2008年11月09日

レイアウト

いよいよ、図書室のお引越しが決まった。
移転の理由は、耐震性に問題があるため。
もともと、危険な場所として有名ではあったが、
四川の大地震を機に、市の調査が入った。

上の階にあった教室はすでに、夏休み中に南館に移動した。
残るは図書室だけ。
南館はもう空き部屋がないので、
同じ館の反対側に位置する「物置」に移動することになった。
ところが、この「物置」、一般教室分の広さしかない!
それで調べ学習のための図書を今の図書室に残して、貸しだし頻度の高いものだけ移動する案が出た。
授業で調べ学習をする時のみ、先生の付き添いの上、元の図書室へ行き、資料を選んだら、
教室に持っていってやる。
他に方法がないから仕方ない、と言われても、司書としてなかなか納得できるものではなかった。
蔵書管理はできないし、図書室から足が遠のくことは必至だし、
第一、図鑑も事典もない図書室なんて・・・。
虫や魚の図鑑を見るために図書室に来る子だっているのだ。
図書室が建物のあっちとこっちに分かれたまま、
この先何年もやっていくなんてできるだろうか?

と、ぐだぐだ悩んでいる内、保護者や職員の声が少しは届いたのか、
もしかしたら仮設図書室が来年あたり建つかも、という情報が入ってきた。
そういうわけで、とりあえず安全を重視し第一段階の「物置」への移転が決まったのだ。

自宅の引越しは何度か経験したことがあるが、図書室の引越しは初めて。
フレディさんが起こしてくれた室内図面と書架や机の図面を、切り張りしながら、
レイアウトを考えた。

図書室に閉じこもり、一人悶々悩んでいると煮詰まってくる。
そういうわけで、週末は肩こりがひどかった。

引越しは再来週からなんだけど・・・・。

レイアウト図面.jpg










posted by Helenaヘレナ at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウチの校舎もぎりぎりセーフというところで、震度1でも結構揺れを感じてしまうので不安です。
でも、お引越しは大変ですね。
分散配置だと管理面でも困るし、子ども達の利用状況も見えなくなるし。
仮設図書室できるといいですね。
Posted by nora-taka at 2008年11月11日 23:46
nora-takaさま、ありがとうございます!!!
先のことは全くわからないので、
あまり考えないようにしています。
でも、立ち退き命令が出るほど危険な場所に
子ども達を呼び込むのも気がひけるので、
早く安全なプレハブが建って、平常に図書館業務ができることを祈っています。
Posted by Helenaヘレナ at 2008年11月12日 08:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。