2008年06月21日

まっています!新しい本

今年度初、というか、異動して初めて本を購入した。
まだ子ども達の読書傾向をしっかり把握できていないので、
というか、今、子ども達が借りているのは殆どが「本の森たんけん」(読書マラソン)の本なので、把握しようがないのだが・・・。
とにかく1回目は控えめに買った。
前任校の2倍の児童数なので、本の倍買える訳で、
気持ち的にはかなり余裕がある。

前任校で人気があった「ダヤンコレクションぶっく」や、
怪談好きなこの学校の子ども達向けに「水木しげるの妖怪百科シリーズ」など。

atarashiihonnnnnn.jpg

チラシを作り、各学年に一枚ずつ配った。
「数にかぎりがありますので、かしだしはお一人様一回につき一冊とさせていただきます」
というお断りつき。
それでも、この冊数じゃ全員分はないかもしれないなあ。
借りれない子がいたらかわいそうだなあ。
そんなことまで心配した。
配架するのも貸しだし開始の休み時間ぎりぎりまで待って、
本の入ったダンボールも子どもの目につかないように気をつけた。
だって、以前は子ども達が鼻をひくひくさせて、
(新しい本は匂いでわかるらしい)
「先生、これもしかしたらあたらしい本?」なんて聞いてきたからだ。

しかし、休み時間になった途端、図書室に押し寄せる子ども達・・・
という私の想像は見事裏切られた。

だれも、新しい本を借りに来ない。
図書室に来た子に「新しい本が入ったからね!」と言っても
「ふ〜ん」、「私、読書マラソンの本がいい」
「もう少しで20冊だもん」「ポイントもらうんだ」

ショック!だった。
この子達は新しい本に興味がない????
読書マラソンなんてやめてしまおうか。
でも、もしやめたら、誰も本なんて借りにこないかもしれない・・・。

折りしも、昨日は娘の学校でPTA役員会があって、前任校へ行った。
市内の図書館に勤めている友人についつい愚痴ってしまった。

読書に対する考え方があまりに違っていてついていけない。
子どもも先生も図書室に関心がないように見える。

友人は私の愚痴を全部聞いてくれたうえでこう言った。

「でも、ここ(前任校)だって、最初はそうだったんじゃない?
何年もかけて、変えていったんだから。
またこれから変えていけばいいよ」

そうか・・・。
そういわれれば、最初の年はやっぱりめげてしまうこともいっぱい
あった気がする。もう忘れてしまっていたけど・・・・。

もう一回一から出直して・・・。
でも、どうすればいいのか、わからない今日この頃なのです。
posted by Helenaヘレナ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。