2007年12月21日

主役の評判

今日で2学期も終わり。
終業式も無事終わり、子ども達もみんな帰った。
一年前に転校してきた女の子が言うには、
「この学校、変!だって終業式の日が午前中で終わらないんだもん」
う〜ん、確かに私が子どもの頃も式が終わったら、通知表をもらって
すぐに帰った。
「給食だってあるんだよ」
まあまあ、親は助かるじゃありませんか。
「前の学校は朝も、終業式の時間までに来ればよかった」
へえ、それはすごい。
フレックスタイム制か・・・。


そういうわけで子ども達が、給食を食べ2時に帰った後、
来年のお仕事にかかることにした。
来年のことを言うと、鬼が笑うというけれど、
来年まで2週間ないし、3学期もまだクリスマスの展示という
わけにはいかないのだ。

来年の干支は子、ねずみであるので、その関連の本を展示する。
今年のイノシシと比べると、本は格段に多い。
ねずみは、絵本やメルヘンになくてはならない存在なのだ。
例えば、誰もが知っている「ぐりとぐら」はねずみである。
「ねずみくんのチョッキ」も言うまでも無くねずみである。
この二つは、「かわいいねずみ」だ。
なんだか実際の生き物としてのネズミより断然かわいく書かれている。

子.jpg

私がまず思いついたのは
番ねずみのヤカちゃん (世界傑作童話シリーズ)
リチャード ウィルバー Richard Wilbour 松岡 享子
4834010996


以前お話ボランティアの方が来て読み聞かせてくださったのが
印象に残っている。
声の大きいヤカちゃんは、こそこそしていなければならないネズミの宿命を考えると、失格なのだが、それゆえ人間の役に立った。
いわば人間にとって有益なねずみである。
有益なねずみはまだ他にもいる。

ねずみのアナトール
タイタス はまだ みちこ たがや たえこ
4580805291


アナトールはすごい!喪われたネズミの尊厳と誇りを回復するために
危険を顧みず、人間の仕事の手助けをするのである。

「やどなしねずみのマーサ」は、使命感というよりも、むしろ
好きな人のために役に立ちたいという女心がいじらしい。

やどなしねずみのマーサ
アーノルド・ローベル 三木 卓
4579401069


以上は、いいイメージのネズミ像だが、
ダークなイメージもないわけではない。

「くるみわり人形」はネズミの化け物が出てくる。

また「ツェねずみ」等読むと、宮沢賢治のねずみ観もかなり厳しい。

もっぱら猫派なうちの娘は「十二支のおはなし」を読んで、
「ネズミっていやだ!」とすっかり印象を悪くした様子。
ネコを騙して、猫年をなくしたのが許せないようだ。
なのにハムスターは別らしく、
「ハムスターいいなあ。飼いたい〜」と言っている。
ハムスター飼ったら、一番喜ぶのはうちのミュータントだろうなあ。

十二支のおはなし (えほんのマーチ)
内田 麟太郎
4265034810

posted by Helenaヘレナ at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

お宝

tomutenn.jpg

2年生の先生が用事で立ち寄りしなに、ふと棚の上の本に目がいったらしく、
「この本ちょっと貸してください。子ども達に読んであげたいので」
と持っていった。
30分後「すごく、いいお話だったわ、せんせい」と言って返しに来られた。

クリスマス・トムテン―スウェーデンのサンタクロース
ヴィクトール・リュードベリィ ハーラルド・ヴィベリィ おかもと はまえ
4841601864


昭和59年に寄贈された本で、現在は絶版。
本には定価880円と書いてあるが、Amazonのユーズド価格は4500円。まさにお宝。
かなり年季が入っているが、挿絵の美しさと日本や西欧とはまた違ったクリスマス観が伺える内容に魅かれて、廃棄できずにいた。
捨てないでよかった!
子ども達は古い本というだけで、手にとらないので、
今回のように先生が読み聞かせてくれると有難い。
見る目のある先生に感謝!


さて、大掃除も終わり、後は忘年会を残すのみ。
とはいえ例え、“地球最後の日が来ても終わらない”仕事。
まだまだすることはたくさんあるのだが、とりあえず来年の
ブックトークのために“読書”という仕事をする。
(この仕事を自宅でやる司書さんも多いと聞くけれど・・)
6年生のブックトークのテーマは「知らない町に旅に出よう」
それで選んだのがこの本。

黒い兄弟〈上〉
リザ テツナー Lisa Tetzner 酒寄 進一
4751521241


ずいぶん前に買ったのにまだ読んでいなかった。
今回のテーマのおかげで“宝の持ち腐れ”にならずに済んで
ほっとした。

また今日届いた本のカタログの中に気になる本を発見。

マキの廃墟伝説―ホーンテッド・シティー物語
山中 恒 スカイエマ
4652007620


廃墟というタイトルにひかれるのだけど、内容はどうなのだろう?
山中恒さん作ということで信頼できそうだけど・・・。
誰か読んだ人いませんか?










posted by Helenaヘレナ at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

不器用

card.jpg

司書友だちに教わった、クリスマスカードを作ってみた。
同じ町内の小学校司書さんなのだが、元保育士でとにかく器用。
絵も上手だし、クラフトワークもお手のもの。センスもいい。
彼女はこの他に2種類カードを作っていたが、その中で一番簡単なのをひとつ作ってみた。

ところどころ糊の痕が残っていたり、細いパーツが切れてしまったり、彼女が作ったのに比べると仕上がりは今一つだが、
とりあえず形になって嬉しかった。

図書室に飾っておいたら、子どもや先生方から
「本当に、先生は器用だねー」といわれてビックリした。
どうやら飾りつけだのなんだのをよくやるせいで、そう思われているらしい。

不器用は生まれつきといっても、仕事で必要となればやるしかない。
最近わかったのは、不器用でも、お手本があれば、
根気強くやっていくとなんとか形になるということだ。
「なせばなる」ということだろうか。
「やらなければいけない」という状態に追い込まれることが必要で、
仕事以外では絶対にやらないだろう。


ところで今日は冬休み用の本を2冊、学年毎に貸し出す日だった。

貸し出した後の書棚を見ると、人気がある本がわかる。

1位は「こそあどの森の物語」シリーズ。

ふしぎな木の実の料理法―こそあどの森の物語 (こそあどの森の物語)
岡田 淳
465200611X


岡田淳さんの本は他の本も、人気がある。
特徴的なのは、4年生の男子が多いということ。

「黒ねこサンゴロウ」シリーズも人気だ。
これも読者層は4年生の男子。

「ブンダバー」も、今年度購入して以来ずっと人気が続いている。
ブンダバー (ポプラの木かげ)
くぼしま りお
4591068307


黒いネコが流行りなのだろうか?
娘によると、タンスのタンちゃんがカワイイ!と評判らしい。

エミリー・ロッダの「ローワン」シリーズも全部借りられた。
いつもはさほどでもないのだが、夏休みや冬休みなどの長期休暇前になると人気が出る。
じっくり読もう、ということだろう。

意外だったのは、一世を風靡した「レインボーマジック」が今ひとつ
だったこと。
多分、ファンの子はもう全部読んでしまったのだろう。
もしくは「すぐに読めちゃう」から、冬休みの本で借りるのはちょっと、ということかもしれない。

また「かいけつゾロリ」も、ほとんど借りられなかった。
これは、担任の先生の指導が入ったものと思われる。
別にゾロリが悪いわけではなくて、
「いつもとは違った本を読んでみましょう」ということなのだ。

高学年に人気があったのは、森絵都さんの本やはやみねかおるさんの本。
また梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」や森絵都さんの「ダイブ」「カラフル」は、「何度でも読みたい」というリピーターが多い。

やっぱり、何度でも読みたくなる本って、いいよね。




posted by Helenaヘレナ at 15:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

お気に入りのクリスマスの本

chrisumastokubetsu.jpg

クリスマスの本を展示している。
借りていく子が今いち少ないのは、まだ気分ではないからだろうか?

クリスマスの本をたくさん買った時期があり、
ここに展示した以外にも書棚に何冊かある。

たくさんあっても、お気に入りの本は三冊。続きを読む
posted by Helenaヘレナ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

全校参加おすすめの本クリスマスバージョン完成!!

“全校参加おすすめの本クリスマスバージョン”がついに完成した。
昨日、あの後、すぐに校長先生が持ってきてくださったのだ。
みなさん、感謝!!です。

全校オススメの本.jpg

osusumenoannnaibann.jpg

1年生は、サンタクロース・2年生は雪だるま・
3年生はトナカイ・4年生はもみのき
5年生は天使・6年生は星
と、それぞれのカードに「オススメの本の題名」「名前」「一言!」
と書いてもらった。

yukiだるま.jpg

雪だるまには顔を書いてもらい、もみのきには飾りつけをしてもらった。

天shi.jpg

天使や星もきれいに彩色された。

ようやく完成!!
みんな、結構見てくれている。
やっぱり友達がどんな本をおすすめしているか興味があるのだろう。

さて、次は図書室もちょっと綺麗にしないと・・・。
posted by Helenaヘレナ at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

図書室の七不思議

chirisumasukaunntajpg.JPG

ようやく、クリスマスの展示を始めた。
学校も残すところあと、二週間弱。焦る、焦る。
「クリスマス全校参加おすすめの本掲示」も実はとっくに
できているのだが、写真に撮れない事情がある。
子ども達のおすすめの本のカードは全員揃った!
しかし、先生のが、特に掲示のメインの場所に来るはずの
校長先生のカードが・・・・。
もう、2回も催促しているので、これ以上は・・・
いくら私が強気な司書でもムリ。

さて、話は変わるが、今日5年生が
「先生、インタビューさせてください」と来た。

ん?インタビュー?私も有名になったものだ、と思っていたら、

「学校の不思議を取材しているんです」とのこと。
「不思議って?何?私の美しさのナゾに迫る、とか?」
「全然違います!」と辛口の女子。
「うちの学校の七不思議を教えて欲しいんです」
どうやら、古い先生に
聞いてまわっているらしい。

「なんか、ないんですか?怖い話でもいいです」
どうやら怖い話を期待しているらしい。
「ふ〜ん、例えば、朝図書室に来たら見たことの無い新品の本が書棚にぎっしり並んでた、とか?」と言うと、
「こわ〜い」と悲鳴を上げる。
怖くないよ、嬉しいよ、と思いながら、声色をオカルト用に変えた。

「図書室にあるぬいぐるみはほとんど私が家から持ってきたんだけど、ふた〜つだけ、どこから来たのかわからないのがあるの〜。」
「え〜、こわ〜い」と悲鳴の後で、
「先生、それ嘘って丸わかりですけど・・・」
「嘘じゃないよ。本当だよ」

そう、以前にこのブログでも紹介したことがあるのだが、
図書室のマスコット「ボナちゃん」は、ある朝突然
図書室の住人になっていたのだ。

?{?i??????.jpg

そして、このカメも、気がついたらぬいぐるみの中に
まぎれこんでいた。

かめ

「先生、それ学校の誰かが持ってきたんじゃないんですか?」
「証拠はあるんですか?例えば、ボナちゃんが入ってた箱とか」

話にケチをつけながらも、子どもはノートに
「ぬいぐるみが増えていた」
「ボナちゃんは、誰かからのおくりもの?」と書いている。

「それと、図書室から見えるあの松の木は学校の守り神らしいよ」
「守り神、へえ〜」
「あっ、もしかしたら枝を切ったら呪いが〜とかですか?」
「守り神だから、みんなを守ってくれてるの!呪いではない」

実は、そういう話も無きにしもあらず、なのだが、
子どもを無闇にキャーキャー喜ばせる、じゃなくて怖がらせる話を
するわけにはいかない。
それに、松の木に対する子ども達のイメージを落としたくない。

大きな木というのは、どこの学校にも一本はあるものだ。
そして、子ども達を見守っている。
木は喋ったり動き回ったりすることがないので、モノと同じように
思われがちだが、私たちと同じ生き物であり、気持ちもあるに違いない、と私は思っている。
大きな木は神々しい。その姿は人に畏敬の念を抱かせる。
最近は、不審者対策として、見通しを良くするため
木が切られることが多いようだ。
この学校でも、昨年はそういう理由でずいぶん沢山の木が
根元の方からばっさりと切られてしまった。
仕方ないことかもしれないが、私は無闇に木を切る行為が
すきではない。

図書室から見える松の木は子ども達だけでなく、
四苦八苦しながら仕事している私をも見守ってくれている気がして、
嬉しい気持ちになる。
子ども達にも、松の木に対する愛着と敬意が生まれればいいな、
と思って、七不思議のひとつに挙げたのだ。


ところで、先ほど校長先生が、おすすめの本のカードを書くため、
図書室を訪問された。
「ここにない本をかいても仕方ないしねえ」
と言って、本の題名を仰ったのだが、あいにくその本はなかった。
2日前にも、同じことがあった。
その時も、校長先生が子ども達に勧めたいと思う本は図書室になかったのである。
結局今回もそのまま帰っていかれた。
それだけ真剣に考えてくださっていたのだ!
校長先生、ごめんなさい〜。でも、明日にはきっとください〜。

sannta.jpg








posted by Helenaヘレナ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

美の殿堂 フィラデルフィア美術館展

東京都美術館で開催している“フィラデルフィア美術館展
へ行って来た。
学校をお休みすることに、良心の呵責がなかったわけではないが
私達司書は、文化の伝道師なのだから、こういった展覧会を見て
自分を磨くべきなのだ!と、聞かれてもいないのに、
家族に弁解しつつ出かけた。
(さすがに、校長先生には言えなかった)

東京に住んでいた頃はよく美術館へ行ったものだ。
特に平日の、しん、と静かな美術館を一人ぶらぶらするのが好きだった。
物言わぬ美しい絵画や彫刻に囲まれていると、
外のわずらわしい現実世界がどんどん遠のいていく。
そう、私は美術館に引きこもるのが好きだったのだ。


しかし、今回、平日の午前中という時間帯だったにも関わらず、
来館者がとても多いのに驚いた。
人の列に押されながら絵画の前に行き、ちょっと観る角度を変えたいと思ったら、
人の身体にぶつからないように注意しなければならない。
昔のようにもっとゆったり観たかったが、私一人の美術館ではないから仕方ない。
よく見ると、すでに仕事をリタイアされた方々が多そうだった。
子ども独立して、自分達のために時間を使えるようになったので
友だちや夫婦で展覧会めぐりをしている、という感じである。
私も、それぐらいの年齢になれば、もっともっと来れるんだわ!
でも、東京に住んでいないから交通費が大変だし、
今日みたいに日帰りは疲れるから宿泊ということになれば、ホテル代もかかる。
その時のためにも、やっぱり働かなくっちゃ!としみじみ思ってしまった。

久しぶりに東京の美術館へ行ってもう一つ驚いたのが、
ミュージアムショップの品揃えが充実していることだった。
以前は、ポストカードとかポスターとかしおりぐらいだったが、
チョコレートや切手、印象派の色が再現できるペンといったアイデア商品まで並んでいる。

一緒に行く?と誘ったら
「人がいっぱいいる東京の、それも美術館なんてイヤダ!
・・・でもお土産は欲しい」
と言っていた切手コレクターの娘に、マティスの作品とクリスマスの切手を買った。

kittete.jpg

そうそう、肝心の展覧会の内容だが、マネ、モネ、ドガ、ルノワール、ロダンにゴッホ、
ピカソもあるよ、と実に贅沢だった。
個人的には、ピサロやユトリロ、クレーがよかった。
でも、どちらかというと好きなアーティストの作品を何点も見たいという、私のようなタイプには、もっとアーティストを絞り込んだ展覧会の方がいいのかもしれない。
大好きなアンドリューワイエスも一点のみ、でちょっと寂しかった。
でも、少ない有休をとってきているんだから、そんな贅沢言っちゃいけないわ!
といっても、やっぱり今度も平日に来たい!


posted by Helenaヘレナ at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

理詰めには、理屈で対抗

科学の時代に生まれたからか、どうかはわからないが、
理屈が通らないことは信じないという子が多い。

口癖は「ありえねー」

以前、ある男の子が
「ミッキーマウスなんて、ネズミだし。ネズミが服着て喋ったりするなんて、ありえねーし」
と言っていたのを聞いて「なるほど」と妙に感心したのを覚えている。
確かに。おまけにネズミが犬を飼っているなんて言語道断であろう。
(プルートのこと)

じゃあ、あんた達の好きな「ハリーポッター」はどうなのよ?
と聞きたくなるが、よくよく読めばハリーポッターはファンタジーではあるものの、
あのディティールの細かさからわかるように、理屈もしっかり通るように作られているのだ。

そんな理詰めの人たちに「サンタクロースはいるんだよ!」
なんて言っても「ありえねーし」と言われてしまうのがオチだ。
試しに図書室に来る子ども達に「サンタ」のことを尋ねてみると、
高学年になればなる程、ほとんど信じていない。

「先生、サンタクロースって、本当は親なんだよ」
「どうして?」と聞くと
「私、お父さんが押入れからプレゼント出してくるの見ちゃったもん」
なるほど・・・。

「空飛んだりとかできないよ、普通。それにウチには煙突ないしね」
「そう?サンタさんは壁抜けの術ができるんだよ」
と言ったら馬鹿にされた。

こうなったら、理詰めには理屈で対抗するしかない!!

ということで、今回図書室だよりで紹介したのが、この本。

クリスマス・クリスマス (たくさんのふしぎ傑作集)
角野 栄子
4834011402


この本には、セント・ニコラスという司教がサンタクロースである、
ということや、スウェーデンやフィンランドに現在あるサンタの家のことが、
絵や写真入りで詳しく紹介されている。
写真というのは実に説得力があるもので、サンタなんぞいないと言う子どもにも、
「ほらー、写真見てみぃー」と見せると、すっかり信じてしまうのだ。

図書室だよりの中で
「サンタクロースはいます!」と言い切った上で、
―でも、彼は妖精でも魔法使いでもなく、私たちと同じ人間で、
子ども好きな初代のセントニコラスが亡くなった後は、
彼の意志を継いだサンタクロースが世界中で、子ども達のために活躍しているのです。

というようなことを書いた。
私たちと同じ人間―と書いてよかったのかどうか、少々迷うところだが、
でもサンタクロースが人間なのは間違いないだろう。
超人的ではあるけれど・・・。

ちなみにウチの娘にこの話をしたところ、どこで聞いたんだか、
「うん、知ってるよ。教会の司教だったんだよね。
それで今は、日本支部とかいろいろあって、今のサンタクロースは
第〇〇〇(数字を忘れた)代目なんだよね」という返事が返って来た・・・。

ところで、そんな理詰めの彼らにぜひ読ませたい本がある。

クリスマスの奇跡
キャスリーン メドウズ 宇佐 和通 Kathleen Meadows
4054013635


nora-takaさんが紹介してくださっているので、内容には触れないが、
この奇跡としか言いようのない実話を彼らはどう読むだろうか?






posted by Helenaヘレナ at 16:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。