2008年05月10日

“本の森たんけん”へでかけましょう

昨年、子ども達の読書の幅を広げる目的で、
“読書マラソン”なるものが実施されたらしい。
教師、司書が学年ごとに40冊の課題図書を選定し、
子供はそれを読んでいく。
1冊読めば、スタンプを1つ押してもらえる。
20冊でプレゼントがもらえる。
40冊読んでゴールしたら、賞状がもらえる。
しかし、ただ読めばいいというものではなくて、
1冊につき感想を書かなくてはいけない。
子ども達は今までになくはりきって読書し、この試みは大きな成果を挙げたらしい。

この話を聞いた時、正直ちょっとやだなあ、という感じがした。
読書推進活動としては素晴らしい企画なのだろうし、
前任の司書の方の努力は認められるべきものだが・・・。
つまりは私の趣味に合わなかったのである。

読むのが早い子は2ヶ月程でゴールしたらしいが、
そうでない子は期間の2月ギリギリまでかかったという。
図書室便りには「がんばりましょう」とか「ポイントを稼ぎましょう」という言葉が幾度となく出てくる。

この活動に抵抗のある子もいたようだが、
しかし多くの子は(特に低学年の子は)楽しんでいたらしく、
「先生、読書マラソンいつからですか?」と何度も尋ねられた。
それに今年度の教育課程にも入っているので、とにかくやらければならない。

しかし、前年度のやり方、書式すべてそのままやる気はしなかったので、
私なりのやり方に変更させていただいた。
発案者である校長先生はこの4月異動されたので、その点は大目に見てもらえるだろう。
前任の方が3月に児童、職員にとってくれたアンケートを基に、
改善点を洗い出し、自分の考えを加えて変更案を提案した。

・まずタイトルを「読書マラソン」から「本の森たんけん」にした。
マラソンもいいが、ゆっくり、時には立ち止まって、周囲の風景や足元に咲く野の花を楽しむ余裕を持って読書してほしい。

・40冊ゴールが大変な子にはその手前の30冊ゴールも用意した。
30冊ゴールでは賞状を、40冊ゴールでは「本の森マスター認定書」がもらえる。
「本の森マスター認定書」とはいかなるものか?
それは、ゴールしてからのお楽しみ!(というか、私にもまだよくわからない・・・・)

・4年〜6年生は、テーマが似た2冊の本から選択できるコースを何冊か設けた。

・3年生以上は「あなたのお気に入りの本」を1、2冊リストに加えることができるようにした。

・「感想」を書かせるか、という点は相当悩んだが、これを無しにしては提案が通らないだろうことが予想されたし、最後に製本してあげたら子ども達は大喜びだった、という話も聞いたので、
上手に書けなくても記念になればいい、というぐらいの気持ちで続けることにした。

提案は案外すんなり通った。

8日から2年生が探検に出発した。
私の手元にはすでに20通ものかわいい感想が届いている。

来週になれば他の学年も次々出発するだろう。

子ども達の探検がワクワク、ドキドキする楽しいものになりますように!
それは、子ども達自身と、そして案内人である私にかかっている。

るーるやりかた.jpg

感想用紙.jpg スタンプ用紙.jpg

2ねんせいはちょう.jpg








posted by Helenaヘレナ at 16:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。