2006年05月09日

体力テストで体力増進??

今日は全校体力テストがあるので、
なぜか司書である私も、測定に借り出された。

ロングの休み時間の他に、まるまる二時間つぶれるので、
毎年内心ブーブー言っていたのだが、
(もちろん顔は笑って、ほほほ)
今年は、まあ、いいか気分転換にもなるし、
と考えることにした。

職員の数が少ないので仕方ないといえば、そうなのだが、
臨時職を理由に、専門の仕事以外は、きっぱり断っている仲間もいる。

きっぱり断るにしろ、いさぎよく全部引き受けるにしろ、
気持ちも一緒でなければ、後々つらくなる。
イヤイヤやれば、わだかまりになっていつまでも残るのだ。


私の担当は、50メートル走と、上体おこし。
50メートル走は、「ヨーイドン」の旗ふり役。
これは、毎年やっているので、大分上手になってきた。
最初の頃は、「ドン」のタイミングがつかめず苦労した。

今回発見したことがある。
スタンディングスタートの場合、
「位置について」で、線の手前に立つ。
「ヨーイ」でかまえる。
「ドン」で走る。


これが正式なやり方らしい。
今まで「位置について」で、すでにかまえている子が殆どだったので、
そんなもんだ、と思っていた。
当たり前のことかもしれないが、

「私は、小学校の先生じゃないも〜ん」
「そんな私を借り出す方が悪いのよ〜ん」

あっ、また、ブーブーと心の声が。いかん、いかん。
ひとつ勉強になって、良かったじゃない。
と、思うことにするか・・・。

自分が走るわけではないのだけれど、
外で立って旗を振っているだけで、けっこう運動になる。
少なくとも、座りっぱなしでパソコンを打つより、よほど、健康的。

全学年走り終わる頃には、なんとなくさわやかな気分に
それに、一生懸命走る子どもを見るのって、楽しいしね。

上体おこしは体育館でやる。
昨年は、これを辞退した。なので、初体験。
要は、腹筋ね。
30秒に何回できるか。
指導はできそうになかったので、記録を担当。

3年生が来た時、娘の記録をぬすみ見た。
許せなかったのが、50メートル走。
なんで、こんなに遅いわけ???
運動オンチだったが、走るのだけは早かった私は、
思わずムッとする。
しかし、前屈はスゴイ。34センチ。
以前、バレエを習っていたせいか、身体は
母よりずっとやわらかい。
昨年は学年で1番だった!と喜んでいたが、
バレエを半年でやめた結果、今年は残念でした。

終わって、程よく身体を動かしたせいか(?)気分はいい。
でも、上体おこしは人が足りてる気がする。
来年はやっぱり断ろうかな。
きっぱりとはいかないだろうけど、オズオズと・・・。

職員室に戻ると、事務のさやか嬢が、
「私、大嫌いでした。体力テスト。ズル休みしたくなっちゃって」
と思い出話をしてくれた。
「だって、みんな見てるじゃないですか。
体育が得意な子はいいけど。恥ずかしいですよ、できないと」

そっか。
身体をくねくねさせながら「できないよお」と
半ベソかいてる1年生を見て、かわいいなあ、なんて
こちらは気楽に見てたけど、恥ずかしかったんだろうな。
ゴメンネ。

しかし、なれないことをすると疲れる。
後が仕事にならない。
今夜はぐっすり眠れそうだけど。









posted by Helenaヘレナ at 14:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本来の仕事(図書事務?)以外の仕事でも断れなくて困ること、ありますよね。ウチの学校の場合、月2回は運動場の草刈があって、(何せ子どもが少ないので運動場が芝貼り状態になり、ほっておくとすぐ、腰くらいまでの高さまで草が伸びるのです。)全職員で「環境整備」の時間に作業!ということになります。こちらに来て初めて芝刈り機に触ることになりました。腕力がないので、大型犬に引っ張られながら散歩している状態で、草を刈っています。ダイエットになるかも、などと思いつつ…。
Posted by aya@ara at 2006年05月09日 16:23
ウチでもあります。愛校作業という名のもとに、
校庭の草刈りや石ひろい。さすがに芝刈り機は使いませんが・・・。
以前は、遠足にも同行していました。
まあ、子どもに顔を売るチャンスでは
ありますよね。 
Posted by Helenaヘレナ at 2006年05月10日 09:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。