2007年10月29日

“スウェーデンの絵本展”開催中!

4年生にお父さんがスウェーデンの方という男の子がいて、
今年の夏ひと月ほど、家族で里帰りしていた。
その際、スウェーデンの絵本をたくさん買ったので、
ぜひ図書室に展示してください、というありがたい申し出があった。

“スウェーデンの絵本展”開催中!!!


ブログ用.JPG

スウェーデン語なので、文章は読めないわけだが、
絵を見ているだけで充分楽しいし、なんとなくストーリーが
わかるものもある。

ペットソン.jpg これは、Pettsonさんというおじさんと猫のFindusのシリーズ(Sven Nordqvist)で、料理の本あり、1月から12月までそれぞれの月の遊びの本あり、と多彩。








ならび.jpg また、スウェーデンならではなのか、なんとも形容しがたいユニークなキャラが出てくる本もたくさん。ハエが主人公、という本もあり、実に面白い。




中でも私が一番気にいったのがこれ。

親子見開き.jpg 

「VEM BESTAMMER?」Stina Wirsen
親子だろうか?実にエグくてカワイイ!

今のところ、この中で日本語に訳されている本はないということで、
残念だが、しかし、こんな風に原書で読む(?)見る、
というのも、なかなかいいものである。
わけのわからない外国語と絵を眺めながら、
これはこんな話だろう、と想像するのは案外楽しい。

また、今回、本を貸してくださったお母さんから、
スウェーデンの話を寄せていただいたので、
図書室だよりに載せた。

hikousenn.jpg 

「ずっと明るい夏と、ずっと暗い冬を持つ国」と題して、
白夜の夏と日が全く昇らない冬を持つ
特異なスウェーデンの一年のことを教えていただいた。

nihonngode.jpg

絵本展にあわせて、「図書室にある日本語でよめるスウェーデンの本」を展示。
こちらは貸し出しOK!
「ムーミン」は、スウェーデンのおとなりのフィンランドのお話
なので、そう明記した。

今日、2年生の読書の時間に“絵本展”のことを紹介したところ、
早速手にとってくれた子もいた。
小学生だと、まだ外国のことにまで興味が行かないかもしれない。
でも、知ってほしい。
この国以外にも様々な国があり、
様々な価値観で世界は成り立っていることを―。








posted by Helenaヘレナ at 16:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。