2007年12月05日

美の殿堂 フィラデルフィア美術館展

東京都美術館で開催している“フィラデルフィア美術館展
へ行って来た。
学校をお休みすることに、良心の呵責がなかったわけではないが
私達司書は、文化の伝道師なのだから、こういった展覧会を見て
自分を磨くべきなのだ!と、聞かれてもいないのに、
家族に弁解しつつ出かけた。
(さすがに、校長先生には言えなかった)

東京に住んでいた頃はよく美術館へ行ったものだ。
特に平日の、しん、と静かな美術館を一人ぶらぶらするのが好きだった。
物言わぬ美しい絵画や彫刻に囲まれていると、
外のわずらわしい現実世界がどんどん遠のいていく。
そう、私は美術館に引きこもるのが好きだったのだ。


しかし、今回、平日の午前中という時間帯だったにも関わらず、
来館者がとても多いのに驚いた。
人の列に押されながら絵画の前に行き、ちょっと観る角度を変えたいと思ったら、
人の身体にぶつからないように注意しなければならない。
昔のようにもっとゆったり観たかったが、私一人の美術館ではないから仕方ない。
よく見ると、すでに仕事をリタイアされた方々が多そうだった。
子ども独立して、自分達のために時間を使えるようになったので
友だちや夫婦で展覧会めぐりをしている、という感じである。
私も、それぐらいの年齢になれば、もっともっと来れるんだわ!
でも、東京に住んでいないから交通費が大変だし、
今日みたいに日帰りは疲れるから宿泊ということになれば、ホテル代もかかる。
その時のためにも、やっぱり働かなくっちゃ!としみじみ思ってしまった。

久しぶりに東京の美術館へ行ってもう一つ驚いたのが、
ミュージアムショップの品揃えが充実していることだった。
以前は、ポストカードとかポスターとかしおりぐらいだったが、
チョコレートや切手、印象派の色が再現できるペンといったアイデア商品まで並んでいる。

一緒に行く?と誘ったら
「人がいっぱいいる東京の、それも美術館なんてイヤダ!
・・・でもお土産は欲しい」
と言っていた切手コレクターの娘に、マティスの作品とクリスマスの切手を買った。

kittete.jpg

そうそう、肝心の展覧会の内容だが、マネ、モネ、ドガ、ルノワール、ロダンにゴッホ、
ピカソもあるよ、と実に贅沢だった。
個人的には、ピサロやユトリロ、クレーがよかった。
でも、どちらかというと好きなアーティストの作品を何点も見たいという、私のようなタイプには、もっとアーティストを絞り込んだ展覧会の方がいいのかもしれない。
大好きなアンドリューワイエスも一点のみ、でちょっと寂しかった。
でも、少ない有休をとってきているんだから、そんな贅沢言っちゃいけないわ!
といっても、やっぱり今度も平日に来たい!




posted by Helenaヘレナ at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。