2008年02月13日

春を待つ本

この本の挿絵を最初に見たのは、片山健さんの原画展だった。

気に入って、すぐに図書室に置きたいと思ったが、
まだ本になっていなかった。
福音館書店の雑誌「こどものとも」に掲載されたものだったのだ。
今年の春、展示会で「こどものとも傑作集」として出版されたのを
知り、大喜びで購入した。

4834022390もりのてがみ (こどものとも傑作集)
片山 令子 片山 健
福音館書店 2006-11-01

by G-Tools


もみの木を飾る色とりどりの手紙。
この表紙を見て、最初はクリスマスの本かな?と思ったのだが、
そうではなかった。

寒い冬、外で遊べないひろこさんは友だちに手紙を書く。
りすに、とかげに、野うさぎに、ことり・・・、
手紙を受け取るのは、みんな人間ではない。
書いては、森の大きなもみのきにさげにいく。

この本を読みながら幼い頃の娘を思い出した。
娘も、気がつくと一人で黙々と絵を書いている子だった。
保育園に行く前は、母娘ともまだ友だちもいなかったから、
森の中の家で二人、けっこう孤独に暮らしていた。
娘がふと「〇〇ちゃん元気かなあ」と呟く〇〇ちゃんは、
近所に住む犬だったり、散歩途中に会うノラネコだったり、
目の端をかすめるリスだったり、サラサラ葉を鳴らす落葉松だったり、
林を吹き抜ける風だったりした。

八ヶ岳が真っ白に凍てつき、風がヒューヒュー泣いている今日、
窓際の棚の上に、この本を飾った。


posted by Helenaヘレナ at 12:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。