2005年12月06日

全校参加!!おすすめの本“Advent Calendar”

クリスマスが近い、おまけに冬休みも近い。何かやらねば。
昨年は、“みんなで作ろう!おすすめの本パッチワーク”というのをやった。

クリスマスパッチワーク.jpg

1ピースに「学年・名前・オススメの本・一言コメント」が書いてある。
ツリー、リース、靴下、で117人全児童分。☆は先生。
これ実は、同じ町内の小学校の司書友達に教えてもらった企画。
彼女の許可を得て、すべて真似した。

でも、今年は自分で考えるぞ!頼りになる友は辞めてしまってもういないし・・・。
で、アドベントカレンダーにヒントを得て、オーナメントにオススメの本を書く企画をすることにした。

ながぐつ オーナメンと

試しに図書委員さんに書いてもらった。
長靴のオーナメントを開くと、オススメの本が見れる仕掛け。
カワイイ絵や色も塗ってもらうことにしよう。

全児童分なので、さすがに1本のツリーでは足らず、2本用意することにした。
それで貼る場所が足りないので、サンタさんのソリに積んであるプレゼントや、
☆も用意。

アドベントカレンダー.jpg

作っていたら、子どもが
「先生、何作ってんの?」と聞いてくる。
「あっ、コレ去年もやったよね」とパッチワークのことをまだ覚えている様子。
最近感じるのは、子どもって、けっこう見てるし覚えている、ということ。
つぎつぎに行事がやってきては過ぎていく感じなので、ひとつひとつのことは覚えていないだろうなあ、なんて思っていたけど。
覚えていてくれるとやっぱり嬉しい。

「私コレに書きたいなあ」「私はこっちのリースがいい」
愉しみにしてくれていると思うとまた嬉しい。
小さな学校は、全校で1つのことに取り組める利点がある。
その特徴を生かした楽しい図書室を作っていきたいな、と思う。

クリスマスオーナメント.jpg


posted by Helenaヘレナ at 17:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツリー型にお薦めの本を書いていくのは、私も他校の司書に教わってやってみたいと思っていました。これからでもやろうかな。ヘレナさんのほど素敵にはできないだろうけど。無理せずできることをできる範囲で。今年の企画もいいですね。夢がある。外は絵葉書のような(って暮らしている人は大変だろうけど)雪景色。学校図書館の中は本に関する子ども達の手作りオーナメント。本当にいいなあ。
Posted by nora-taka at 2005年12月06日 22:55
一人で図書室を運営していくのって大変ですよね。でも、授業で子ども達と接することができるわけではないので、何かやって子どもと触れ合う機会を作っていきたいと思っています。
そういう思いは、きっとどこの司書の方でも同じなのでしょうね。
クリスマスはいいですよね。いろいろ遊べるし、夢があって・・・。
Posted by Helenaヘレナ at 2005年12月07日 09:17
 ステキなツリーですね。うらやましいです。私は、去年、こいのぼりの季節に、うろこに書いてもらうというのをやりました。ウチの学校は、全校31名と少ないので、クリスマスツリーだと少しさびしいかな。とってもすてきなオーナメントも手作りですか?
Posted by aya@ara at 2005年12月07日 10:09
こいのぼりのうろこも楽しいですね。
同じ町内の学校では、布でできた木の葉に、オススメの本が刺繍してありました。図書委員さんを集めてやったそうですが、手がこんでいるなあ、と思いました。オーナメントはパソコンで作りました。私は不器用で絵も工作も裁縫もダメなので、苦労します・・・。
Posted by Helenaヘレナ at 2005年12月08日 10:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。