2006年01月26日

[ 「エルマーのぼうけん」でアニマシオン

ロングの休み時間を使った読書活動で3年生に
「エルマーの冒険」の読み聞かせを行ってきた。
今日は、そのしめくくりとして、2時間授業時間を使って
アニマシオンをした。

エルマーリュックサック.jpg

《用意するもの》
リュックサック
エルマーがどうぶつ島に持っていったもの(チューインガム、ぼうつきキャンディー、
歯磨きセット、虫めがね、くしとヘアブラシ、リボン)
持っていかなかったもの(おかあさんのブラジャー、せっけん、手鏡、レモン、
小麦粉、ふうせんとたこ糸)

*リュックサックに、上記の《用意するもの》の実物をひとつずつ袋にいれて、つめておく

エルマーと動物たち.jpg

@「これだれへのプレゼント?」
黒板には、上の動物の絵(物語に登場しなかった動物の絵も混ぜる)と
エルマーの絵が貼ってある。
「さあ、これはエルマーがもっていったリュックサックです。
中にはエルマーが年寄り猫に言われて持っていったモノと、
持って行かなかったモノが一緒に入っています。
一人ずつ、手を入れて好きな袋を取り出してください」
子どもが取り出したものを見て、
「これは、エルマーが持って行ったものですか?」持っていったモノなら、
「(この絵の中の)誰にあげましたか?」
「どうやって使ったのでしょう?」

最初の子が運良くブラジャーを取ってくれたので、
場は一気に盛り上がった。
「手鏡」のところで、サイかライオンが使ったのでは?
という記憶違いがあったが、後は全部正解。

A「これ、だれのセリフ?」

エルマーセリフjpg.JPG

セリフの書かれたボードを見せ、「これ誰のセリフ?」
当たったら「黒いテープが貼ってあるところにはどんな言葉が入る?」

3年生には少し難しい言葉が多かったせいか、少々苦戦。
「むだんつうこう」「せつやく」「しょうばい」は子どもの世界では使わない言葉。
しかし「しんにゅう」はすぐにわかった。
またイノシシのセリフ
「だれもかれも ぜんぜん へんちくりんだ」の「へんちくりん」は、
「役立たずだ」「ダメだ」「キライだ」など、思い切りのよい否定の言葉が出た。

B「これ、誰にプレゼントする?」
「あなたはエルマーです。今ジャングルを探検しています。
そこである動物に出会いました。その動物はある悩みを抱えています。
ここにあるモノをひとつプレゼントして、その悩みを解決してあげてください」

プレゼントするモノは、上記の《用意するもの》のエルマーがどうぶつ島に持っていかなかったもの(ブラジャー、せっけん、手鏡、レモン、
小麦粉、ふうせんとたこ糸)から一つ選ばせる。

画用紙に、エルマーとその動物の絵とそれぞれのセリフを書いて発表。

なかなか楽しい作品が出てきて大満足。結果はまた後日・・・。






posted by Helenaヘレナ at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この企画、面白いですね!
実際に詰めて行ったものが並んでいて、悩みを抱えた動物にどう対処するか……エルマーの世界が広がります♪
子どものころ読んだ本の中でも『エルマーのぼうけん』は大好きでした。この写真、見ているだけで楽しくなります。それにしてもブラジャーも用意されたんですね(笑)そして選んだ子どももいるっていうのが笑えます。お話が楽しくなります。
子どもに返った気分で楽しませていただきました。
Posted by kmy at 2006年01月27日 18:19
kmyさま、嬉しいコメントありがとうございます!
この企画、実施したのは3回目なのですが、
ブラジャーに対する、子ども達の反応がそれぞれ違っていて楽しいです。
今回の子たちは一番無邪気に喜んでくれました。
手を突っ込んで取るので、何を引くかわからないのですが、取り上げた瞬間、床に転がって笑っていました。
Posted by Helenaヘレナ at 2006年01月28日 15:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。