2008年03月04日

幸福な人生

3年生の読書の時間も今日が最後。
私が一番伝えたいことがお話になっている本を読み聞かせた。

過去の記事でも紹介したヘレナ先生の
石コレクション。

それにちなんで―。

4895726304あたまにつまった石ころが
キャロル・オーティス ハースト Carol Otis Hurst James Stevenson
光村教育図書 2002-08

by G-Tools


私はこの本に出てくる作者のお父さんのような人に
なりたかった。
作者のキャロル・オーティス・ハーストがあとがきで言っているように、

「父ほど幸福な人生を送った人を、わたしはほかに知りません。」
(本文引用)

これほど幸福な人がいるだろうか?

家が貧しくて大学に行けなくても、
自分で興したガソリンスタンドが潰れてしまっても、
失業して、妻や友人から皮肉交じりに
「あなたの頭の中には石ころがつまっているのね」と言われても、
大学に行っていないせいで石の専門家として雇ってもらえなくても、
それでも、石を眺めていれば、すべてが満ち足りている人生。

以前、図書だよりで紹介したことはあったが
読み聞かせをするのは、これが初めてかもしれない。

この子たちになら、わかってもらえるに違いない、と思った。
社会的にも経済的にも恵まれていないこのお父さんが
どうして幸福と言えるのか?ということを。

読み聞かせの後、私の石のコレクションも見てもらい、
もう一冊本を紹介した。

4751523015岩石・鉱物図鑑 (「知」のビジュアル百科)
R.F. シムス
あすなろ書房 2004-01

by G-Tools


このお父さんのような幸せな人にしかわからない
ワクワクするような楽しい本だ。









posted by Helenaヘレナ at 14:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流氷を見る猫

朝出勤前に、点いていたテレビを消そうと、
ふと見ると、ミュータントが熱心に画面に見入っていた。

流氷ミュー.jpg

映っていたのは、流氷の海。
NHKの朝のニュースでやっていた特集「北海道、流氷の海にもぐる」。

muu-tanntoterebi.jpg

いつもは薪ストーブの前で、気持ち良さそうに寝てばかりいる
ミューが、目を輝かせて、流氷の海中に泳ぐ魚の動きを
じっと追っている。

以前は外にも出していた。椋鳥を採ってくるのが好きだった。
しかし、近所のノラ猫との相次ぐケンカに負傷。
挙句耳までちぎれてしまった。
追い討ちをかけるように、ミューに住んでいた蚤が家の中で大繁殖!
そんなこんなで、今ではすっかり籠の鳥ならぬ豪邸の猫(ウソ!)。

どんな思いで流氷の海を見つめているのかな?

myuteテレビを見る.jpg

ミューの目に海の青が映っている。


posted by Helenaヘレナ at 10:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。