのは、クラス全員がうってかわって静かに二人の朗読に
耳を傾けていたこと。
う〜ん、今日のブックトークは、最後の読み聞かせにすっかり
食われてしまったな。
まだまだ修行が足りん!と思ったのだった。



posted by Helenaヘレナ at 17:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。