2006年06月19日

1年生としりとり

1年生の読書の時間。
今日は趣向を変えて、パネルシアターをやってみた。

「わっ!何コレ?」というかわいい反応を期待していたのだが、
図書室に入ってきた一年生、口々に
「あっ、パネルシアターだ」
なんだ、知ってたのか。

今日やるのは、3年ほど前に町内の研究会で作った
「ねずみくんのしりとり」(ポプラ社)

ねずみくんのしりとり.jpg

ぱねるしあたー.jpg

「ライオンさんのカメラ」→「らくださんのぼうし」と続いていく。

たけのこjpg.JPG たこさんのたいこjpg.JPG

「たこさんのたいこ」は裏返しました。

つるさん.jpg つるさんのスケート.jpg

「つるさんのスケート」と、と・・・

とどさん.jpg とどさんのいす.jpg

「とどさんのいす」

ねずみくんjpg.JPG

最後は、「ねみちゃんのリボン」ん、ん?じゃなくて
「あねもね、ね、ねずみくんにプレゼント」となり、
と、と・・・
「とりのはね」と最初に戻る。

しりとりが出てくる他の本も紹介した。

しりとりあそびえほんjpg.JPG しりとりのだいすきなおうさま.jpg

「しりとりあそびえほん」(のら書店)
「しりとりのだいすきなおうさま」(すずき出版)
他にも、しりとりの本ご存知の方教えてください!!

実は、今日「ねずみくんのしりとり」をやったのにはワケがある。
1年生に6月アメリカのお友達がやってきたのだ。
マイクルくんという男の子。
普段はアメリカに住んでいるのだが、1学期が終わって、新学期が
始まるまでお母さんの故郷日本のこの辺で過ごし、その間
日本の学校に体験入学している。
お母さんが日本人なので、外見は他の子と区別がつかない。
日本語も日常会話は問題ないそうだが、
しりとりで日本語のお勉強をしてもらえば、と思ったのだ。
担任の先生は「日本語なら、他の子も大差ないと思います」

なるほど、そうかもな。

当のマイクル君、
「英語の本はありませんか?」
う〜ん、小学校じゃねえ。
「よかったね ネッドくん」(偕成社)が、英語と日本語が
並列して書いてあるので、見せたが、
「う〜ん、他のない?」
デルトラクエストを手にとって、
「これが英語版だったら読める。」
そうか・・・。1年生でデルトラはすごいな。
ところで、デルトラクエストってアメリカにもあるんだろうか??

posted by Helenaヘレナ at 14:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宝の持ち腐れで、わたしがいた図書室に英語の絵本がやなほどありました。登録すると数が増えるので確か寄贈扱いか?どこへ片付けたか覚えないけど・・・利用できるかどうかも見てみないと判りませんが・・・知ってたことにして連絡してみては?
Posted by ミーシャ at 2006年06月19日 20:51
ありがとう!!!
では、一度行って見てきます。
ミーシャさんが去った後は、
行ってないのですが・・・。
Posted by Helenaヘレナ at 2006年06月20日 08:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。