2009年04月24日

こんなおばあちゃんになりたいな!

今年も、読書マラソンをやらなければならない。
でも、昨年度と同じやりかたはもういやだ。
40冊という数がまず多すぎる。
5月〜2月までというのも長すぎる。
子ども達は最初こそ乗り気だが、二学期に入るともうマンネリ気味。

それで今年は、春夏編と秋冬編の2回に分けることにした。
これで、「たのしいふゆごもり」を6月に読まなくてよくなるだろう。
冊数も、半分以下に減らす。
昨年度選んだリストを季節ごとに20冊、20冊にわければいいと、のんびりしていたのが間違いだった。
それを選ぶ子供の数が20人以上いるのだから、20冊だと全然足りないのだ。

急遽、本を選びなおす中で、みつけた素敵なおばあちゃんの本。
なんていったって、老いが迫っている。
本を選ぶのだって、自然とそういう視点になる。

たくさんのふしぎ5月号「砂漠のサイーダさん」

サイーダさんは遊牧民。
小さなおばあさんながら、ラクダを連れて砂漠でひとり暮らしている。
まず、その事実にビックリ!!
過酷な自然環境、危険もいっぱい!に違いない。
昼と夜の気温差だけ考えても、適温範囲の狭い私にはとても無理だ!
しかも、サイーダさんはおばあさん。
おばあさんだというのに、なんでも自分でできる。
一人で枯れ枝をかついで来て、ラクダの糞と一緒に火をおこしたり、
パンを焼いたり(砂漠で!)、寝る時だってごろんと砂の上で横になる身軽さ。
独身なんだろうな、と思っていたら、9人も子どもを育てあげて、
夫もいるけれど、家族はみんな定住地に暮らしている。
さびしくなんてないし、一度も退屈なんてしたことがない。
かっこいいなあ、清々しいなあ、こんな風になりたいなあ、
でも、無理だろうなあ。


頼らない生き方のサイーダさんはかっこいいけど、
頼りっぱなしのこのおばあさんも、なかなか素敵。

ひょうのぼんやりおやすみをとる (どうわがいっぱい)
いせ ひでこ
4061978047


お休みをもらってお散歩中の、ひょうの“ぼんやり”を
「まあ、なんてちょうどいいんでしょう」の一言で、
ちゃっかり荷物を運ばせ、家の掃除だの洗濯だのをやらせてしまう。
そして、ラストは本当に素敵。
いいなあ、うらやましいなあ、こんな風にやってみたいなあ、
と思うけど、やっぱり無理かなあ・・・。


「ひょうのぼんやりおやすみをとる」は2年生の春夏編のリストに加えた。
「砂漠のサイーダさん」は、まだ決めていない。
雑誌「たくさんのふしぎ」は、いつも新鮮な驚きに満ちていて、おまけに子供にも理解しやすく作られているので大好きなのだが、
残念ながら、ただ置いておいても子供たちはなかなか手にとってくれない。
直接紹介するのが一番効果があるみたいだ。
敬老の日特集か、なんかで。
「敬老の日」が合うのかどうかはともかく、子供達はきっと驚いてくれるだろう。
驚きって、大切だから。




posted by Helenaヘレナ at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ミーシャさんのブログよりたどり着きました。じつは私も30年ほど前は学校図書館司書でありまして。なんという奇遇。うれしくなっってしまいました。時々立ち寄らせてくださいませ。
Posted by すずとも at 2009年05月18日 20:53
すずともさま、ありがとうございます!!!
私も、うれしいです。
いろいろお話をうかがいたいです。
最近ちょっと停滞気味・・・ですが、
がんばって更新しようと思いますので、
よろしくお願いします!!!
Posted by Helenaヘレナ at 2009年05月21日 09:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118022244

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。