2007年12月21日

主役の評判

今日で2学期も終わり。
終業式も無事終わり、子ども達もみんな帰った。
一年前に転校してきた女の子が言うには、
「この学校、変!だって終業式の日が午前中で終わらないんだもん」
う〜ん、確かに私が子どもの頃も式が終わったら、通知表をもらって
すぐに帰った。
「給食だってあるんだよ」
まあまあ、親は助かるじゃありませんか。
「前の学校は朝も、終業式の時間までに来ればよかった」
へえ、それはすごい。
フレックスタイム制か・・・。


そういうわけで子ども達が、給食を食べ2時に帰った後、
来年のお仕事にかかることにした。
来年のことを言うと、鬼が笑うというけれど、
来年まで2週間ないし、3学期もまだクリスマスの展示という
わけにはいかないのだ。

来年の干支は子、ねずみであるので、その関連の本を展示する。
今年のイノシシと比べると、本は格段に多い。
ねずみは、絵本やメルヘンになくてはならない存在なのだ。
例えば、誰もが知っている「ぐりとぐら」はねずみである。
「ねずみくんのチョッキ」も言うまでも無くねずみである。
この二つは、「かわいいねずみ」だ。
なんだか実際の生き物としてのネズミより断然かわいく書かれている。

子.jpg

私がまず思いついたのは
番ねずみのヤカちゃん (世界傑作童話シリーズ)
リチャード ウィルバー Richard Wilbour 松岡 享子
4834010996


以前お話ボランティアの方が来て読み聞かせてくださったのが
印象に残っている。
声の大きいヤカちゃんは、こそこそしていなければならないネズミの宿命を考えると、失格なのだが、それゆえ人間の役に立った。
いわば人間にとって有益なねずみである。
有益なねずみはまだ他にもいる。

ねずみのアナトール
タイタス はまだ みちこ たがや たえこ
4580805291


アナトールはすごい!喪われたネズミの尊厳と誇りを回復するために
危険を顧みず、人間の仕事の手助けをするのである。

「やどなしねずみのマーサ」は、使命感というよりも、むしろ
好きな人のために役に立ちたいという女心がいじらしい。

やどなしねずみのマーサ
アーノルド・ローベル 三木 卓
4579401069


以上は、いいイメージのネズミ像だが、
ダークなイメージもないわけではない。

「くるみわり人形」はネズミの化け物が出てくる。

また「ツェねずみ」等読むと、宮沢賢治のねずみ観もかなり厳しい。

もっぱら猫派なうちの娘は「十二支のおはなし」を読んで、
「ネズミっていやだ!」とすっかり印象を悪くした様子。
ネコを騙して、猫年をなくしたのが許せないようだ。
なのにハムスターは別らしく、
「ハムスターいいなあ。飼いたい〜」と言っている。
ハムスター飼ったら、一番喜ぶのはうちのミュータントだろうなあ。

十二支のおはなし (えほんのマーチ)
内田 麟太郎
4265034810



posted by Helenaヘレナ at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。