2006年04月13日

図書室のきまりクイズー低学年オリエンテーション

各学年、年度始めのオリエンテーションをする時期がやってきた。
本の貸し出しは、オリエンテーションの後から開始。
毎年、第1回委員会の後に設定していたのだが、
子ども達から「早く借りたい」と言う声が出たので、
全学年今週中にやってしまうことにした。

1〜3年の低学年は、「図書室の使い方」
4〜6年の高学年は「分類番号と日本十進分類法」

今日は低学年。
まずは「ヘレナ先生三つのお願い」を説明した。
「これ、誰でしょう?ヘレナ先生だよ。ソックリだね」と言うと、
力強くうなづいてくれる子あり、ひたすらニヤニヤしながら、
クビをかしげる子あり。しかし「似ていない」とは誰もいえないらしい。(怖くて)

その後「図書室のきまりクイズ」の紙芝居を基に進めていく。

図書コのきまりクイズ.jpg

本は何さつまで?.jpg

このテープで隠れた所を答えさせるのだが、
去年までは当てた子にテープをはがさせていた。
しかし、それがとっても、とっても楽しいらしく、
剥がす行為そのものに
いれこんでしまうので、今年はやめた。
私がはがすと、去年のことを覚えている感心な子は心から羨ましそうに
「いいなあ」と言う。

かりかたは・・・jpg.JPG かえしかたは・・・.jpg

借り方・返し方を説明し、予約用紙、リクエスト用紙の書き方、
授業で本を利用する場合の「特別かしだし」の方法について説明。

後はお約束の「図書室のきまり」〇×クイズ。

〇バツ1.jpg

これは×ですね。
ちなみに赤い紙で隠れた部分には
「自分が読んだら必ず一度かえしましょう。
お友達には、おもしろかったよ、と教えてあげてください」
と書いてある。

〇×2jpg.JPG

これ、本当は〇なんだけどなあ。気持ち的には。
でも、やっぱり×
「でも、弟や妹が間違えてジュースをこぼしてしまったら、
正直に言ってください。先生は怒りません。
弟や妹のせいにしていいんですよ(小声)」と言っておいた。

〇×3jpg.JPG

これは△と答えた子がいたが、やっぱり×。ゾロリシリーズは全部で46冊ある。
めんどくさくても、副題まで書いてね!

〇×4jpg.JPG

「アは×でしょ。イは〇、ウも×だよね」
と答えた子がいたが、う〜ん、ウは×じゃないのよ。

〇×答え jpg.JPG

そう、スローなダンスならOK!

オリエンが終わって、新しい読書ノートのページに
本の名前を書いていく子ども達。
2年生の男の子が
「ねえ、6年生卒業したら、このノートもらえるの?」
そうよ、と言うと、

「すごいうれしい!うれしすぎる!!」だって。

かわいい!かわいすぎる!!
そんなに喜んでくれるなんて。

実際その時になっても、そう言ってほしい。



posted by Helenaヘレナ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16557248

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。