2006年03月13日

決定!?「さかな漢字」名人!!

4年生の授業。先週は図書室だより「飛行船」に載せた
さかな漢字クイズのおさらいをした。
そして、いよいよ、カルタで夢の“名人”を決める日がやってきた!!

最初に絵の札を取る方がいいか、漢字の札を取る方がいいか、
子ども達に聞いた。
漢字の札を取るのが一般的なやり方なのだろうが、
難しいので、子ども達に選んでもらうことにしたのだ。
ところが、全員一致で、漢字の札をとることに決定!!
やる気まんまんね。じゃ、行くわよ!!

かんじかるたjpg.JPG

「飛行船」に載せた3×11か月分の33枚を先にやり、
残り15枚は後にまわすことにした。
「最初のさかなは、3月号の「飛行船」を読んでいればわかります。
ホッケ」!「はい!」
すばやく取ったのが、図書委員の男の子。でも漢字は苦手なはず。
ちゃんと読んでくれていたんだね。エライぞ。
漢字は魚へんに「花」。
青緑色の幼魚が集団になって泳ぐ様が、花のように見えるからだそうです。

わからないものは、つくりのヒントを言った。
たとえば、「ヒガイ」は、「明治天皇の好物でした」と言うと、
「鰉」という札にたちまち手が集まった。

以前も違うカルタをやったことがあるのだが、
このクラス、カルタとなるとかなり燃える。
結局、名人は、9枚取った男の子。
料理が上手で将来シェフになりたいという夢をもっている子だ。
次が、7枚で、空手を習っているりりしい感じの女の子。
15人のクラスで、これだけ取れれば立派だ。
しかし、やはり難しかったか、もしくは周りの殺気に気おされたか、
一枚も取れない子もいた。
そこで、担任の先生の提案で、取った札が0〜3枚までの5人でもう一度勝負。
その後、残りの人たちでもう一度勝負することにした。

最初取れなかった子たちも、これだと余裕が出たのか、何枚も取れた。
対戦も2回目だと、みんな知らない漢字も覚えられたようだ。
今度お鮨屋さんに行ったら、自慢できるね。




posted by Helenaヘレナ at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。