2006年02月06日

順調!“連句への挑戦”

やま.jpg

寒い!どのくらい寒いかというと、
校舎の中なのに息が白いくらい寒い。
最近暖かな日が続いていただけに、一層身に沁みる。
特に図書室は南北に窓があるせいで、ストーブの油量を最大にしても
まったく効き目がないのだ。
午前中いっぱい手がかじかんでいた。
今日の夕方から雪になるという。
教頭先生から「ヘレナ先生、明日の朝、雪の状況を聞きに電話するかもしれない」
と言われた。同じ学区に家があるので、こういう時は観測所になってしまう。
頼むから、4時とか5時とかには電話しないでほしい。

4年生の“連句への挑戦”はしごく順調に進んでいる。
先週は、前の人が作った俳句の最後の言葉をとって始める
“しりとり俳句”をやった。
今日は、言葉で繋げるのではなく、イメージでつなげることを試みた。
まず、例句「冬の夜 こたつに入り みかんむく」
でイメージの展開の仕方を説明した。

みかんといえばjpg.JPG

この「夕日」という言葉を次の句の中に入れて作る。

3人もしくは4人のグループで句を展開させていく。
イメージの繋げ方がわかるように、
「みかん」→「オレンジ色」→「夕日」という風にメモしながら作っていく。

繋げ方が「ベタ」になり、同じところを堂々巡りするのではないか、
と心配していたが、出来たものを見ると、発想がどんどんジャンプして、
面白く展開されていったので感心した。
国語の授業で、回文やクロスワードパズル、ダジャレやなぞなぞと
いった言葉遊びをやったらしく、それが生きているようだ。

一つ例を挙げてみると、

朝おきて 外にでてみたら しもばしら
  朝→太陽→赤い
あまずっぱい 赤いいちごは おいしいな
  甘い→さとう→白い
白い雪 フワフワフワフワ まってくる

連句は奥が深く、私自身十全に理解しているとはいいがたい。
来週は、575→77の本格的連句に行く前に、
連句の例をいつくか挙げて、検証してみることにしよう。





 


posted by Helenaヘレナ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(2) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ちらちら雪が舞う
Excerpt: 寒い1日だった。ヘレナさんに比べればまだまだ序の口だが、 やはり寒い。廊下を歩い
Weblog: おばちゃんらいぶらりあん日記
Tracked: 2006-02-06 18:00

しりとり必勝法!
Excerpt: 今日、きみはうまれてはじめて、しりとりで負けるだろう・・・
Weblog: ハラキリロマン
Tracked: 2006-03-13 06:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。