2006年02月08日

ペットブーム

図書室には、ペットの写真を張り出す掲示板“うちのペットコーナー”がある。

ペットコーナーjpg.JPG

今年になってから、1年生と2年生が教室で動物を飼うことになったので、
ぜひその写真も掲示したいと思い、担任の先生に撮っていただいた。

ハッピーjpg.JPG

これは、1年教室に暮らしているハッピーくん。
フォークランドロップイヤーという種類のウサギである。
昨年道徳の授業で、獣医さんがウサギを連れてきてくれた。
命の大切さを学ぶという主旨で、ウサギの心音を聞かせてくれたり、となかなかいい内容だった。その後、1年生のみんなでウサギを飼って、育てていこうということになったらしい。
保護者の承諾も得て、土日は子ども達の家で順番に預かることになった。
学校の一員になって一ヶ月、ハッピーくん元気に育っているようだ。
思ったより大きいのでビックリしたのだが、担任の先生いわく
「そうなの、よく食べるんだもの」
「いい子でいないと、職員室につれてっちゃうぞ」と校長先生に言われているせいか、
最近の1年生、“いい子”に拍車がかかっているようだ。

1年生に引き続き2年生もハムスターを飼うことになった。

ゴジータjpg.JPG

ゴールデンハムスターのオスで名前は“ゴジータ”
この命名には、ひと騒動あった。
ウチの娘のいる学年なのだが、名前の候補に残ったのが
“ゴジータ”と“ラッキー”だった。
男の子は全員ゴジータがいいと言い、女の子は全員ラッキーだった。
2学年の男女の構成比は、13対12である。
おまけにその日女の子が一人休んでいた。
わずか2票差でゴジータになったわけだが、
娘はいまだにぶつぶつ言っている。
「ゴジータって呼んだらかくれちゃったんだよ。イヤなんだね」
娘は“コラッタ”という名前を考えていったのだが。
「あれ、言わなかった・・・」
う〜ん、ラッキーの後じゃ言えないか。
2年生でハムスターブームが起きているので、
「ハムスターの研究レポート」が久しぶりに日の目を見た。

ハムスターjpg.JPG

ここで、ペットとしては珍しい動物の写真を子どもが持ってきた。

やまねjpg.JPG

これ、何だかおわかりでしょうか?そうヤマネ。
「お母さんが会社で飼っているんです」と言って女の子が持ってきたが、
会社の敷地にいる、というのが正しいのかもしれない。
天然記念物だものなあ。この辺ならでは、である。
ヤマネの本を一緒に展示した。

ヤマネ本.jpg

学校で動物を飼うのは、家で飼えない子には本当に嬉しいことだと思う。
もちろん大変なのだが、その大変さを味わうのもお勉強ということだろう。
1年生や2年生が6年生になっても、ハッピーくんやゴジータくんが元気で
いてくれたらいいな。でも、卒業したら、どうするんだろう・・・。

彼らと遊ぶのが忙しくて、図書室に足が遠のくということにならないように、
図書室でも動物を飼おうかしら・・・。
猫なんかどうかな?
こんな猫が書架の間に潜んでいたら・・・・コワイよねえ。

ねらうミュー.jpg









posted by Helenaヘレナ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

第2巻:『ハムスターの研究レポート』 大雪師走
Excerpt: 2匹のハムスターを育てている身として、やはりこいつは取り上げないわけにはいかないのでご紹介。   いかにも小学校の教室の本棚に置いてありそうな、ほのぼのかつ笑いもあるいいマンガ。なんと言..
Weblog: my little bookshelf
Tracked: 2006-02-15 17:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。