2008年02月22日

ここではないどこかへ―

来週は6年生のブックトーク。
テーマは「見知らぬ国のすてきな町へいこう!」

そういえば私はいつも、どこか遠くへ行きたいなあ
と、ぼんやり夢想している子どもだった。
小学生の時から、自分は大人になったらここにはいない。
こいつら(クラスの同級生)とは違うところへ行くんだ。
と、生意気に思っていた。
どこへというはっきりとした目的地はなかったけど、
ただここではないどこかへ行きたい!知らない人たちがいるところへ行きたい!
私にとって生まれた土地にいることは、
ふりだしからずっと動かないことのように思えたのだった。

東京にいた頃の夢は、家財道具一切合切売り飛ばして、
イタリアへ放浪の旅に行くことだった。
目的地もはっきりして、自分としては随分現実的になったと思った。

ところがなぜか、イタリアならぬ、日本のスイス???
に来てしまった。


4035404209不思議を売る男
ジェラルディン マコーリアン Geraldine McCaughrean 金原 瑞人
偕成社 1998-06

by G-Tools


ブックトークの最初に紹介する本はこれにした。
古道具屋を営む、エイルサ母娘のもとに、不思議な男が現れる。
この男、本ばかり読んでちっとも働かないのだが、
古道具にまつわる物語を、アランビアナイトのシエラザードの如く
たくみに語ってみせ、次々に客に品物を売っていくのだった。
導入としてはいいかな?と思った。

他にも物語を4冊。
でも、時間があれば、こっちもぜひ紹介したい。

たくさんのふしぎjpg.JPG

福音館の雑誌「たくさんのふしぎ」。
観光旅行では決して行けないような、でもとても魅惑的な場所が
たくさん載っている。

世界を知ることは難しい。
ただ学校と家の往復をしているだけでは、何もわからないけれど、
とはいえ、そうそう外国旅行ができるわけではないし。

でも、一番大切なのは、好奇心で、それさえあれば、
ここにいながらにして、少しは世界のことを知ることができる
気がする。





posted by Helenaヘレナ at 16:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。