2006年01月01日

我が家の定番とスペシャルゲスト

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年の食卓に上がったのは、今年も我が家の定番。
まずは、私のお手製のおせち料理!

お気に入りお重

・・といっても、なーんも珍しいものはない。ホントに定番。
黒豆に筑前煮、紅白なます、田作り、伊達巻。
全然自慢できるようなものではないし、誰も特に食べたがっているわけではないのだが。
でも、おせち作るの好きなのです。
CSの海外ドラマ見ながら、だらだら一日がかりで作って、
お重に詰める。この瞬間ワクワクする(ちょっとオーバー)。

お気に入りお重

七年前に買ったお気に入りの重箱。三つ重ねると完成するリボンがかわいい。
一辺の長さが15センチほどの小ささも好き。
(あまり詰めなくてよいので)

ベーコン

もうひとつの定番は、ちょっと自慢できる。
同居人フレディさんの自家製ベーコンと、燻製シャケ。
これが、とっても美味しい!!薫りがいい。
ベーコンはサクラで、シャケはナラでいぶすそうです。
シャケがあっさりしておいしいので、また追加を作ってもらった。

くんせい ダンボールを改造した装置で作ります。

あと今年はお重にスペシャルゲストが加わった。
この地では、いや全国的にも有名(かもしれない)な、
信玄屋の煮貝。
煮貝とはあわびを煮たもの。
四方を山に囲まれ海産物に縁のない甲州人。
昔、なんとか海の幸にあやかりたいと願った甲州商人が、
駿河湾に行った際、陸揚げされたあわびを煮込んで醤油につけこみ、
持ち帰ったのが始まり、とパンフレットに書いてある。
かの武田信玄公も大好物だった、という由緒正しきこの品が、
なぜ我が家のお重に入っているかというと・・・。
これがフレディさんからのクリスマスプレゼントだったからなのだ。
子どもの手ほどの大きさのあわびが、金の縁取りの立派な箱に収まっていた。
「これ、いくらだった?」「四千円」
しばし無言で、貝と対峙した私。
味ですか・・?愛の味がしました。

本年の主役 今年の主役
posted by Helenaヘレナ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

燻製コンロ鍋いぶす君
Excerpt: おいしいお酒が手に入った時は、おつまみにもこだわりたいものです。 この燻製コンロ鍋いぶす君があれば、短時間に手軽に燻製を作ることができます。 チーズやソーセージサーモンの切り身などがあれば..
Weblog: Sunday Shopping Blog
Tracked: 2006-01-01 17:57

米国TVランキング: 12/26(月)〜 1/1(日)
Excerpt: 12/26(月)〜 1/1(日)のアメリカ合衆国の週間プライムタイムTVランキングをお伝えします。 ほとんどの番組が再放送または特番に差し替えられました。 【参考】 ☆アメリカの2005-200..
Weblog: アメリカに暮らす
Tracked: 2006-01-07 11:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。