2006年03月01日

2年生拡大スペシャル

2年生の担任の先生が出張なので、1時間読書の時間になった。
毎週来るのだが、いつもは、読み聞かせ1冊のみ。1時間とはとても嬉しい。
2年生は25名、卒業していく6年生の26名に次いで人数が多い学年だ。

図書室に入ってくると早速
「先生、う中人ブラザーズ第3巻、出たよ」
と、執筆者代表の男の子から手渡された。
う中人ブラザーズ」とは、2年生の男の子で作っている手作り絵本。
今、2年生を中心に(2年生のみに?)大ブレイクしている。

「今日は、言葉遊びを中心に、楽しく遊びましょう」というと、皆ニコニコ。

手始めに「ことばあそびえほん」(石津ちひろ 文 飯野和好 絵 のら書店)から、「ならべかえことば」に挑戦。

ひまなつり.jpg

「ひなまつり、をならべかえて他の言葉を作ってみてください」と言うと、
子ども達は「あっ、絵がヒントになってるんだ」と
いち早く気づき、「ひまなつり」と答えてくれた。

さらうなよpg.JPG

これは、ちょっと怖い。みんなも最近よく言われるよね、気をつけるんだよって。
そう答えは「さらうなよ」。

手を挙げるのは圧倒的に男の子が多いが、女の子も口ずさみながら一生懸命
考えている。
このクイズ、学年が下の方が盛り上がるし、回答率も高い。
以前司書の部会でやったところ誰も答えられなかった。
大人になると頭が固くなってしまうのだろう。

大いに盛り上がったところで、次は「えらびっこ遊び」。
「ねえ、どれがいい?」(ジョン・バーニンガム さく 評論社) 

ねえどれがいい.jpg

どれがいいか、手を挙げてもらうことにした。
選んだものが全員ほぼ一致したのが三つあった。
「家の周りが変わるとしたら、どれがいい? 大水 大雪 ジャングル」
みんな「ジャングル」。ワクワクするものね。

「どれをしたい?二千円でトゲのあるいばらにとびこむ 一万円で死んだかえるをのみこむ 二万円でおばけやしきにとまる」
これは「二万円でおばけやしき」
当然でしょう、二万円も魅力的だし、何よりおばけやしきに行ってみたい。

「どっちがいや?おとうさんが学校でおどっちゃうのと、おかあさんが喫茶店でどなるの」
これは「おかあさんがどなるのがいや」だそうだ。
以前上の学年の子に聞いた時「おとうさんが学校でおどるのがいや」が圧倒的に多かった。
あっ、でもこれは女の子の意見だったな。わかる気がする。
2年生はお父さんが踊るのOKらしい。今度お父さんのダンスコンテストをしたい。

「ねえ、どれがいい?」は、スタンディングオベーションが出るくらい盛り上がった。
さあ、少し興奮を冷まそう。

nora-takaさんのブログに、2年生に「ともだち くるかな」が好評だったという記事があった。それで、「おれたち、ともだち!」絵本シリーズ(内田麟太郎・作 降矢なな・絵 偕成社)から、読み聞かせを2さつ。

担任の先生から
「みんないい子達なんだけど、最近ちょっと調子に乗りすぎて、ついつい
お友達を傷つけるようなことを言ったりするのよね」と聞いていたので、
「ごめんね ともだち」と「あしたも ともだち」を選んだ。

ごめんねともだち.jpg

文章にリズムがあり、ちょっとした言葉の面白さもところどころにあって、
それが子どもをひきつけるようだ。
今までこのシリーズを読み聞かせに選んだことは殆どなかったが、
これからは積極的に読み聞かせていきたいと思った。

2年生拡大スペシャル、とても楽しんでくれたようである。
私も楽しかった。チャイムが鳴りロングの中休みになると、
一度教室に戻った2年生が、今度は借りていた本を交換しにやってきた。
「おれたちともだち」シリーズも借りてくれた。
待望の「う中人ブラザーズ第3巻」も早速借りられていた。
借りたのはやっぱり2年生だったけど・・・。













posted by Helenaヘレナ at 11:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBとコメントありがとうございました。
ともだちシリーズ好きです。
ねえ、どれがいい?も私も大好きです。読み聞かせも私のところでも盛り上がってます。
Posted by nora-taka at 2006年03月02日 21:44
ともだちシリーズは、新しいものが出ているのですね。来年度続きを買おうっと。
Posted by Helenaヘレナ at 2006年03月06日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。