2006年04月04日

いい先生ってどんな先生?

一学年一学級でクラス替えがない場合、
新学期のお楽しみは、担任がどの先生になるか、
の一点に絞られる。

我が娘の、二年生までの担任の先生は、
転任で違う学校へ行ってしまった。
娘はいまだに写真を見て懐かしがるほど、
慕っているが、新しい担任の先生の話になると、
一転「新しく来る先生がいい」。
やはりおニューがいいのか。

母の方も、次なる担任の先生には大いに興味があった。
というか、やはり一年間お世話になる先生なのだから、
こちらも真剣に興味を持ってしまう。
おまけに今年度はPTAの学年委員長。
できれば知っている先生がいいけど。
新しい先生だったら、どうか優しい先生に当たりますように・・・。

娘より早く、昨日の職員会議で担任発表があり、
ほっと、安堵のためいき。
この先生なら一年間楽しくやっていけそう。

しかし、まあ、どの先生がいいか、なんて
言われる先生の方はたまらないだろうな。
大体、「いい先生」という定義自体難しい。
人によっても違うし・・・。
ということで、
「いい先生ってどんな先生?
ーあなたの先生はどんなタイプ?−
「学校」・「先生」がでてくる本」特集で展示しました。

まあ、でもいい先生もイヤな先生も、担任ならでは。
図書室の先生なんか便利に使われるだけなのよ・・・。
とちょっとひがんでみたりして。

先生.jpg
posted by Helenaヘレナ at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。