2006年06月28日

バウムクーヘンはどうもくえへん?

最近、年のせいかどうも、耳が悪くなってきてね。
おかしな風に聞こえるのよ。
そう例えば、「ファッション」と言ってるのに「はっくしょん」とくしゃみに聞こえるし。
おまけに口も回らなくなってきて、
喫茶店で「プリン ア ラ モード」と注文しようとすると
プリン?あら どうも」な〜んて言っちゃう始末。

まあ、せっかくだから、これを今日の3年生の授業にしましょ。

がいらいごjpg.JPG 「みえる詩あそぶ詩きこえる詩」

まどみちおさんの「がいらいごじてん」から簡単なアニマシオンを作った。

がいらいごアニマjpg.JPG

3年生は25人。カタカナ組とひらがな組13人ずつにわかれて
一人一枚ずつカードを持ち、自分のパートナーを探す。
あまった分の一枚は私が持った。
まるう おまっせ
これは何でしょう?私の大好きなお菓子の名前なの。
そう「マロン グラッセ
続けて口ずさむと、うん、うん聞こえる。

みんなほとんど迷わず、パートナーをみつけることができた。
仲の良い子と一緒になれて、うれしそうに手をつないでいる子もいれば、
ツンとそっぽを向き合っている男の子と女の子もいる。
「さあ、みんなカップルになれたかな?」と聞くと
いっせいに「げえ〜」の声。「全然カップルじゃないし」
「結婚しなきゃいけないのかな」と本気で悩む真面目な子も。

さあ、では端のカップルから順に言ってもらいましょう。
すごく似ていたのが、「マニキュア」=「まぬけや」
「メニュー」=「目にいう」
「ボクシング」=「ぼく しんど」

では、第二ラウンドに行きましょう!

きまりことばjpg.JPG 「しゃべる詩あそぶ詩きこえる詩」

ぽかぽか」といえば・・・「頭?ちがいます。おひさまです」
「そよそよ」と吹くのは「はるかぜ」「てくてく」と「あるけば」。
日本には(外国にもあるかもしれないけど)、こう言えばこう続く、という
きまりことばがあるのです。

キマリコトバアニマjpg.JPG

「ばたんきゅう」「むしゃむしゃ」などは赤で表記し、次に続く「おやすみ」「ごはん」を青で表記した。
一人一枚ずつカードを配り、赤のカードを持った子が読み上げる。
それを聞いて、自分のカードがきまりことばとして正しい
と思ったら、青のカードの子が手を挙げる。

ちょっと混乱したのは「じゃぶじゃぶ」は「おふろ」か「みずのむ」か?
その後で「ごくごく」が出てきたので「じゃぶじゃぶ」「おふろ」と続くことがわかった。しかし、いいねえ。
「じゃぶじゃぶ みずのむ」は豪快!
よたよた」は「さかみち」の子が手を挙げた。
このあたりの坂道はきついからねえ。よたよたするよねえ。
でも「えっちらおっちら さかみち」の方がいいかな?
「よたよた」は「もどって」でした。

はい、キンコーンカーンコーンと鳴ったので「さようなら」。






posted by Helenaヘレナ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。