2007年12月04日

理詰めには、理屈で対抗

科学の時代に生まれたからか、どうかはわからないが、
理屈が通らないことは信じないという子が多い。

口癖は「ありえねー」

以前、ある男の子が
「ミッキーマウスなんて、ネズミだし。ネズミが服着て喋ったりするなんて、ありえねーし」
と言っていたのを聞いて「なるほど」と妙に感心したのを覚えている。
確かに。おまけにネズミが犬を飼っているなんて言語道断であろう。
(プルートのこと)

じゃあ、あんた達の好きな「ハリーポッター」はどうなのよ?
と聞きたくなるが、よくよく読めばハリーポッターはファンタジーではあるものの、
あのディティールの細かさからわかるように、理屈もしっかり通るように作られているのだ。

そんな理詰めの人たちに「サンタクロースはいるんだよ!」
なんて言っても「ありえねーし」と言われてしまうのがオチだ。
試しに図書室に来る子ども達に「サンタ」のことを尋ねてみると、
高学年になればなる程、ほとんど信じていない。

「先生、サンタクロースって、本当は親なんだよ」
「どうして?」と聞くと
「私、お父さんが押入れからプレゼント出してくるの見ちゃったもん」
なるほど・・・。

「空飛んだりとかできないよ、普通。それにウチには煙突ないしね」
「そう?サンタさんは壁抜けの術ができるんだよ」
と言ったら馬鹿にされた。

こうなったら、理詰めには理屈で対抗するしかない!!

ということで、今回図書室だよりで紹介したのが、この本。

クリスマス・クリスマス (たくさんのふしぎ傑作集)
角野 栄子
4834011402


この本には、セント・ニコラスという司教がサンタクロースである、
ということや、スウェーデンやフィンランドに現在あるサンタの家のことが、
絵や写真入りで詳しく紹介されている。
写真というのは実に説得力があるもので、サンタなんぞいないと言う子どもにも、
「ほらー、写真見てみぃー」と見せると、すっかり信じてしまうのだ。

図書室だよりの中で
「サンタクロースはいます!」と言い切った上で、
―でも、彼は妖精でも魔法使いでもなく、私たちと同じ人間で、
子ども好きな初代のセントニコラスが亡くなった後は、
彼の意志を継いだサンタクロースが世界中で、子ども達のために活躍しているのです。

というようなことを書いた。
私たちと同じ人間―と書いてよかったのかどうか、少々迷うところだが、
でもサンタクロースが人間なのは間違いないだろう。
超人的ではあるけれど・・・。

ちなみにウチの娘にこの話をしたところ、どこで聞いたんだか、
「うん、知ってるよ。教会の司教だったんだよね。
それで今は、日本支部とかいろいろあって、今のサンタクロースは
第〇〇〇(数字を忘れた)代目なんだよね」という返事が返って来た・・・。

ところで、そんな理詰めの彼らにぜひ読ませたい本がある。

クリスマスの奇跡
キャスリーン メドウズ 宇佐 和通 Kathleen Meadows
4054013635


nora-takaさんが紹介してくださっているので、内容には触れないが、
この奇跡としか言いようのない実話を彼らはどう読むだろうか?








posted by Helenaヘレナ at 16:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。