2008年01月25日

おいしい本

tabemono.jpg

来週のロング休みを利用した読書活動は、司書によるブックトーク。
対象者は、1・2年生。
昨年も同じことをやったのだが、テーマは「イヌとネコのなまえ」だった。
今年は「おいしい本」。
つまりは、おいしい食べ物がでてくる本。

このテーマに決めた時、食べ物が出てくる本はたくさんあるし、
楽勝!楽勝!と思っていた。
これがいけなかったらしい。
確かに本はたくさんある。
例えば「ぐりとぐら」や「バムとケロ」「ばばばあちゃん」といった人気シリーズを見ただけでも、
かすてらやドーナツやよもぎだんごといった風に、すぐに頭に浮かぶ。

しかし、たくさんあるだけに、それらをどう分類して、
全体の話をどう展開させるか、というとわけがわからなくなってくる。
おまけに、みんなが知っている絵本ばかり用意しても、
パンチ力に欠ける。

というわけで、この本を参考にして、

e mook『絵本からうまれたおいしいレシピ ~絵本とお菓子の幸せな関係~』 (e‐MOOK)
きむら かよ 晶子 鳥越 美希
4796646051


新たに本を探した。
見つかったのは「ネコが手をかすレストラン」

ネコが手をかすレストラン
茂市 久美子 武富 まさえ
4477009291


図書館で借りて読んだところなかなか面白かった。
文字も大きいし、1、2年生にも読めそうだ。
ちょっと気になったのは、ブイヤーベースやラング・ドゥ・シャと
いった子どもがあまり聞いたことがなさそうな料理の名前が出てくるところ。
でも、この本を読んで「いつか食べてみたいなあ」と思ってくれればいいか。
作者の茂市久美子さんの本には、他にもお菓子が出てくる本なんかが多いが、ご本人もやはり料理上手なのだろうか?

安房直子さんの「ねこじゃらしの野原」は、「雨降り木曜日」で紹介されていたので借りてきた。
安房さんの本はとにかく大好きだし、おいしそうなお菓子や料理もたくさん出てくる。
この本も「とうふ屋さんの話」なので、いいかな、
と思ったのだが、もしかしたら、1・2年生には少し難しいかな、
と思いつつ、読むのをやめられない。

ねこじゃらしの野原―とうふ屋さんの話 (子どもの文学傑作選)
安房 直子
406261152X


ああ、しかし、こんなおいしい本ばかり読んでいると、
お腹が空いて仕方ないのだった・・・。


posted by Helenaヘレナ at 15:05| Comment(8) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。