2008年05月31日

君はもう出発したか?

久しぶりの記事更新。
あまりに長らくやっていなかったので、
どんな風に文章を綴ったらいいのかもよくわからない。
自分のだけでなく、リンクをはらせていただいている方々のブログにも
ずっと行っていなかった・・・。

みなさん、お元気でしょうか?
後でまたお邪魔します。


平成20年読書マラソン、本の森たんけんが始まった。
2年生が8日に先陣を切って出発した翌週には
4年、3年、5年と次々出発していった。
出発の前に説明を兼ねたオリエンテーションをするのだが、
実はそこでつまづいてしまったのだった。


私には一つ計画があった。
オリエンテーション時に、4年〜6年生の高学年には
本の森たんけんのリストに挙げた本のブックトークをしようと思ったのだ。
前任校では、よくブックトークをした。
1学年につき1時間という長い時間だったが、
みんな集中して聞いてくれたし、紹介した本には予約が集まった。

ところが4年生のオリエンで、一通りルールの変更点を説明した後、
「では、リストの本を何冊か紹介したいと思います」と言った途端、
「え〜!!」と2、3人の子から、明らかにブーイングと思われる声が出た。
「自分で本を読んだ方がいい」と言う。
そうか、そういう考え方もあるよな、では短めに、と、とりあえず2冊紹介し、
3冊目をとりあげようとした時、ある男の子の
「もう、いいよ、紹介しなくて」という言葉に、私は思わず切れてしまったのだ。

「いいから、聞けっ!!!」

気がついたら、そう怒鳴っていた。思いっきりドスの利いた声で。
一転、シーンと水を打ったような静けさ・・・・。
「あれ?この先生こんなキャラだっけ?」
という表情がどの子の顔にも現われている。
担任の先生がすかさずその男の子を注意した。
「そうよ!あなたが悪いのよ。そんな失礼なこと言うから怒られたでしょ!」

以来、情けないことに、自信をなくしてしまったのである。

5年生も、担任の先生が出張でいなかったこともあり、
説明の段階から、一部の子供が騒いで全く話を聞かない。
ブックトークは、始める前にあきらめた。

ブックトークを聞いてくれなくても、子ども達は本の森たんけんには
熱心に参加してくれているし、態度も実に素直。
子供のせいではなく、私の力不足なのだろう。
もっと勉強しなくちゃ、と前向きに考えてみたものの、
モチベーションは下がる一方。

そんな中、修学旅行から帰ってきた6年生のオリエンを迎えた。
ブックトークをやるのか、それとも説明だけして後は自主読書をさせるのか、さんざん迷った。
でも、4月の図書室利用開始時にやったオリエンテーションで
6年生が静かに聞いてくれていたことを思い出して、とりあえずやってみることにした。

始まる前に担任の先生から
「私、(ここに)いなくてもいいですか?」と聞かれた。
ちょっとがっかりしたが、
「はい。6年生のことを信頼していますから」と答えた。
まず、名称を「読書マラソン」から「本の森たんけん」に変更した理由を説明した。

読書は汗水たらして、がんばって成し遂げるものではない、と思う。
「マラソン」ではなくて「探検」にしたのは、みなさんが5年間利用しても、
まだ知らない本がこの図書室にはたくさんあって、
そういう未知なる本を発見して、未知なる世界を見つけられたらいいなあ、と思ったからです。


その後、福音館書店のたくさんのふしぎ傑作集から3冊、
「砂漠の花園」「森へ」「ダーウィンのミミズの研究」
を取り上げ、6年生になっても絵本を読んで欲しい、という思いから
「算数の呪い」「あなたがもし奴隷だったら・・・」を紹介した。

気がつくと、職員室で仕事をしているはずの担任の先生がまだいて、
じっと話を聞いてくれている。
おまけにその後ルール説明をしている時、私がさっき紹介した本を
熱心に読んでいた。

6年生は33名全員がじっとこちらを見つめて話を聞いてくれていた。
終わった後担任の先生に、
「ありがとうございます。最後までいてくださって」と言うと、
「話が面白くて、つい聞いてしまいました。」と言ってくださった。

それから、自分も「マラソン」という言葉と、先生から言われた本を読むという主旨には
違和感を感じてきたこと。
子供から「先生、自分の読みたい他の本を読んではいけないんですか?」と聞かれた時、
「自分の好きな本を読みなさい」と答えたこと。
そして最後に、
「ヘレナ先生の選ぶ本は面白いですね」と言ってくださった。

この時、異動の時からずっと自分の頭にかかっていた暗い霧が
みるみる晴れていく気がした。

こうして、ようやく私も出発できたのだった。
でかけましょう!本の森たんけん♪

3年生の本.jpg

4年生の本リスト.jpg

5年生の本.jpg

6年生の本jpg.JPG









posted by Helenaヘレナ at 15:49| Comment(11) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増殖中!本の森番キャラ

tsuushinn通信.jpg

本の森通信5月号をようやく先週配った。
今回は「本の森たんけん」リストの本を学年ごとに紹介した。

その時使ったのがこのキャラたち。

つうしんキャラ.jpg

4月号の時は、一番上の「ゆかいな本」のキャラしかなかった。
それがいきなり「かんどうする本」「ハラハラドキドキする本」「はっけんがある本」と増えた。

全部、娘が描いてくれた絵をスキャナーでとりこんで作った。
娘のいた前任校では、多分できなかったろう試み。

とても気に入っている。

一番のお気に入りは、このサファリルックに身を包んだ
「本の森たんけんツアー」キャラかな!?

gennga原画.jpg
posted by Helenaヘレナ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。