2008年08月09日

夏休みスペシャルクイズ

二週間前、実家の父が倒れた。
父の入院や病気の母のケアで姉と交替で実家へ行き、
家に帰ってきても、電話でやりとりをする日が続いている。
家にいても学校へ行っても、両親のことが頭から離れず、
何もする気が起きない。
さっき、ようやくブログを更新しようと思い、
その日のことを書いていたら、猫がパソコンの上を歩いて、
記事を全部消してしまった。
パソコンを歩くのはいつものことなのに、データを消したのは初めて。
猫は「自分は当然のことをやっただけ」というような顔で澄ましている。
そんな記事はやめろ、ということなのだろう。
でも、前回の記事がちょっと後ろ向きな内容だったので、
しばらくお休みしていた事情を説明させていただきました。


そういうわけで、私自身はともかく、学校も子どもも夏休み。
図書開館日には、真っ黒に色素沈着した子ども達が
ワラワラと図書室へ集まってくる。
1年生に「ヘレナ先生」と呼ばれると、おお覚えていてくれたのか!
と嬉しくなる。
私も子どもの顔を見たら、案外スンナリ名前が浮かんできて、自分でもビックリした。
仕事をする気にならない、と思いつつ、学校へ行って子ども達の顔を見ている間は、実家のしんどい状況を一時忘れていた。

特に夏休み中のイベントはやっていないけど、「夏休みのしおり」に
のせた「夏休みスペシャルクイズ」を拡大して、図書室の壁に貼った。

夏休supesyaru.jpg

ヒラメとカレイのクイズは新しく買ったこの本を参考にした。

どっちがどっち!?―にたものずかん (ニューワイドなるほど図鑑)
友永 たろ
4052026489


夏休みも残りあとわずか。
私は毎日暑くて、静かな秋が早く来て欲しい!と思うけど、
子ども達に聞くと、夏が一番好きで「永遠に夏だったらいい!」
のだそうだ。
posted by Helenaヘレナ at 16:56| Comment(7) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご両親のこと、大変かと思います。
ご自宅から離れていらっしゃるのでしょうか?
そうなると、行き来だけでもかなりご苦労されていることと思います。
病院通いというのは、やはり通う側が物凄く体力、気力共に疲れるものです。
お母様のお世話もあるとのことで、そのご苦労も倍以上ではと思います。

ヘレナさん自身も体調を崩されませんように、願っております。
ご両親のこと、よい方向に向かいますように。


夏休み、そちらは長いでしょうか?
こちらは、本当に短く、20日から学校です。
初めてやる自由研究が結構大変です。
(学研の科学を浸かったのわりに、ですが)
模造紙にまとめるって難しいですよね。
ヘレナさんの創作物、いつも手が込んでいるなあとつくづく思うのでした。
(写真や絵は面倒になってやめてしまいました)
Posted by kmy at 2008年08月10日 17:53
kmyさま、優しいお心遣いありがとうございます!!
実家へは5,6時間かかるので、用事を済ませてすぐに戻るというわけにもいかず、どうしても二泊はしなければなりません。
仕事をしていたり子どもがいたりすると、その2、3日を取るのが難しく、それが一番ツライです。病院にしろ施設にしろ、あらゆる手続きに身内のサインやハンコが必要です。
それくらいだったら、電話やFAXや郵送で済むのではないだろうか?と思うこともしばしば。
将来、娘が遠くに住むことになったとしたら、やはり同じ苦労をかけることになるのかと思うと、今からいろいろ準備しとかなければならないのかな、とも思います。

自由研究大変ですよね。
ウチはなんとか終わりましたが、読書感想文がまだ残っていて、頭が痛いです。
こちらも21日が始業式なので、こんなに短い夏休みに子どもだけでは手に負えない宿題をたくさん出さなくても、とちょっと恨めしい気持ちにもなります。
Posted by Helenaヘレナ at 2008年08月11日 13:39
帰省しているとばかり・・・
大変な状況なのに、飛んで行かれないのかしら?
面倒な手続きよりもっとこれからいろいろあるのでは?と、心配です。
一人ではないから多くの人に助けてもらって乗りきってね。
できることがあれば、お手伝いします。
なんなりと・・・
Posted by モーリー at 2008年08月12日 20:14
モーリーさま、ありがとう!!
帰省して戻ってきた二日後の真夜中のことでした。午前三時頃、車を飛ばし主人と病院へ。
ちょうど茨城の主人の実家へ預けていた娘を迎えに行く前日でした。
父の入院手続きをしてすぐに母のケアマネさんに相談して母をショートスティに入れ、翌日午後には茨城へ向かいました。
茨城でも一泊して翌日には帰ってきました。
濃い三日間でした。
今も父は入院中。母は本人の希望でヘルパーさんに来てもらいながら自宅にいます。
メールしようかな、とも思ったんだけど、心配かけても、と思いブログでお知らせすることにしました。結局心配をかけましたが(笑)

9月にはまた実家へいかなければならないのですが、図書室の方も二学期に引越しが決まり、読書週間もあるし、どうなることやら・・・。
今年は先の全く読めない一年になりそうです。

バタバタしれる合間に、また遊びに行きたいです!!!
Posted by Helenaヘレナ at 2008年08月14日 11:24
ばたばたもまたよし!!
大切にすべきことを大切にして、きっとそうすることで何か見えてくるかも。
学校のゴタゴタを静かに受け止めて考えるより、他がバタバタのほうがいいことだってあります。
まだ無理が多少できる年齢だろうけれど、一番はかわいい娘!それさえ忘れず進めば大丈夫。
次はなあに??私はリリーだけどね(笑)
Posted by ミーシャ at 2008年08月15日 15:13
体がいくつあっても良いかと思える状況 お察しいたします。
私も 同じ町に病院があったら毎日でも通うことが出来るのに!と歯がゆい思いをしていましたが ヘレナさんに比べると まだまだ近い方だったですね。

不思議なもので そのときのことを思い返すと
驚異的な睡眠時間で濃い日々を過ごしていたあの頃が
とても充実していて 限りなくいとおしい日々なのです。
どうかお疲れが出ませんように できるところは体力を温存しながらお過ごしくださいね。
Posted by ネコちゃん at 2008年09月21日 21:46
ネコちゃんさま、優しいお心遣いありがとうございます!!!
先日も帰省してきましたが、両親は、ショートスティサービスと自宅でのホームヘルパーサービスを併用することで、徐々に落ち着きつつあります。ケアマネさんや介護士さん、看護士さん、ボランティアの方など、関わっていただいている方々が一同に会して話し合いが行われ、同席した姉は、皆さんの優しい気持ちに涙が出そうになったそうです。

私も少しずつ他の事を考える余裕が出来てきました。今のところ一番考えなければならないのが、耐震強度に伴う図書室の移転問題なのですが、これがなかなか・・・・・。
ブログもそろそろ更新したいと思っていますので、またよろしくお願いします!!!
Posted by Helenaヘレナ at 2008年09月22日 10:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104464417

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。