2005年12月08日

オートクチュール「はだかの王様」

ロングの休み時間を使っての、読書活動が始まった。
第2〜第4木曜日で、3月まで。
昨年までは、読み聞かせボランティアに2回来てもらった他は、
教室での自主読書だった。
しかし、今年から朝読書を始めたことだし、読書活動はもっと違うことをしたい。

提案したのは、各担任の先生による読み聞かせ。
テーマは“名作の感動を共有しよう”

1年生・・・日本と世界の昔話
2年生・・・アンデルセンとグリム兄弟
3年生・・・「エルマーのぼうけん」
4年生・・・「秘密の花園」
5年生・・・「十五少年漂流記」
6年生・・・「ナルニア国物語」

高学年には、長いお話を毎回少しずつ読み聞かせてもらうことにした。
絵本ではないので、聞く方も想像力が必要になる。
ビジュアルな世界に慣れている、最近の子ども達にとって新鮮な経験になればいいと思う。
誰かに本を読んでもらうというのは、幸せなことなのだ。

さて、2年生は授業で「アンデルセンとグリム兄弟」の読み聞かせを
やっているので、読書活動ではその応用をしてもらうことにした。

「おばちゃんらいぶらりあん日記」で以前紹介されていた
「はだかの王様に服を着せてあげよう」という企画に挑戦してみようと思う。はだかのおうさま.jpg

nora-takaさん、ごめんなさい、お先にやらせていただきます。

できあがってきた作品を図書室の廊下に掲示した。

はだかのおうさま.jpg

女の子の絵は、色を塗っただけ、というものが多いが、色鮮やかできれい。
男の子はダイナミックで面白い。
う〜ん、なかなかやるな、2年生。先が楽しみである。

タイトルもつけてもらった。

服の王様1.jpg  「むらさきのすきな王さま」

服の王様2jpg.JPG  「にんきの王さま」

服の王様3.jpg  「すごい王さま」

服の王様4jpg.JPG  「ちょっとやばい王さま」

服の王様5.jpg  「へんしん王さま」

文化服装学院にも負けない素敵なオートクチュールでしょう。

タイトルも面白いものがたくさんあった。
「うまれかわった王さま」「じゃあくな王さま」「きけんな王さま」「げんきな王さま」

作品を貼っていたら、6年生の児童会長が通りかかって、
「何、コレ、ぼくたちまだやってないよ」
やりたいのかしら・・。君達なら面白いものが描けるとは思うけど・・・。




posted by Helenaヘレナ at 16:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素早い!善は急げですね。年が明けたら私もがんばります。
Posted by nora-taka at 2005年12月09日 22:34
楽しいですよ!がんばってください!!
Posted by Helenaヘレナ at 2005年12月12日 11:01
Helenaさん、明けましておめでとうございます。
以前は、トラックバックありがとうございました。
この、はだかの王様のぬりえ、面白そうだなぁと思っていました。
そこで、勝手ながら、新春企画に、取り入れさせていただきました。
題して『ハリーのセーター』コンテスト!
セーター部分のぬりえです^^;。
現在、賞品を何にしようかと考え中です。
Posted by 森クマ at 2006年01月11日 22:08
森クマさま、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!
「ハリーのセーターコンテスト」とっても面白そう!!どんな作品が出来たのかしら。
また成果を見せてください!
Posted by Helenaヘレナ at 2006年01月12日 09:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。