2008年07月04日

日本の神話

新しい学校には、保護者による読み聞かせボランティアがある。
そのボランティアの方が6年生に読み聞かせてくれた本。

日本の神話〈第1巻〉くにのはじまり
舟崎 克彦
4251008219


息子さんが自由研究で「お神楽」を調べた際、
親子でいろいろ日本の神さまについて勉強したらしい。
伊勢神宮にも行ったという。
その結果、自分達が日本人でありながら日本の神さまのことをまるで知らないことがわかった。
子ども達にも神さまの名前くらいは知って欲しくて、今回読み聞かせに選んだということだった。
“宗教”ぽくなるかな?と躊躇していたけれど、でもギリシャ神話を読むのだから、と。

このシリーズを図書室で見つけた時、私も貴重なお宝に出会った気がした。
読んでみると、「アマテラス」だの「スサノオ」だの「いなばのしろうさぎ」だの、単語くらいは聞いたことがあるが、系統だったことはまるで知らない。
今回じっくり読んでみて、そうだったのか!と発見したことがいくつもあった。

しかし、司書として保護者の読み聞かせボランティアに関わるのは初めてだが、みなさん意識が高い方ばかりでビックリ!!!
他にアンデルセンの『はだかのおうさま』を読んでくれた方がいたのだが、話を知らない子ども達がたくさんいて驚いたらしい。
神話もアンデルセンも昔から脈々と伝わってきたものだから、やはり大切にしたい。
そういうものを子ども達に伝えていくのが、
保護者ボランティアの活動として意義があることではないか、
との意見が打ち合わせの際に出て、みなさん頷きあっていた。

う〜ん、勉強になります。


posted by Helenaヘレナ at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こびとづかん

こびとづかん (cub label)
なばた としたか
4860951085


今回新しく買った本の目玉の一つがこの『こびとづかん』。
二年ほど前だろうか。
nora-takaさんのブログで目にした時は「おお!」と思わずのけぞった。
前任校で購入しようと思いつつも、結局果たせなかったのは、
ここの子ども達には受け入れられないかも・・・。
という直感が働いたから。

そして、今の学校で購入したのも、ここならもしや人気が出るかも、
という直感が働いたからだった。

そしてその直感が当たった。

始まりは3年生の女の子だった。
絵が恐ろしいほど上手で、プラス宇宙遊泳的にぶっとんだ思考を持つ彼女は、ひと目見るなりこの本を気に入ってくれた。
仲良しの男の子を連れて放課後やってくると、
男の子のために朗々とした声で『こびとづかん』を音読し始めた。
以来、3年生を中心にブレイクした。
ちょうど国語で、本の帯を作るという授業をやっていた彼らは
こぞってこの本の帯を制作し始めたのだ。

でも、何より私が感動したのは、女の子の音読をじっと聞き入っていた男の子の言葉。

「じゃあ、本当にいるんだ。今日ウチに帰ったら探してみよう。
黄色い花ってタンポポでもいいのかな。団地の駐車場のとこに咲いてたから。」


ウケねらいでも何でもない。
本心から素直に出たつぶやきだった。

「感動したね、わたしゃ」
家に帰ってフレディさんに話すと、
「なんか、その言い方、『ちびまるこちゃん』みたい」
と言われた。
そういえば、今の学校の子ども達って、ちびまるこちゃんのマンガに登場する子ども達とどこか似てるような・・・・。

posted by Helenaヘレナ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。