2008年03月05日

卒業に贈りたい本

okuritaihonn.jpg

卒業式が近くなってきたので、展示を変えた。

sotsugyouni.jpg

本を選ぶのに苦労した。
「卒業」とか「旅立ち」といったテーマの本が案外ないのである。
小学校6年生が主人公の本は結構あるのだが、
舞台はまだ“夏”だったりする。

『ルピナスさん』は、毎年図書便りでも「卒業に贈りたい本」として
取り上げているので、まず思いついた。
「卒業」という言葉は一切出てこないが、私にとっては
“卒業生を送る本”。

『ありがとう、フォルカーせんせい』も、「卒業」ではないが、
「恩師」が出てくるので選んだ。

『春のオルガン』は、小学校を卒業した春休みが描かれている。

『ズッコケ三人組の卒業式』は、そのまんまだが、
今年の卒業生はこのシリーズをまったく読まなかった。

『アーモンド入りチョコレートのワルツ』は、『彼女のアリア』
というお話が「卒業式の朝」で始まる。

『ぼくと未来屋の夏』は、今年の卒業生がよく読んだ本だから。


卒業の本って、難しい。
他の学校ではどんな本を展示されているのでしょう?
来年の参考にぜひ教えてください。

この展示今日したのだが、ちょっと遅かったかな?という感じ。
今週の金曜日が最終貸し出し日なのだ。
う〜ん、なんだか焦るなあ。
でも、スケジュール帳を見ると、卒業式までまだ余裕がある感じ。
昨年度はもっときつかった気がする。
・・とよく考えてみると、そうか、今年は2月が一日多かった!
なんだか得した気分でした。




posted by Helenaヘレナ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。