2008年03月14日

思い出の本

今年度の貸し出し、返却ともに終了。

「先生、春休みの本の貸し出しはいつですか?」
何人かの子にそう聞かれた。
「春休みの本の貸し出しはないの。3年生になったらまた借りてね」
と言うと、「えーっ」と残念そうな声が返ってきた。

次の貸し出しは4月になってから。
でも、今学期はまだ一週間ほどある。
展示コーナーに何もないのも淋しいし、
卒業生を送る意味もこめて、

「6年生の思い出の本」を展示した。

6nennseino.jpg

6年生の女の子が、ある日書棚の本を見ていて、
「あーっ、先生、私のルーツを発見した!」
と言って取り上げたのが「せなけいこ・おばけえほん」だった。
彼女は「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズの大ファンなのだ。
「この本がきっかけで、妖怪好きになったんだよ」
嬉しそうな彼女を見て、この展示を思いついた。

実際に6年生に思い出の本を選んでもらったり、
私の方でこっそり読書ノートを見せてもらったりした。

6年生の思い出の本.jpg

また中学でも思い出の本をたくさん作ってください。





posted by Helenaヘレナ at 14:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。