2007年12月19日

不器用

card.jpg

司書友だちに教わった、クリスマスカードを作ってみた。
同じ町内の小学校司書さんなのだが、元保育士でとにかく器用。
絵も上手だし、クラフトワークもお手のもの。センスもいい。
彼女はこの他に2種類カードを作っていたが、その中で一番簡単なのをひとつ作ってみた。

ところどころ糊の痕が残っていたり、細いパーツが切れてしまったり、彼女が作ったのに比べると仕上がりは今一つだが、
とりあえず形になって嬉しかった。

図書室に飾っておいたら、子どもや先生方から
「本当に、先生は器用だねー」といわれてビックリした。
どうやら飾りつけだのなんだのをよくやるせいで、そう思われているらしい。

不器用は生まれつきといっても、仕事で必要となればやるしかない。
最近わかったのは、不器用でも、お手本があれば、
根気強くやっていくとなんとか形になるということだ。
「なせばなる」ということだろうか。
「やらなければいけない」という状態に追い込まれることが必要で、
仕事以外では絶対にやらないだろう。


ところで今日は冬休み用の本を2冊、学年毎に貸し出す日だった。

貸し出した後の書棚を見ると、人気がある本がわかる。

1位は「こそあどの森の物語」シリーズ。

ふしぎな木の実の料理法―こそあどの森の物語 (こそあどの森の物語)
岡田 淳
465200611X


岡田淳さんの本は他の本も、人気がある。
特徴的なのは、4年生の男子が多いということ。

「黒ねこサンゴロウ」シリーズも人気だ。
これも読者層は4年生の男子。

「ブンダバー」も、今年度購入して以来ずっと人気が続いている。
ブンダバー (ポプラの木かげ)
くぼしま りお
4591068307


黒いネコが流行りなのだろうか?
娘によると、タンスのタンちゃんがカワイイ!と評判らしい。

エミリー・ロッダの「ローワン」シリーズも全部借りられた。
いつもはさほどでもないのだが、夏休みや冬休みなどの長期休暇前になると人気が出る。
じっくり読もう、ということだろう。

意外だったのは、一世を風靡した「レインボーマジック」が今ひとつ
だったこと。
多分、ファンの子はもう全部読んでしまったのだろう。
もしくは「すぐに読めちゃう」から、冬休みの本で借りるのはちょっと、ということかもしれない。

また「かいけつゾロリ」も、ほとんど借りられなかった。
これは、担任の先生の指導が入ったものと思われる。
別にゾロリが悪いわけではなくて、
「いつもとは違った本を読んでみましょう」ということなのだ。

高学年に人気があったのは、森絵都さんの本やはやみねかおるさんの本。
また梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」や森絵都さんの「ダイブ」「カラフル」は、「何度でも読みたい」というリピーターが多い。

やっぱり、何度でも読みたくなる本って、いいよね。






posted by Helenaヘレナ at 15:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。