2006年04月22日

ママと一緒にキャンティクラシコ・アルカーノ

ママといっても母ではない。
ツカレタサラリーマンが行きつけのスナックに行き、
「ママオレもうダメ」と愚痴るあの“ママ”である。
こういう時「何いってんの、アンタしっかりしなさい」
と叱ってくれる恐優しいママと、
「どうしたの?話してごらん」とひたすら耳傾けてくれる癒し系ママがいる
(らしい)が、今日私が行ったのは後者のママ。

このママ、おいしいご馳走を食べさせてくれ、おまけに料金はタダ。
ただし、飲み物は持参しなければならない。
私が今日持っていったのは「キャンティクラシコ・アルカーノ」
オーガニックワインだということである。
ママはキャンティもオーガニックも好きなので選んだ。
ラベルもかわいい。

作品

チーズ

このチーズは、私が買ってきたものでフランスのチーズ。
表面がふんわりとした白かびに覆われていて、バターとカマンベールチーズ
をあわせたような味わい。なかなかうまい。

ほうれんそうとサーモンのパスタと軽くつまむものを
用意してくれていた。
「なんだ、記事にするなら、もっと凝ったものを作ればよかったわ」
いいの、いいの。十分です。ありがとう。

暖かい春の日差しを見ながら、昼間から飲むのはホント楽しい。

娘はクラスメートのご子息と遊んでいる。
3年生にもなると、男の子と女の子は一緒に遊ぶこともなくなりそうだが、
この二人はなぜか気が合うのか、楽しそうである。
ママも「あの二人おもしろいよね。なんだかんだと話もつきないみたい。
まるで長年連れ添った夫婦のように」と笑っていた。

こちらも、なんだかんだと、飲みながらたわいのない話をする。
人間って本来ひとりぼっちなんだけど、
親しい人と一緒にいる間は束の間そのことを忘れることができる。
悩みを肩代わりしてもらうことはできないけど、
向かい合っていると、悩みをしばし遠くに押しやることはできる。

帰る時ママは一言、
「まあ、元気出してよ。私嬉しいよ。この年になって、冗談でも、
将来外国に行ってお城と王子様を買う、なんて言いはってる友達がいるなんて」







posted by Helenaヘレナ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう、働く女はオヤジ化するものよ!と、私はこの間褒められました。癒し系の飲ませ上手なママはそんな女の心を白玉団子の様につるつるでむっちり滑らかにしてくれる女神様なのね。さすがにイイ女にはイイ女が群がるものだわ。
私も復帰した暁にはつるん!と滑らかに生きましょう。
Posted by サイパンじゃ美人 at 2006年04月24日 10:31
そうよ!私たちこんなにいい女なのに
どうして・・・・。
早く復帰して、みんなでつるつるむちむち
しましょうね!!
Posted by Helenaヘレナ at 2006年04月24日 15:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。