2006年01月06日

“キングコング”ー霊長目ヒト科

今朝は零下10度だったらしい。
さっき、廊下の温度計を見たら、2度だった。
図書室は実によく冷えている。たった今いれたコーヒーが、もうぬるい。

パソコンも凍ってしまった。
昨日市内の図書館を廻った時から、車の中にいれっぱなしで、一夜過ごさせてしまったのだ。
車の中はさながら冷凍庫状態だったろう。
朝、「データゼロ」みたいな主旨の英語が画面に出て、こちらまで凍り付いた。
その後「しばらくしてからまた起こして」みたいな主旨の英語が出たので、
毛布をかけて、ストーブにあたらせて、と、とにかく暖めた。
復活してくれた時は、思わず画面にキスしてしまいました。
今年も貴方がいないとダメな私。

さて、実は4日映画の「キングコング」を観てきた。
ゴリラフリークのヘレナさんとしては、これはもう必須でしょう。
島の原住民やモンスターなど、グロな映像が続いた時は辛かったけれど、
コングの登場で、すべて水に流しました。
コングが恋する美女ナオミ・ワッツも美しかった!
スリップ一枚で、ジャングルを疾走し、
恐竜に襲われそうになったり、崖から落ちかけたりしながらも、
スリキズ1つなく、化粧崩れもしていない姿に、
ゲラゲラ笑ってしまった。
この「ありえない」が、ハリウッド映画のいいところかもしれないなあ。
恋するコングの表情が切なくて、思わず涙。
“ああ、種を超えた愛”・・と思ったけれど、実は同じ種だったのだ。

キングコング.JPG ぼくゴリラ.JPG

パンフレットによると、キングコングは
「モンスターではなく、たまたま7.5メートルの身長で3.6トンの体重がある、群れのリーダー格のシルバーバック・ゴリラ」として描かれている。
ゴリラは、人間と同じ霊長目・ヒト科の動物なのだ。サルではなくて。
それは、あのキュートな美しいお尻を見ればわかる。
サル特有の尻尾がないのだ。
これは、「ぼくゴリラ」(伊東祐朔 写真と文 築地書店)という本で知った。
ゴリラの家族の素敵な写真と、子どもにもよくわかる読みやすい文章で、
読んでいくうち、自然とゴリラ通になれてしまう優れた本。
これを読むと、ゴリラはベジタリアンであることや、
これといった天敵もいないこと、
だから絶滅の危機はすべて人間の環境破壊や密猟のせいであること、
私達に非常に近い動物であることから、
妊娠期間は256日、授乳期間も3年と長い、ことなどがわかる。
そして、リーダーのシルバーバックゴリラの写真が美しい。
背中が銀白色に輝いていることから、この名がつけられているのね。

ああ、今年も一年ゴリラ年になってしまいそうです。
「すきですゴリラ」(あかね書房)のアンソニーブラウンが
アンソニーブラウンのキングコング」を出した。
早速買うぞ!これは私費で。
アンソニー・ブラウンの描くゴリラは格調高い。

ズー.jpg  「どうぶつえん ZOO」(平凡社)

ちなみに、これは平凡な四人家族が、平凡な日常の中のイベント「どうぶつえん行き」を
描いている作品。
ここに出てくる家族(寒いオヤジギャグを飛ばす父親、兄弟げんかばかりしている
子ども達)も、動物園の動物(オリの中をウロウロしているだけ)も、
絵本のファンタジーからは程遠い。
だからこそ、そこに描かれている動物は現実に迫る美しさや哀しみを持っている。

ズー場面.JPG 「そのばん、ぼくは きみょうな ゆめを みた。
どうぶつたちも ゆめを みるのかな?」(本文引用)


posted by Helenaヘレナ at 14:35| Comment(2) | TrackBack(1) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめとうございます。
今年もよろしくお願いします。
零下10度ですか?!
パソコン凍りましたか?!
私なんて寒いと文句を言っていられませんね。
アンソニー・ブラウンって不思議な絵本を描
きますね。ウチの学校では男の子に好まれています。
Posted by nora-taka at 2006年01月06日 22:20
こちらに住んでいると、身体までも寒冷地仕様に
なりますね。今日、甲府へ行ったのですが、
暖かくて春のようでした。
アンソニー・ブラウンの「キングコング」
手に入れました。
絵本というより、アートブックという感じです。
Posted by Helenaヘレナ at 2006年01月07日 16:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【DIARY】---「キングコング」
Excerpt: 会社は、まだまだお正月モード。 今日はマッタリと 仕事をして早めの退社。 なので帰りにプラ〜りと映画館に。 今日は、ずっ〜と観たかった 「キングコング」を観てきました! まずは感想..
Weblog: お洒落で美味しいぶろぐ
Tracked: 2006-01-07 01:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。