2008年05月31日

君はもう出発したか?

久しぶりの記事更新。
あまりに長らくやっていなかったので、
どんな風に文章を綴ったらいいのかもよくわからない。
自分のだけでなく、リンクをはらせていただいている方々のブログにも
ずっと行っていなかった・・・。

みなさん、お元気でしょうか?
後でまたお邪魔します。


平成20年読書マラソン、本の森たんけんが始まった。
2年生が8日に先陣を切って出発した翌週には
4年、3年、5年と次々出発していった。
出発の前に説明を兼ねたオリエンテーションをするのだが、
実はそこでつまづいてしまったのだった。


私には一つ計画があった。
オリエンテーション時に、4年〜6年生の高学年には
本の森たんけんのリストに挙げた本のブックトークをしようと思ったのだ。
前任校では、よくブックトークをした。
1学年につき1時間という長い時間だったが、
みんな集中して聞いてくれたし、紹介した本には予約が集まった。

ところが4年生のオリエンで、一通りルールの変更点を説明した後、
「では、リストの本を何冊か紹介したいと思います」と言った途端、
「え〜!!」と2、3人の子から、明らかにブーイングと思われる声が出た。
「自分で本を読んだ方がいい」と言う。
そうか、そういう考え方もあるよな、では短めに、と、とりあえず2冊紹介し、
3冊目をとりあげようとした時、ある男の子の
「もう、いいよ、紹介しなくて」という言葉に、私は思わず切れてしまったのだ。

「いいから、聞けっ!!!」

気がついたら、そう怒鳴っていた。思いっきりドスの利いた声で。
一転、シーンと水を打ったような静けさ・・・・。
「あれ?この先生こんなキャラだっけ?」
という表情がどの子の顔にも現われている。
担任の先生がすかさずその男の子を注意した。
「そうよ!あなたが悪いのよ。そんな失礼なこと言うから怒られたでしょ!」

以来、情けないことに、自信をなくしてしまったのである。

5年生も、担任の先生が出張でいなかったこともあり、
説明の段階から、一部の子供が騒いで全く話を聞かない。
ブックトークは、始める前にあきらめた。

ブックトークを聞いてくれなくても、子ども達は本の森たんけんには
熱心に参加してくれているし、態度も実に素直。
子供のせいではなく、私の力不足なのだろう。
もっと勉強しなくちゃ、と前向きに考えてみたものの、
モチベーションは下がる一方。

そんな中、修学旅行から帰ってきた6年生のオリエンを迎えた。
ブックトークをやるのか、それとも説明だけして後は自主読書をさせるのか、さんざん迷った。
でも、4月の図書室利用開始時にやったオリエンテーションで
6年生が静かに聞いてくれていたことを思い出して、とりあえずやってみることにした。

始まる前に担任の先生から
「私、(ここに)いなくてもいいですか?」と聞かれた。
ちょっとがっかりしたが、
「はい。6年生のことを信頼していますから」と答えた。
まず、名称を「読書マラソン」から「本の森たんけん」に変更した理由を説明した。

読書は汗水たらして、がんばって成し遂げるものではない、と思う。
「マラソン」ではなくて「探検」にしたのは、みなさんが5年間利用しても、
まだ知らない本がこの図書室にはたくさんあって、
そういう未知なる本を発見して、未知なる世界を見つけられたらいいなあ、と思ったからです。


その後、福音館書店のたくさんのふしぎ傑作集から3冊、
「砂漠の花園」「森へ」「ダーウィンのミミズの研究」
を取り上げ、6年生になっても絵本を読んで欲しい、という思いから
「算数の呪い」「あなたがもし奴隷だったら・・・」を紹介した。

気がつくと、職員室で仕事をしているはずの担任の先生がまだいて、
じっと話を聞いてくれている。
おまけにその後ルール説明をしている時、私がさっき紹介した本を
熱心に読んでいた。

6年生は33名全員がじっとこちらを見つめて話を聞いてくれていた。
終わった後担任の先生に、
「ありがとうございます。最後までいてくださって」と言うと、
「話が面白くて、つい聞いてしまいました。」と言ってくださった。

それから、自分も「マラソン」という言葉と、先生から言われた本を読むという主旨には
違和感を感じてきたこと。
子供から「先生、自分の読みたい他の本を読んではいけないんですか?」と聞かれた時、
「自分の好きな本を読みなさい」と答えたこと。
そして最後に、
「ヘレナ先生の選ぶ本は面白いですね」と言ってくださった。

この時、異動の時からずっと自分の頭にかかっていた暗い霧が
みるみる晴れていく気がした。

こうして、ようやく私も出発できたのだった。
でかけましょう!本の森たんけん♪

3年生の本.jpg

4年生の本リスト.jpg

5年生の本.jpg

6年生の本jpg.JPG







posted by Helenaヘレナ at 15:49| Comment(11) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増殖中!本の森番キャラ

tsuushinn通信.jpg

本の森通信5月号をようやく先週配った。
今回は「本の森たんけん」リストの本を学年ごとに紹介した。

その時使ったのがこのキャラたち。

つうしんキャラ.jpg

4月号の時は、一番上の「ゆかいな本」のキャラしかなかった。
それがいきなり「かんどうする本」「ハラハラドキドキする本」「はっけんがある本」と増えた。

全部、娘が描いてくれた絵をスキャナーでとりこんで作った。
娘のいた前任校では、多分できなかったろう試み。

とても気に入っている。

一番のお気に入りは、このサファリルックに身を包んだ
「本の森たんけんツアー」キャラかな!?

gennga原画.jpg
posted by Helenaヘレナ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

“本の森たんけん”へでかけましょう

昨年、子ども達の読書の幅を広げる目的で、
“読書マラソン”なるものが実施されたらしい。
教師、司書が学年ごとに40冊の課題図書を選定し、
子供はそれを読んでいく。
1冊読めば、スタンプを1つ押してもらえる。
20冊でプレゼントがもらえる。
40冊読んでゴールしたら、賞状がもらえる。
しかし、ただ読めばいいというものではなくて、
1冊につき感想を書かなくてはいけない。
子ども達は今までになくはりきって読書し、この試みは大きな成果を挙げたらしい。

この話を聞いた時、正直ちょっとやだなあ、という感じがした。
読書推進活動としては素晴らしい企画なのだろうし、
前任の司書の方の努力は認められるべきものだが・・・。
つまりは私の趣味に合わなかったのである。

読むのが早い子は2ヶ月程でゴールしたらしいが、
そうでない子は期間の2月ギリギリまでかかったという。
図書室便りには「がんばりましょう」とか「ポイントを稼ぎましょう」という言葉が幾度となく出てくる。

この活動に抵抗のある子もいたようだが、
しかし多くの子は(特に低学年の子は)楽しんでいたらしく、
「先生、読書マラソンいつからですか?」と何度も尋ねられた。
それに今年度の教育課程にも入っているので、とにかくやらければならない。

しかし、前年度のやり方、書式すべてそのままやる気はしなかったので、
私なりのやり方に変更させていただいた。
発案者である校長先生はこの4月異動されたので、その点は大目に見てもらえるだろう。
前任の方が3月に児童、職員にとってくれたアンケートを基に、
改善点を洗い出し、自分の考えを加えて変更案を提案した。

・まずタイトルを「読書マラソン」から「本の森たんけん」にした。
マラソンもいいが、ゆっくり、時には立ち止まって、周囲の風景や足元に咲く野の花を楽しむ余裕を持って読書してほしい。

・40冊ゴールが大変な子にはその手前の30冊ゴールも用意した。
30冊ゴールでは賞状を、40冊ゴールでは「本の森マスター認定書」がもらえる。
「本の森マスター認定書」とはいかなるものか?
それは、ゴールしてからのお楽しみ!(というか、私にもまだよくわからない・・・・)

・4年〜6年生は、テーマが似た2冊の本から選択できるコースを何冊か設けた。

・3年生以上は「あなたのお気に入りの本」を1、2冊リストに加えることができるようにした。

・「感想」を書かせるか、という点は相当悩んだが、これを無しにしては提案が通らないだろうことが予想されたし、最後に製本してあげたら子ども達は大喜びだった、という話も聞いたので、
上手に書けなくても記念になればいい、というぐらいの気持ちで続けることにした。

提案は案外すんなり通った。

8日から2年生が探検に出発した。
私の手元にはすでに20通ものかわいい感想が届いている。

来週になれば他の学年も次々出発するだろう。

子ども達の探検がワクワク、ドキドキする楽しいものになりますように!
それは、子ども達自身と、そして案内人である私にかかっている。

るーるやりかた.jpg

感想用紙.jpg スタンプ用紙.jpg

2ねんせいはちょう.jpg






posted by Helenaヘレナ at 16:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

一ヶ月

昨日、職員室で、
「私、子ども達の名前が全然覚えられなくて・・」と言うと、
同僚の先生がこう励ましてくださった。
「だって、まだ一ヶ月だもの」

一ヶ月・・・なんだ!

その時間の感覚に驚いた。
あの衝撃的な異動宣告からもう何年も経ってしまったような、
もしくはまだ三日も経っていないような・・・。
人間の感覚というものは誠に不思議!


この一ヶ月で気がついたこと。

図書室での子ども達のマナーが素晴らしいこと。

現在の学校は、高原のリゾート地といった前任校から、
6キロ程下ったところにある。
昔ながらの商店街が近く、隣接して大きな工場がある。
いわゆる町場なので、物怖じしない活発な子ども達という印象があった。
確かに、着任早々から「先生は学校にお勤めするの初めて?」
といった大人びた質問を受けたり、早速お手紙をいただいたりもした。
人数が多いせいか、廊下を走る音やはしゃぐ声も前任校の比ではない。
図書室でもさぞかし元気な姿が見られるだろう、と思っていたのだが、
予想に反し、びっくりするほど、大人しい。
本を借りる時は「かります」としっかり言ってから、読書ファイルと借りる本をこちらに見せてくれる。
「返す日がちょっと過ぎてしまいました」と、
こちらが何か言う前に謝ってくれる。

新任の先生だから遠慮しているのだろう、とも思ったが、
見守る内に、その態度はしっかり身についているもののようだ、
とわかった。
男の子達が何人か連れ立って入ってきても、後は静かにそれぞれ
読書している。
あまりに静かで、何かやって盛り上げなければいけないような気になるのは、
前任校でついた悪い癖だろう。
思えば、前任校のプレールームのような騒々しさも、辿れば私が原因だったのか・・・・。
図書室というのは、本来こういった場所なのだ!!!
と愕然とした。

しかし、フォローもしておこう(自分で)。
前任校に在籍している娘の情報では、
彼女達5年生のクラスで現在もっぱら流行っている本が、
ロアルド・ダール、森絵都、他にも「かはたれ」や「春のオルガン」等、6年生や中学生向けのものだという。
これには、在任中の私の努力も多少は影響しているのではないだろうか?と自画自賛で自分を慰めよう・・・・。

現在の図書室で借りられている本を見ると、
圧倒的に「ゾロリ」が多い。
全巻揃っているのだが、いつも書棚に残っているのは4、5冊ほど。
それ以外は「平成の怪談シリーズ」や漫画伝記シリーズなど。

昨年、子ども達の読書の幅を広げる目的で、
教師、司書が選定した課題図書を40冊読ませる「読書マラソン
が実施され、大きな成果を挙げたらしい。
子ども達にも好評だったようで、
「先生、読書マラソンはいつから始めるの?」という質問をこれまでにも何度か受けた。
今年度の教育課程にもすでに入っているので、やらなければならない。
この何週間か、その準備にかかりきりだった。

昨年度のものをそのままやるつもりはない。
良さはそのまま残し、改善すべき点も含めて、私なりのスタイルでやりたいと思っている。

honnmori妖精.jpg

前任校では、毎日2冊貸しだしだったが、
現在の学校では第三金曜日のみ2冊の貸しだし。
すぐ2冊にしてもよかったのだが、しばらくは様子見ということで、
毎週金曜日を2冊貸しだしにした。
おかげで金曜日は満員御礼!!!
子ども達はみんな大喜びである。

金曜日はこのお知らせ板をカウンターに置くのだが、
それを見たある男の子が言った一言。

「ボナちゃん・・・本の森の妖怪だって!」





posted by Helenaヘレナ at 17:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。