2005年11月30日

クリスマスプロジェクト始動!

明日から12月。八ヶ岳も冬化粧を始めたし、そろそろクリスマスの準備をすることにしよう。

冬到来.jpg

まずは、クリスマスツリーから。
4年生の“観葉植物図鑑を作ろう”のために買ってきた
ゴールドクレストに、自宅から持ってきたオーナメントを飾りつける。
休み時間に図書委員さんを集めて飾ってもらった。
こういう仕事はみんな大喜びでやる。本当はオーナメントも手作りしてほしかったんだけど、
「それはちょっとムリですね」図書委員長さんにつれなく言われてしまった。
史上最強の図書委員長、最近学級委員長の仕事に忙しいのか、図書室から足が遠ざかっている。

クリスマスツリー.jpg

きれいに飾りつけできました。でも、オーナメントが重いのか、少し傾いでしまった。

クリスマスイブpg.JPG

クリスマスの本も展示した。
私がこの学校に来た4年前、あまりにクリスマス関連の本がなかったので、
毎年少しずつ買っていった。展示したのは今年買った本。
マーガレット・W・ブラウンの「クリスマス・イブ」は、クラッシックだけど、やっぱり素敵な本だ。クリスマス前夜の静かな喜びが感じられます。
ターシャ・テューダの「コーギビルのいちばん楽しい日」もとってもかわいい。
エリック・カールの「ゆめのゆき」は仕掛け絵本。きれいなメロディが鳴って人気が出そう。
早速借りられた本は「サンタクロースっているんでしょうか」やっぱり気になるんだろうな。
そして、「あのね、サンタの国ではね・・・」(偕成社)の11月のページを開いて展示。サンタさんの一年間が描かれている楽しい本。
今日はまだ11月だもんね。

ハロウィンでやったように、窓に子ども達の描いた絵をぺたぺた貼ることにした。
今回は、図書委員さん以外も飛び入り参加大歓迎!
みんな楽しそうにやってくれる。でも・・・後片付けもしてってね。
posted by Helenaヘレナ at 14:46| Comment(2) | TrackBack(1) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリスマスはいくつになってもうきうきします。
それにしても、新しいきれいな本ばかりでうらやましいです。
Posted by nora-taka at 2005年12月01日 22:21
本当にそうですよね。長くつら〜い冬(ホントこっちはつらいのです)の前の楽しいお祭という感じです。今年は合併直後で珍しく予算をたくさんいただけました。でも来年からまた厳しくなると、もう決まっているので、今年の内にほしいものは買っておこうというわけです。新しい本って嬉しいですよね。
Posted by Helenaヘレナ at 2005年12月02日 09:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

12月の掲示
Excerpt: 出入り口の掲示をかえた。クリスマスツリーは、早々と飾っていたが出入り口は『読書の
Weblog: おばちゃんらいぶらりあん日記
Tracked: 2005-12-01 22:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。