2006年01月27日

鬼が好き!

節分が近いので、鬼の展示をした。

おにの本.jpg

こういってはなんだが、私は鬼好きである。
大学の卒論が“上田秋成「雨月物語」「春雨物語」に見る鬼観”だったくらいである。
(一昔前のことなのでタイトルは定かではないが)
『青頭巾』と『ハンカイ』(スミマセン字が出てこないので後で調べます)
を見る限り、上田秋成は“鬼”という存在をむしろ肯定的に捉えていた、と思う。

今回展示した本は「たくさんのふしぎ傑作集」の「鬼が出た」と「オニの生活図鑑」。
あえて、民俗学的な本をとりあげた。
「オニの生活図鑑」はとっても楽しい本。
この著者もオニが好きなのだなあ。
まるで、ついこの間までオニと一緒に暮らしていて、
「今でも彼らとはレンラクを取り合ってるんですよ」みたいな感じだもの。
「海オニ族」と「山オニ族」は交流があるのだろうか?
「ないたあかおに」は山オニ族で、「島ひきおに」は海オニ族だろうか?

“節分”の説明ボードも作った。

せつぶん.jpg

しかし、私が子どもの頃、節分は2月2日だと思っていたけど・・・。
思い違いかなあ・・・。

“おにオニクイズ”も計画中。これは来週貼る予定です。

鬼といえば、坂口安吾の「青鬼の褌を洗う女」も大好き。
最近、厳しい現実に直面し、あまりにしんどいと、つい
ああ、私も鬼の褌を洗っていたいわ、と思ってしまう。
ゴリラでもいいけどさ・・・・。

posted by Helenaヘレナ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12367654

この記事へのトラックバック

「青鬼の褌を洗う女」(坂口安吾/講談社文芸文庫)
Excerpt: オススメ度:☆☆☆★★ オススメ対象:男に体を売ったことのある女・男に心を売ったことのある女 オススメポイント:おとこがおんなの一人称をかりるとき 白痴・青鬼の褌を洗う女??
Weblog: びぶりおふぃりあ
Tracked: 2006-03-05 20:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。