2009年04月17日

オープン!

今週から、各学年でオリエンテーション(図書室利用案内)と
貸しだしをスタートした。

今年度は教育課程の「図書館利用指導年間計画」に沿って、
全学年毎月1時間ずつ、利用指導をやることになった。

この利用指導年間計画、前任校の教育課程にもあったが、
ずっと絵に描いた餅で終わっていた。
それもおかしいんじゃないかな?と思い、
昨年度末の教育課程検討会の折に、月に一度、時間を持つことを提案した。
高学年は授業時数を確保するのもギリギリの状態だから、
「無理です」という声が出るかと思ったが、すんなりOK!
真面目な先生達なのだ。

1年生〜3年生は週一度の読書の時間。
4年生〜6年生は月一度の読書の時間をとれることになった。

そういうわけで、オリエンテーションも例年ならば、高学年は利用案内+分類番号までやっていたのだけれど、「図書館利用指導年間計画」(長い!)で、5月に「分類」が出てくるので、
4月は利用案内のみ。
こっちもやりやすいし、子供達の方もシンプルな内容でよかったのでは。

ところで昨年のオリエンテーションの時とくらべて、
子供達の成長ぶりにはちょっとびっくりした。
特に2年生は、1年生が大勢入ってきたからか、急におとなっぽくなった。
お話を聞く態度もいいし、「かりていいんですか?」などと敬語を使う。
3月までは「一体、いつになったら成長するんかな〜」
とひそかに思っていたのだが・・・。
以前ある先生が言っていた
「1年生は、入学式に新しい1年生が入ってきたその2、3日で
急に成長するんだ」という言葉を思い出した。なるほど。

今日は、オリエンのラスト、6年生。
6年生相手はやっぱり緊張する。
5年生くらいまでは、ほとんどが聞くことで精一杯。
でも、6年生になると、自分なりの解釈を交えながら聞くから。
そして、6年生も驚くくらい成長した。
昨年のオリエンの時は、こっちが話している間中もずーっと
友達と喋っている子がたくさんいた。
黙って(黙らされているのではなく)、こちらの話に集中している姿は、頼もしく優しかった。


オリエンもすべて終わり、午後は休みをもらって、
娘の学校の授業参観+学年PTA+PTA総会へ行った。
なんだか実家に帰ってきたみたいにほっとした。
同じ学校でも、勤務先と娘の学校では全然違う。
私にとっては、娘の学校=前任校だからか。
と思っていたら、前年度の会長さんが、挨拶で
昨日行ってきた中学の総会のことをこう話していた。
「中学は大勢だし知らない人たちばかり。
でも、ここに来ると、知っている顔ばかりで、
うちに帰ってきたようにほっとします」
ああ、私だけじゃなかったんだ。

娘の教室で娘が座っている小さな椅子に腰掛け、
ふと顔をあげたら、窓の向こうに満開の桜が見えた。

さいごのさくらjpg.JPG


posted by Helenaヘレナ at 18:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。