2007年11月30日

最近こわくなったよ

「あっ、先生、すごい老けてる!」

6年生の女の子が掃除に入ってくるなり言った。

「ほんとうだ。先生顔がこわいよ」

すかさずもう一人の子が言う。

何言ってんのよ!とばかりに怒ると、

「先生、最近変わったね」
「うん、こわくなった」

「それは、あなた達が大きくなったから、少し注意するように
なったんじゃない?」

「ううん、違う。昔はもっと優しかったし、若かった」
「最近、すぐ怒るし・・・。年取ったせい?」

えっ・・・

一瞬どきっとした。
(しかし、こういう暴言を吐く人たちに対して、どうやったら優しくできるというのか????)
でも、あなたたちだって、昔とはずいぶん違うけどねえ・・・。

私がこの学校に来たのは、6年と2ヶ月前、だから
今年でこの人たちと同じ6年生ということになる。
小学生というものに免疫がなかったせいか、はじめて見た時は、
まず、あまりの小ささに驚いた。
そしてもう一つ驚いたのがその礼儀正しさ!
職員室や図書室に入るとき、どの子も直立不動で
「失礼します。〇年の〇〇です。これこれの用事で来ました。
入ってもいいですか?」
と言うのだった。
ある時など、誰もいない図書室に向かって言っていた子がいたので、
思わず背後から「だれに言ってんの?」と尋ねたことがある。

そういえば、あの頃は、大人の私でもびびってしまうくらい
こわい先生がたくさんいたなあ。
子ども達がどことなくオドオドして、でもすごく礼儀正しかったのはそのせいだろうか?
もちろんただこわいだけでなくて、褒める時は褒めるし、
ユーモアもたっぷりな先生達だったが、それでも怒るとやっぱり非常に怖かった!

怖ければいいというものではないし、以前に比べて今いる先生達が
どうの、と言うつもりもない。
ただ、以前の子ども達は、厳しさに慣れていた気がする。
ここへ来て一年目に、図書委員の6年の女の子にこう言われたことがあるのだ。
「先生、もっと怒らないとだめだよ。悪いことしたんだから」

うん、でも、人間やっぱり優しくされると嬉しいもんな。
それに、私にも「慣れ」が出てきたのかもしれない。
慣れから来る「甘え」や「怠慢」な態度で、子どもや仕事に対していないだろうか?
初心に返って、学校のオアシスともいうべき図書室になるよう心がけていこう!

「わかった。これからは優しくするわ。〇ちゃん」

精一杯優しくこう言うと、

「げっ、きも!」
「そう、そうしてちょうだいね!」

というリアクションが返って来た。

やっぱり以前のようには、優しくなれないかもしれない・・・・。



posted by Helenaヘレナ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

見知らぬ国のステキな町へ行こう―「マジックツリーハウス」

友だちのもーりーからのアドバイスで、来年2月の6年生へのブックトークのテーマは
「見知らぬ国のステキな町へ行こう」に決めた。
6年生の社会に「世界の人々とのつながりを広めよう」という単元があるし、
中学にも巣立つことだし、ピッタリ!と思った。
しかしテーマは素晴らしいが、紹介する本が見つからない。

と思っていたら、今日ふと眼に入ったのが、

ベネチアと金のライオン (マジック・ツリーハウス 19)
メアリー・ポープ・オズボーン 食野 雅子
4840117977


子どものリクエストで、19巻〜21巻まで購入したのだ。

このシリーズは、3月に卒業した6年生を中心に一時ブームになったのだが、
彼らが卒業した途端、パタリと貸し出しが止まっていた。
最近また、3、4年生の男の子達に人気が出始めていたところだ。

私自身1巻目を読んで、悪くない内容だと思ったものの、
続きを読む気にはなれなかった。
しかし、このタイトルに惹かれ、久しぶりに手にとってみた。

1時間ほどで読み終え、う〜ん、なかなか面白いじゃん!
本の中の世界へ行くことができるマジックツリーハウスという設定自体、
図書館向けだと思っていたが、
世界じゅうの優れた本を集めている魔法使いや、
マスター・ライブラリアンといった言葉はまさにうってつけ。
図書室に置け!と言われているようなものである。

ストーリー自体は、1時間の枠内でトラブル発生から問題解決まで
やってしまう連続ドラマのような、強引な感じがなくもないが、
まあ、この文字の大きさとページ数では仕方ないだろう。

いいな、と思ったのが、様々な時代と国を冒険するという設定
で、その時代と国のことが正確にかなり詳しい部分まで書かれ
ているところ。
タイタニック号やアーサー王伝説、ギリシャ神話のことまでわかる、
という優れものなのだ。
あとがきに、アメリカでは学校の教材としても使われている、
と書いてあったが、それも頷ける気がする。
巻末にあるお話のふろくで、その国の歴史のことが記述されているの
もいい、と思った。

さあ、じゃあこれを、6年生に、と思うと、ためらわれる。
6年生がこの本を読むのは決しておかしくはないと思うが、
ウチの6年生はどうだろうか?

以前、ぱらぱらとページをめくり、
「わっ、文字でか!」と言っていたのを思い出した。
読書家で、もう図書室にはすすめる本がない!
という子も何人かいる。

う〜ん、どうしようかな・・・。
相変わらず悩みは続くのだった。
posted by Helenaヘレナ at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

“読書賞”で思ったこと

月に一度の委員会活動。
今日の活動内容は、年間計画によれば「賞状作り」
ということになる。

本の冊数で競うのはいかなるものか?
と言う根源的な問いはあるものの、
図書委員会の活動では、やはりなくてはならないメニューの一つ。
以前は、冊数にこだわるのがイヤで、
「伝記大賞」だの「長編大賞」だのいろいろな賞を設けたことも
あった。
でも、最近は、図書委員をやっている子どもが、
よく図書室に来てくれる子に賞を贈るのは全然OK!だ
と思うようになった。

しかし、賞をあげるのはいいが、委員会の一時限の中で、
授賞者をピックアップし、賞状と賞品を作るのはキツイ!
図書委員会は、他の委員会に比べて、活動が盛りだくさんなのか?
いつもその時間に終わらず、図書当番の時の放課後を利用したり
しているのだが、それがいいこととは思えない。
やはり、時間内にきちんとやるべきである。

急遽、図書主任の先生と相談し、
受賞者のピックアップ・賞状の作成・賞品の栞作りの下準備を
私がしておくことにした。

受賞者は各学年2位までとし、賞状はパソコンに入っている
フォーマットをプリントアウトする。
賞品の栞だが、子どもが絵を書いてそれをラミネート加工する、
といういつものパターンはやめて、新しい方法を考えることにした。

参考にしたのが、この本。

紙の工作大百科〈2〉カードと小物を作ろう!
武田 真理恵
4251093720


ここに「カエルのしおり」なるものが載っていた。
型紙もついている。
早速、まず私が見本を作ってみた。

中はこんな感じ。文章は賞状と同じ文言。

mihonnonaka.jpg

折り曲げて、カエルの足に挟み込むと、こんな感じになる。

mihonnomote.jpg

型を人数分作り、図書委員の子達に作らせることにした。

型紙

本当は、ここまでやるつもりはなかった。
カエルの顔の部分を他の動物に変えるなどして、
もう少し自由に作らせたかったのだが、
「時間がない!」という思いが頭を掠めた。

委員会が始まり、子ども達に説明したところ、
案の定、「自由に書いちゃいけないの?」という声。
作り直しさせたりした子もいたが、。急がせた甲斐あって、
時間内に全員仕上がった。

kaeruhiori.jpg

カエルをペンギンにすっかり変えて作った子や、
型紙をそのまま活かして、クマやネコに変えた子もいた。
また同じカエルでも、表情がみんな違う。
私が作った見本と比べると、遥かに独創的!
おまけに折り曲げた時に見える本の絵が面白い。
クリスマスや雪だるまの絵。
こんなに小さい枠の中に、よくもまあ、凝った絵を、と思う。
「人生とは何か?」(〇〇出版 1350円)と
題名入りのものまで。

どの子も、楽しみながら、綺麗に仕上げていた。

子どもの実力を見くびっていた自分を深く反省。
本来、委員会とは子ども達が自主的に活動する場なのに、
最近の私は、体裁を整えることを考えるあまり、
子どものやる気を押さえ込んでいたのでは・・・?

小学校歴6年足らずの身では、小学生に対しどの程度自主性を
発揮させていいのか、いまだ判断がつかない・・・。
でも、とりあえず、委員会活動は、とっても楽しかった!
子ども達にもそうであってほしい、と思う。




posted by Helenaヘレナ at 14:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

最近虜になったもの

最近、虜になったもの、といえばコレである。

モルフォヘレナ モルフォレティノール

アマゾン河流域に生息し、そのメタリックブルーで有名な蝶。
モルフォ・ヘレナ」と「モルフォ・レテノール」。

私が初めてこの蝶の存在を知ったのは、何かのテレビ番組かコマーシャルかだった。
「ある外国車のボディカラーはモルフォ蝶のブルーからとった」
当時、車にも蝶にも興味がなかった私は、特に図鑑を引くでもなく、
記憶もそのまま置き去られていたのだが。

虫はどちらかというと苦手だったのだった。
でもこの仕事を始めて、
「先生、名前調べていいですか?」と言って
子ども達が次々持ち込んでくる青虫だの蛾だのを、
一緒に図鑑で調べる内、好きとは行かないまでも興味を持ち始めた。
知れば知るほど(といっても、さほど詳しくはないが)
虫というのは実によく出来た興味深い生き物である。

折りしも、同じ町内に、市営の昆虫博物館があり、
先日県民の日で入場料が無料なのをいいことに行って来た。

いやあ、感動!
閑散とした館内には、マニアも(たぶん)ビックリの
珍しい世界の昆虫の標本がずらり。
更に驚いたのが、その標本が、箪笥の引き出しを利用したケースに
収まっていたことだ。

例えば、引き出しに「世界一小さいトンボ」とラベルが貼ってある。
どれどれ、と引き出しを開けると、標本ケースに蚊ほどの
小さい、しかし確かにトンボの形をした虫が入っている。
次は、「世界一大きなトンボ」だ。
これもどれどれとまた引き出しを開ける、といった感じ。
開けたり、閉めたり、をくり返している内に、なんだか
他所様の家の箪笥を漁っている気がしてくる。
防虫剤が入っているので、尚更雰囲気が出る。

気になったのが、標本ケースが引き出しの底板にガムテープで貼り付けてあるだけだということ。
監視カメラも防犯ブザーもなさそうだし、これはその気になれば、
持っていけちゃうのでは???
もちろん、私は実行に移さなかった。
ちょっと心は動いたけど・・・・。

この抽斗を使った展示方法というのは、昆虫博物館では、
ごく普通のことなのだろうか?
初心者にはわからないが、実にユニークだった。

以来、すっかりモルフォ蝶の美しさに惑わされた私は、
図書館に行けば虫の図鑑ばかり求めて借りるようになった。
分厚い図鑑を何冊も抱えた私を見て娘が、
「ママは、いつから昆虫マニアになったの?」と尋ねてきたが、
本人も気がつかない内に魅入られてしまったようである。

三連休でもまた昆虫の本を求めて図書館をうろついていたら
見つけた本がこれ。

楽しき熱帯
奥本 大三郎
4087741494


奥本大三郎さんには、もともとそそられるものがあったのだが、
今までは昆虫に興味がなかったので読んだことがなかった。
今回初めて著作を読んだが、面白くて仕方ない。
特にこの本には、モルフォ蝶をはじめ、アマゾン河流域で
奥本さんが出会った美しい蝶のことがたくさん書かれている。
虫の標本を売って生計を立てている標本商なる人たちや、
標本商に自分が採った虫を売っている採り子という人たちの存在も
面白かった。

ジャングルで採ってきたモルフォ蝶を宿の部屋で放したまま、
いつのまにか眠ってしまい、朝目覚めると、モルフォ蝶が
肩に止まって自分の汗を吸っていた、なんて経験はそう誰もが
できるものではないだろう。

いいなあ。私も肩乗りや手乗りは無理でも自分の部屋に放して
飛ぶところを眺めてみたい、と思ったのだった。
でも、ジャングルはちょっと怖い・・・・。
posted by Helenaヘレナ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

木枯らし吹く日は内職で・・・

連日、ヒュヒューと木枯らしが吹き荒んでいる。
この辺りは、山から吹き降ろしてくる風が強く、
向かい風に向かって歩いていくと、息ができないくらい。
風の冷たさで、子どもたちは、頬があかぎれ、真っ赤なほっぺたをしている。

この風が吹くと、いよいよ冬がやってきたな、と思う。

こういう日は図書室にこもって、読書ではなくて、内職!

今年のクリスマス掲示の準備である。

昨年は、一人で本のアドベントカレンダーを作ったが、
その前の年までは、おすすめの本を全校のみんなで書いた
クリスマス掲示をしていた。
今年も、そうしようと思う。
だって、私一人でやるのは寂しいもの・・・。

kurisumasu.jpg

1年生は、サンタクロース
2年生は、雪だるま
3年生は、トナカイ
4年生は、モミの木
5年生は、天使
6年生は、星

学年・氏名・おすすめの本の題名を書いて、全校そろったら、
廊下に貼り出す。

モミノ木と天使と星は、市販のクラフトツールを買ったのだが、
サンタとトナカイと雪だるまは、しこしこ色画用紙を切り張りして
作った。

図書集会と同様、毎年どうしようか迷うクリスマス掲示。

完成する日が楽しみです。


posted by Helenaヘレナ at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

Librarianの休日―サマセット・モーム

透き通った秋の日差しに、落葉松が金色に輝く一日。
その針のような葉が、凛とした冷気の中を舞い落ちていく
時、カラカラと幽かな音をたてる。

夜になると、木枯らしが吹きすさぶ音が聞こえてきた。

こんな夜は、ストーブの蒔がはぜるかたわらで、

「そうだ、読書しよう!」

早速、今夜のお供をしてくれる本を物色にいった。

しかし、とても「司書をしています」なんて、恥ずかしくて言えないような乱雑な本棚。

今日は、クラシックな香りのする名作を読みたい気分・・・、

『アンナ・カレーニナ』(新潮文庫)これは、上・中・下と揃えたにも関わらず、上巻で挫折した本。
おまけに、家にあるのを忘れて、また買ったので、二冊ずつある。

『カラマーゾフの兄弟』(新潮文庫)これは、買っただけで満足して読んでない・・・。

『嵐が丘』(新潮文庫)これは、気分に合うけど、何度も読んだから・・・。

迷った末、サマセット・モームに決めた。


続きを読む
posted by Helenaヘレナ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

ミステリー入門?

misuteri-.jpg

図書集会にちなんで、古今東西のミステリーを集めた。
ほんの2、3年前までは、ミステリーは結構人気のジャンルだった。
偕成社の『ミステリーがいっぱい』シリーズ・『だいすきミステリー』シリーズが高学年の女の子を中心にたくさん借りられていたし、
『名探偵シャーロック・ホームズ』シリーズを全巻28冊読破した男の子もいた。
しかし、最近はめっきり流行らなくなってしまった。

私自身、ミステリーはあまり読まない。
学生の頃、エドガー・アラン・ポーぐらいは読んだが、
シャーロック・ホームズだって、名前だけしか知らなかった。

だから、怪人二十面相も怪盗ルパンも読むのは今回が初めて。

江戸川乱歩は新潮文庫の江戸川乱歩傑作選
江戸川 乱歩
4101149011

を大昔に読んだことがあったが、版画のような黒<ノワール>
のイメージが好きだった。
特に『芋虫』は、エログロっぽい感じが鮮明に記憶に残っている。

『少年探偵』シリーズも、子ども向けに書かれた作品とはいえ、
乱歩らしい“暗黒”の部分が濃く出ていて、好きになれそうである。

『怪盗ルパン』シリーズは、江戸川乱歩が「怪人二十面相」を書くに
あたり参考にしたということである。
確かに「ルパン」と「二十面相」は、似ているところがたくさんある。
しかし、不思議なのは、それだけ似ている点があるにも関わらず、
二人の怪盗が全く異なったキャラクターに仕上がっているところだ。
それぞれの作者の個性が如実に出た結果だろう。

私は読んだことがなかったのだが、同年代の友人で、
「子どもの頃怪盗ルパンを読んで、すっかり痺れてしまった」という人が何人かいた。
ルパンは小学生にはちょっと難しいなあ、と思っていたのだが、
昔の小学生は読めたのだなあ、とちょっと考えさせられた。

ちょうど、個別懇談で学校に来ていた友人が、
図書集会の掲示を見て、もらした感想は、

「怪人対怪盗、なんて、アルセーヌ・ルパンの方がかっこいいに
決まってるじゃん。だって、怪盗紳士なんだよ、ルパンは。二十面相は紳士じゃないもんね」

まあ、確かに、頭が良くてかっこよくておまけにフランス人で、
盗むのは悪い政治家や欲張りの金持ちから、
盗んだものは恵まれない人たちに寄付する義賊なんて、
かっこよすぎるよねえ。

そういえば、現代には義賊っていないなあ。

私は、今回ミステリーの面白さに出会い、
新しい読書の扉を開くことができて、大いいに満足!している。
この魅力的な扉が子ども達にも、開かれますように・・・。
posted by Helenaヘレナ at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

読書の秋、ミステリーを読もう!

今日は、図書集会だった。
テーマは「読書の秋、ミステリーを読もう!」

プログラムは・・・

・『ぬすまれたらこまるもの』(『どろぼうたちのよる』より)
 ペープサード

どろぼうたちのよる
佐々木 マキ
487110110X


nusumaretara.jpg

・クイズ“怪盗VS怪人1回目”

怪盗対怪人.jpg

・『どろぼうがっこう』パネルシアター

どろぼうがっこう
加古 里子
4032060401


・クイズ“怪盗VS怪人2回目”

・『くまさぶろう』拡大投影機による読み聞かせ

くまさぶろう
もり ひさし ユノ セイイチ
4772100598



最初は「どろぼう」のテーマでやろうと思っていた。
以前、このテーマでブックトークをやったことがあるので、
その拡大版という風に考えていたのだが、
やはり、学校で「どろぼう」は、ちょっと・・・・、
ということで、「ミステリー」に変えた。
モーリス・ルブランの「ルパン」と、江戸川乱歩の「二十面相」を
持ってくれば、高学年の興味もひくかもしれない。
以前、6年生から
「図書集会の出し物は低学年向けのものばかりでつまんない」
という耳の痛いお言葉をいただいていたのだ。

二学期は、運動会から始まって、合唱だの持久走だの、
とにかく次から次へと行事が目白押しで、練習もままならなかった。

こんな盛り沢山のメニューを組まなければ良かったかな・・・
と思ったことも。

でも、図書委員さんががんばってくれたおかげで、
集会は大成功!!

今回はとにかく評判が良く、子どもからも先生方からも
「面白かった」と声をかけてもらった。
何より、当の図書委員さんたちが、楽しんでやってくれていたことが嬉しかった。

4年生の女の子が、二日前に
「ああ、早く集会の日にならないかな」と言うので、
練習がきつくていやなんだろうか・・・と思ったら、
「だって、楽しみなんだもん」という返事。
やっぱり、何より演じる方が楽しまないとね!

集会終了後、図書委員会さん全員で記念撮影をした。
怪人と怪盗の衣装、シルクハットとマントをつけて。

shirukuhatto.jpg


ところで、怪盗対怪人のクイズの答えは、これでした!

kotae.jpg










posted by Helenaヘレナ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

怪盗対怪人

来週の火曜日は図書集会。
準備は万端だけど、仕上がりは75%というところだろうか・・。

今年のテーマは「読書の秋、ミステリーをよもう!」

ミステリーをよもう.jpg

ペープサード・パネルシアター・拡大投影機での読み聞かせ
の合間に、クイズを2回する。

題して・・・・

怪盗対怪人.jpg

怪盗とは、モーリス・ルブラン作の「怪盗ルパン」シリーズの
アルセーヌ・ルパン
怪人は、、江戸川乱歩作の「少年探偵」シリーズの
怪人二十面相

最初は、

怪盗ルパンの作者は次の誰でしょう?
@モンキーパンチ Aコナン・ドイル Bモーリス・ルブラン

みたいな問題を考えていたが、それじゃあんまり子どもだましなので、本をよく読んで熟考した。

例えば「怪人二十面相」のクイズの一問目は・・・

「少年探偵団」の本の中で、怪人二十面相は時計店から
黄金の五重塔をぬすむことにしました。
二十面相は新聞の広告で予告状を出し、その後毎日、
「犯行まで後何日」と知らせてきました。

五億の塔.jpg

8日前には「8」という字だけ書かれたハガキがきました。
7日前には「あと七日だぜ」と電話がかかってきました。
6日前には時計店のショーウィンドウに「6」とチョークで
書かれていました。
そして、4日前になると黄金の塔が置いてある部屋の戸に「4」
という字が書いてありました。
3日前には、時計店の主人が朝起きると掌に「3」と墨で書かれて
ありました。

さて、5日前には「5」という数字をどうやって知らせたでしょう?

@オムライス.jpg 出前のオムライスにケチャップで「5」と
書いてあった。








A主人の頭に.jpg 主人が朝起きると、ひたいに「5」と書いてあった。







B5時.jpg 店の時計がすべて「5時」をさしていた。







さあ、わかったかな?

答えは、この本の中にあります。

少年探偵団 (少年探偵・江戸川乱歩)
江戸川 乱歩
4591058220




posted by Helenaヘレナ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

本と図書館がすきな人に・・・

ハロウィンが終わった。
仮装大会の様子を、B49枚でポスター印刷し、
廊下の壁に貼り付けた。
見れば見るほど、みんな楽しそうないい顔をしている。

1031.jpg

今日から11月。
読書の秋本番!ということで、展示も変えた。
テーマは、
「本と図書館を愛する人へ・・・」
しかし、小学生相手なので、

「本と図書館がすきな人に・・・」にした。

honntotosyokannga.jpg

展示した本は・・・

ルリユールおじさん
いせ ひでこ
4652040504


バスラの図書館員―イラクで本当にあった話
ジャネット・ウィンター 長田 弘
4794920423


きょうりゅうが図書館にやってきた (フォア文庫 (B175))
A・フォーサイス 熊谷 鉱司 むかい ながまさ
4323019718


図書室のルパン (あかね・新読み物シリーズ)
河原 潤子
4251041518


としょかんライオン (海外秀作絵本 17)
ミシェル・ヌードセン ケビン・ホークス 福本 友美子
4265068170


どれも、本や図書館をこよなく愛する人や動物が出てくる。

さあ、みんな、図書室にこもって読書しようよ!!
posted by Helenaヘレナ at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。