2008年07月26日

一学期

実は、一学期はすでに18日で終わっていた。

重い心を抱えて蝸牛のようにスタートしたが、
最後はバッファローの大群に追い立てられるように慌しかった。

でも何をやったか、と考えると、昨年度からの引継ぎ業務である
「読書マラソン」改め「本の森たんけん」。
新規図書の購入を200冊足らず。
前任校で恒例だったブックトークは、6年生に2回やっただけ。
子どもの名前は三分の一も覚えられたかどうか。
すでに、名前と顔がバラバラになりつつある。

二学期は、図書室の引越しがある。
大きな声では言えないが、今の場所では、耐震的にアブナイらしい。

終業式が終わり、子ども達もいっせい下校して
図書室で茫然自失していると、
「ヘレナせんせい、せんせい」と呼ぶ声がする。
まだ下校していない子がいたのかしら?とキョロキョロ見回すと、
北側の細い窓にセーラー服が見えた。
この3月前任校を卒業した女の子二人だった。
彼女達が入学した中学校は、この学校の道を挟んだ向かい側。
4月にも、一度三人の仲良しグループで遊びに来てくれた。
母校でもないよその学校に来るのは気が引けたのか、
この学校の卒業生であるお友だちを案内人に立てて来てくれた。

でも、今度は二人きりで裏山を登って潜入してきたという。
嬉しくて思わず二人の手を握り締めた。
嫁に行った娘がダンナと姑に内緒でこっそり帰ってきたみたい(?)
「誰かにみつからないか、ひやひやした!」
喉が渇いたというので、水筒のお茶をあげた。
三人で北側のベランダに出て、下を見下ろす。
校舎は傾斜地に建っており、図書室のある西側は持ち出しになっているため、一階だが高さがある。ほとんど宙吊り状態。
「わあ、ここ怖いねー」シズちゃんが呟いたので思わず、
「今度、図書室引っ越すんだ」と言ってしまった。
「忍び込みやすい場所にしてくださいね。また遊びに来るから」
ナミエちゃんが明るく言ってくれた。
うん、外から見てもわかるように、旗を立てておくよ。

二人はまた裏山を降りて帰っていった。
セーラースカートで、重いカバンを提げて薮をかきわけながらそろりそろりと降りてゆく。
「気をつけるんだよー。転がらないように!」と大声で言うと、
「また、来ますー」と手を振ってくれた。

菜の子先生はどこへ行く? (福音館創作童話シリーズ) (福音館創作童話シリーズ)
富安 陽子
4834023516


昨日久しぶりに出勤したら発注していた「菜の子先生シリーズ」の最新版が届いていた。
いつも菜の子先生の活躍が爽快なシリーズだが、
四話目の『十二人めのクラスメイト』は、読むとしみじみ切なくなった。

山の中腹にある児童数八十三人の小さな小学校は、もう随分前から、
変わるはずのないクラスの人数がひとりぶん増えてまたもとに戻るという不思議な現象が起きている。
そしてそれはいつも卒業式の近づく6年生のクラスと決まっていた。

小学校には、桜の古木が子ども達を見守るように枝を広げている。
そういえば、前任校にも大きな松の木があった。
図書室から見えるその松は、実は無闇に枝を剪定できないいわくつきの樹なのだが、私は学校の守り神のように思って、毎日眺めていた。

『十二人めのクラスメイト』で私が切なく思ったのは、
子ども達に「あの子」と呼ばれているもう一人のクラスメイトの子が呟いた言葉。

「だって、ぼく、ほんとうに、あの子たちの友だちみたいな、幼なじみみたいな気がしてたんだもん。毎日毎日学校で、あの子たちに会ってたんだもん。これからもずっと、いつまでもいつまでも、あの子たちといっしょにいられる気がしてたんだもん」(本文引用)

私もそう思っていた。

菜の子先生は本当に面白い。

「私は、いつだって学校のどこかにいます」(本文引用)

と力強く言ってくれる菜の子先生と、この学校にいる内にぜひ会いたい、と思う。





posted by Helenaヘレナ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

昨日、今日届いた本

昨日と今日、ネットで頼んでいた本が連続して届いてHappy!

昨日届いた本はこれ。

変愛小説集
岸本 佐知子
4062145448


編訳の岸本佐知子さんは、ジャネット・ウィンターソンの
『オレンジだけが果物じゃない』を読んで以来ファンになった。
『気になる部分』などエッセイも出ていて、
読んでいてゲラゲラ声をたてて笑ってしまうくらい面白い。

最初タイトルを『恋愛小説集』と見間違えていた。
でも岸本佐知子さんがそんなに素直なタイトルの本を出すかしら・・?
と思っていたら、やっぱり「変」だった。
『変愛小説集』は、愛にまつわる物語を集めてあるものの、
その愛はどこか変。

例えば『五月』という作品では、愛の対象が人ではなく「木」。
私は恋愛というと、身もだえするほど切なかったり、嫉妬したり
というような「生っぽい」感情がどうしても先にたってしまって、
“木”のイメージとうまく折り合わない気がしたのだが、
読んでいると木に恋した主人公の気持ちがわかってきた。
木ではないけど、私だって前任校の図書室へ行くと昔の恋人に会ったみたいに心乱れる。

でも、主人公が男性なのか女性なのかはっきりせず、
もしかしたら同性愛者?という小説の訳が岸本佐知子さんは
とても上手い、というか合っている、と思う。
私は翻訳小説は、作家より翻訳者で決めることが多い。
みなさんはどうですか?

今日届いた本はこれ。

イカ干しは日向の匂い
武田 花
4758411093


ああ、表紙の写真を見せられなくて残念。
私は武田花さんのファンなのだ。
写真集というジャンルはもともと好きなのだが、
武田花さんの本は、写真も文章もそれぞれ素敵な上に、
さらにそれがセットになっているところが、また素敵!!
お母さんの武田百合子さんの文章も好きだけど、
花さんの文章は、こんなにフツウに何気ない文章なのに、
なんでこんなにいい味なんだろう、とため息が出てしまう。


この週末は至福の時を過せそうです。
posted by Helenaヘレナ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泣かせちゃった!

木曜日は一学期の最終返却日だった。
この日までに、本は全て図書室に集合する!(ハズだ)
来週、夏休みに読む本を各学年ごとに借りに来ることになっている。

といっても、期日を守れない子がいるのはどこの学校も同じ。
この日に全員返せたのは一学年だけだった(1年生ではない)。
まあ、異動早々でもあるし、穏便に行きましょう、と、それでも
一応やんわりと担任の先生に報告した。
その結果、この日一番たくさん聞いた言葉が、
「あの子は平気でウソをつくんですよ」だった。
なるほど。大人だって平気でウソをつくんだから、子どもだってつくだろう。
しかし、信じた結果、毎度毎度そのかわいい顔に騙されてきた担任の先生達の悔しさがにじんでいて、笑えなかった。

だったら正直に言えばいいのか、というとそうでもない。

今日、図書室の掃除に来た2年生の女の子が雑巾を振り回しながらスキップしつつこう言った。

「また、本わすれちゃった〜。ハハハ」

こんなに平気で本当のことを言われたら、黙ってはいられない。

「ん?ミーちゃん、今のは本当ですか?」

「本当だよ。わすれちゃったものはしようがないじゃん」
まだスキップしている。

「ちょっと、こっちへ来てください」
まだニコニコしている。黒い目がクリクリかわいい仔リスちゃんみたいな子なのだ。

「先生は、怒っています!」というとちょっと表情が変わった。スキップも止まった。

「ミーちゃん、忘れたのは良いことですか?・・・そうですね。
悪いことですよね!先生との約束を破ったんだからね。
それなのに、そんなにニコニコしてていいんですか?
ミーちゃんは悪かったなあって全然思ってないでしょ?
でも、悪いと思ってないと、月曜日もまた忘れるかも!
しれませんよね。
だからもっと反省してください。いいですか!」

じーっとこっちを見ていた丸い大きな目が段々潤んできて、
「ごめんなさい」と言った後、俯いてとうとう泣いてしまった。

あーあ、泣かせちゃった。
子どもを泣かせると、どんなにこっちが間違っていないと思っても、
うろたえてしまう。
以前だったら、ここですぐに頭をなでなでしてしまうところだ。
しかし、今回は耐えた。

結局、掃除中、ミーちゃんはそんなに大げさには泣かなかったものの、
ずっと表情が固かった。

箒を掃除道具ロッカーにしまいにきた時、思わず
「ミーちゃん、先生と指きりしよう」と言ってしまった。
「指きりげんまん、ウソついたら・・・給食のおかずをもらうよ」
そこでようやくニッコリ笑ってくれた。

やっぱり負けてしまった。
ウソをつかれても、つかれなくても、大人は必ず負ける。
そういうことになっているらしい。



posted by Helenaヘレナ at 21:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本の森を飾ろう!

水曜日は、第4回図書委員会だった。
年間活動計画の一学期の活動は、おすすめの本の紹介ポスターを
作ることで、もうとっくに終わってしまった。
さあ、何をやろうか?
実は、図書委員の女の子が以前「本の森のあたらしい友だち」を
書いてくれたことから、「本の森の友だちキャラ」を募集している。
キャラクターが集まったところで、図書委員さんがそれぞれの作品に
賞を決めることになっているのだ。
しかし、まだ枚数が集まっていない。

じゃあ、図書委員会でもキャラクターを描こうか、
と相談していたら、5年生の女の子が、
「ねえ、本の森なんだから、森らしく葉っぱとか描いて飾りつけしたい」と呟いた。
それ、いいじゃん、そうしよう!!
と言うと、「ヤッター」と嬉しそうに笑った。

そういうわけで、キャラクターを描くか飾りつけをするか、
各自やりたい方を選んで始めた。
みんなすごい集中力だった。
お喋りもしないで、黙々とイラストを描いたり、色画用紙を切ったり。
委員会の後は集団下校だったので焦ったが、
しっかり後片付けまでしていった。

飾りつけ、一部お目にかけましょう。

futabahonn.jpg
咲いたのは、花ではなく“本”。

tsuta.jpg
本棚に絡みつく蔓が素敵!

suika.jpg
西瓜も転がっている。

kocchiheoide.jpg
みんな「こっちへおいで!」


posted by Helenaヘレナ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

日本の神話

新しい学校には、保護者による読み聞かせボランティアがある。
そのボランティアの方が6年生に読み聞かせてくれた本。

日本の神話〈第1巻〉くにのはじまり
舟崎 克彦
4251008219


息子さんが自由研究で「お神楽」を調べた際、
親子でいろいろ日本の神さまについて勉強したらしい。
伊勢神宮にも行ったという。
その結果、自分達が日本人でありながら日本の神さまのことをまるで知らないことがわかった。
子ども達にも神さまの名前くらいは知って欲しくて、今回読み聞かせに選んだということだった。
“宗教”ぽくなるかな?と躊躇していたけれど、でもギリシャ神話を読むのだから、と。

このシリーズを図書室で見つけた時、私も貴重なお宝に出会った気がした。
読んでみると、「アマテラス」だの「スサノオ」だの「いなばのしろうさぎ」だの、単語くらいは聞いたことがあるが、系統だったことはまるで知らない。
今回じっくり読んでみて、そうだったのか!と発見したことがいくつもあった。

しかし、司書として保護者の読み聞かせボランティアに関わるのは初めてだが、みなさん意識が高い方ばかりでビックリ!!!
他にアンデルセンの『はだかのおうさま』を読んでくれた方がいたのだが、話を知らない子ども達がたくさんいて驚いたらしい。
神話もアンデルセンも昔から脈々と伝わってきたものだから、やはり大切にしたい。
そういうものを子ども達に伝えていくのが、
保護者ボランティアの活動として意義があることではないか、
との意見が打ち合わせの際に出て、みなさん頷きあっていた。

う〜ん、勉強になります。
posted by Helenaヘレナ at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こびとづかん

こびとづかん (cub label)
なばた としたか
4860951085


今回新しく買った本の目玉の一つがこの『こびとづかん』。
二年ほど前だろうか。
nora-takaさんのブログで目にした時は「おお!」と思わずのけぞった。
前任校で購入しようと思いつつも、結局果たせなかったのは、
ここの子ども達には受け入れられないかも・・・。
という直感が働いたから。

そして、今の学校で購入したのも、ここならもしや人気が出るかも、
という直感が働いたからだった。

そしてその直感が当たった。

始まりは3年生の女の子だった。
絵が恐ろしいほど上手で、プラス宇宙遊泳的にぶっとんだ思考を持つ彼女は、ひと目見るなりこの本を気に入ってくれた。
仲良しの男の子を連れて放課後やってくると、
男の子のために朗々とした声で『こびとづかん』を音読し始めた。
以来、3年生を中心にブレイクした。
ちょうど国語で、本の帯を作るという授業をやっていた彼らは
こぞってこの本の帯を制作し始めたのだ。

でも、何より私が感動したのは、女の子の音読をじっと聞き入っていた男の子の言葉。

「じゃあ、本当にいるんだ。今日ウチに帰ったら探してみよう。
黄色い花ってタンポポでもいいのかな。団地の駐車場のとこに咲いてたから。」


ウケねらいでも何でもない。
本心から素直に出たつぶやきだった。

「感動したね、わたしゃ」
家に帰ってフレディさんに話すと、
「なんか、その言い方、『ちびまるこちゃん』みたい」
と言われた。
そういえば、今の学校の子ども達って、ちびまるこちゃんのマンガに登場する子ども達とどこか似てるような・・・・。

posted by Helenaヘレナ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。