2008年12月20日

歓迎します!

今年一番おすすめのクリスマスの本はこれ。

クリスマスのおきゃくさま
Diana Hendry John Lawrence 藤井 美樹子
4198601909


画像がないのが残念ですが、表紙は、通りに面した素敵な家の絵で
飾られています。
クリスマスイブの晩に、思いがけないお客様が次々その家を訪れる。
でも、このお宅のお母さんは、嫌な顔ひとつせず、お客様を迎え入れる。
いくら、広い外国の家でも、ベットはもういっぱい。
そうすると、バスタブに毛布をひい寝床にしたり、赤ちゃんは
流しに布団を敷き詰めて寝かせたり、挙句の果ては・・・。

私は、お客様を迎えるのが苦手だった。
(今もあまり得意とは言えないけれど)
だから、この本を読んだ時はビックリ!!
日本の昔話にも、一夜の宿を借りたり、貸したりする話がよく
出てくるが、こんな風に、家を開放し、他人に場所を提供するという
のは、やはり外国ならでは、という感じがした。
というか、これがクリスマススピリッツというものらしい・・・。

どちらかというと、オープンではなく、クローズドな私だけど、
図書室で働くようになってからは、少し変わってきた気がする。
仕事とはいえ、様々な性格の子ども達をわけへだてなく迎えるには、
「歓迎します!」の気持ちがないと、できなかったからだ。


実は先頃ちょっとショックなことがあった。
娘の学校では、以前から授業参観の後の学年懇談会の間、
親と一緒に帰る子ども達が図書室で待っていたのだが、
それができなくなった。
その時は、娘も風邪気味だったので、待たせてもらおうと思ったら、
結局、待つ場所がなくずっと外にいた。
暗くなってもまだ終わらなかったので、慌てて、ムリヤリ中に入れてもらったのだが。

娘の学校、つまり前任校の司書をやっているのは、親しくしている友人。
事情も彼女から直接聞いた。
図書室は待合室ではないし、集団下校なのだからそれに従って、
子どもは先に帰るのが正しい、と私も思う。
私だって、今の学校で、バス待ちの子どもや懇談会で親を待つ子ども達が、図書室に来て騒いだりすると、
「ここは、待合室じゃないのよ。本を読まないなら出て行きなさい」
と言いたくなる。
が、私は邪道だから、それも図書室、あれも図書室、これも図書室、
で、いいんじゃないかな、と思ってそのままにしている。
(もちろん、騒ぐ子に注意くらいするけど)

その友人のことを、司書として信頼する気持ちは今も変わらない。
きちんと自分の考えをもって図書室運営にあたっている人だから、
今回のことは保護者である私にとって都合が悪かっただけ、と思う。
ただ、私とはやり方が違うんだな、と、人が変われば変わるんだな、としみじみ思った。


この仕事はとても楽しい。
その楽しさの中には、空間を自分の思うままに飾ったり、
好きな本を集めたりする楽しさも含まれている。
でも、その楽しさに夢中になるあまり、子どものための場所だ
ということを、私も時折忘れてしまいそうになる。


今週は冬休み前の貸しだしで、学年ごとに全員で図書室に来た。
30人以上の子ども達が全員、座る場所もない学年もあった。
でも、とっても賑わっていて、暖かかった。

狭くても施設がボロくても、「歓迎します!」の気持ちが
あれば、そこは素敵に居心地のいい場所になるのかもしれないなあ。





posted by Helenaヘレナ at 17:20| Comment(13) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。