2008年03月12日

きえない絆

kienaikizuna.jpg

廊下の卒業掲示がようやく完成した。
「ようやく」というのは今週の月曜日に始めたため。
もちろんこれだけやっていたわけではないが、
この仕事が中心だったことは間違いない。

なぜこんなに時間がかかったのか?
ひとつには、卒業生の写真が職員室だのパソコン室だの
何箇所ものパソコンに分かれて入っていて、
あっちへ行ったり、こっちへ行ったりして作業をしなければ
ならなかったのと、
もうひとつは、私の思い入れが強すぎたせいだ。

今年の卒業生は、私がこの学校に来た年に入学してきた。
いわば、同級生。
入学式の写真に写っている先生達は、次々転任してしまい、
結局6年間一緒にいて、その成長の過程を見ることができたのは、
私一人だった。


ああ、自分はすごい古株なんだなあ、と思うと同時に、
この子達が卒業してしまったら、私がただ一人残されるんだ、
という寂しさが募る。

といっても、私にはこの子達のような卒業はない。
(失業とかはあっても・・・)

「先生、卒業しても遊びに来てあげるから」
となぐさめてくれる子ども達を見て、

そうだ、私がここからいなくなったら、彼らの6年間を知っている
人間が誰もいなくなるのだ、

という使命感を支えに、なんとしてもここにしがみついていよう、
と決意したのだった。


posted by Helenaヘレナ at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図書委員会専属?折り紙のプロ

先週の「図書室のPRポスターをかこう!」を最後に
今年度の図書委員会の活動はすべて終了した。
毎日の当番にも、もう来なくていいことになっているのだが、
嬉しいことに律儀に来る子がいる。

その中の一人、4年生のT君は毎日のようにカウンターに入って、
図書室を飾る折り紙を折ってくれている。

今年から、図書室が卒業式の保護者の控え室になった。
やっぱりちょっとそれらしくしなきゃなあ、
と思っていた矢先なので、喜んでお願いした。

origamitennsaijpg.JPG

torinoorigami.jpg

誠文堂新光社の「新・おりがみランド」シリーズを見て、
折ってくれた。
このシリーズは図書室にも何冊かあるのだが、
ちょっと難しいかなあ、と思っていたのだ。
ところが、今年度、高学年の男の子を中心によく借りられる
ようになった。

4416303041恐竜のおりがみ〈3〉 (新・おりがみランド)
川畑 文昭
誠文堂新光社 2003-04

by G-Tools


T君は、
「5年生になっても図書委員やるから」と言ってくれた。

ありがとう!嬉しいな。
T君と一緒に、私もまたこの図書室にいられることを切に願う。
posted by Helenaヘレナ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。