2006年04月03日

さくらいろいろ

ニュースを見ていたら、群馬県の学校の桜が満開だった。
「えーっ、もう咲いてるの?」という感じである。
そのニュースを見た日、こちらは吹雪だった。
桜に代わって、大粒の雪花が舞っていた。
桜舞う中入学式というイメージがあるが、
我が校の校庭の桜が咲くのは毎年4月中旬〜下旬頃。
しかし、やはり、新学期は桜で迎えたい。

さくらいろいろ.jpg

この廊下掲示を作ったのは、実は3年前。
もう古いし、今年は、変えようかとも思ったが、
1年の内、この時期しか「桜」は掲示できないので、
やっぱりコレにした。(手抜きかな・・・?)

学研のフィールドベスト図鑑「日本の桜」を基に作った。

「校庭のさくらはどれかな?葉と花からさがしてみよう」
全国的にはソメイヨシノが多いのだろうが、
我が学校の桜は、ヤマザクラ、タカネザクラなども混じっている。
どちらも高地に多い種類である。

「こんなのもあるよ。ちょっとかわったおもしろざくら」
桜の種類がこんなにたくさんあるとは思わなかった。
花の色が黄緑色の「ウコン(鬱金)」や、
枝も花も上向きの「アマノガワ(天の川)」など、
見てみたい桜がたくさん載っている。

外は北風が吹きすさび、桜の木もまだ蕾すら見えないが、
中は桜の花が満開。やっぱり、桜の掲示にしてよかった!!
posted by Helenaヘレナ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。