2008年05月03日

一ヶ月

昨日、職員室で、
「私、子ども達の名前が全然覚えられなくて・・」と言うと、
同僚の先生がこう励ましてくださった。
「だって、まだ一ヶ月だもの」

一ヶ月・・・なんだ!

その時間の感覚に驚いた。
あの衝撃的な異動宣告からもう何年も経ってしまったような、
もしくはまだ三日も経っていないような・・・。
人間の感覚というものは誠に不思議!


この一ヶ月で気がついたこと。

図書室での子ども達のマナーが素晴らしいこと。

現在の学校は、高原のリゾート地といった前任校から、
6キロ程下ったところにある。
昔ながらの商店街が近く、隣接して大きな工場がある。
いわゆる町場なので、物怖じしない活発な子ども達という印象があった。
確かに、着任早々から「先生は学校にお勤めするの初めて?」
といった大人びた質問を受けたり、早速お手紙をいただいたりもした。
人数が多いせいか、廊下を走る音やはしゃぐ声も前任校の比ではない。
図書室でもさぞかし元気な姿が見られるだろう、と思っていたのだが、
予想に反し、びっくりするほど、大人しい。
本を借りる時は「かります」としっかり言ってから、読書ファイルと借りる本をこちらに見せてくれる。
「返す日がちょっと過ぎてしまいました」と、
こちらが何か言う前に謝ってくれる。

新任の先生だから遠慮しているのだろう、とも思ったが、
見守る内に、その態度はしっかり身についているもののようだ、
とわかった。
男の子達が何人か連れ立って入ってきても、後は静かにそれぞれ
読書している。
あまりに静かで、何かやって盛り上げなければいけないような気になるのは、
前任校でついた悪い癖だろう。
思えば、前任校のプレールームのような騒々しさも、辿れば私が原因だったのか・・・・。
図書室というのは、本来こういった場所なのだ!!!
と愕然とした。

しかし、フォローもしておこう(自分で)。
前任校に在籍している娘の情報では、
彼女達5年生のクラスで現在もっぱら流行っている本が、
ロアルド・ダール、森絵都、他にも「かはたれ」や「春のオルガン」等、6年生や中学生向けのものだという。
これには、在任中の私の努力も多少は影響しているのではないだろうか?と自画自賛で自分を慰めよう・・・・。

現在の図書室で借りられている本を見ると、
圧倒的に「ゾロリ」が多い。
全巻揃っているのだが、いつも書棚に残っているのは4、5冊ほど。
それ以外は「平成の怪談シリーズ」や漫画伝記シリーズなど。

昨年、子ども達の読書の幅を広げる目的で、
教師、司書が選定した課題図書を40冊読ませる「読書マラソン
が実施され、大きな成果を挙げたらしい。
子ども達にも好評だったようで、
「先生、読書マラソンはいつから始めるの?」という質問をこれまでにも何度か受けた。
今年度の教育課程にもすでに入っているので、やらなければならない。
この何週間か、その準備にかかりきりだった。

昨年度のものをそのままやるつもりはない。
良さはそのまま残し、改善すべき点も含めて、私なりのスタイルでやりたいと思っている。

honnmori妖精.jpg

前任校では、毎日2冊貸しだしだったが、
現在の学校では第三金曜日のみ2冊の貸しだし。
すぐ2冊にしてもよかったのだが、しばらくは様子見ということで、
毎週金曜日を2冊貸しだしにした。
おかげで金曜日は満員御礼!!!
子ども達はみんな大喜びである。

金曜日はこのお知らせ板をカウンターに置くのだが、
それを見たある男の子が言った一言。

「ボナちゃん・・・本の森の妖怪だって!」







posted by Helenaヘレナ at 17:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。