2006年08月22日

ノミとひまわり

ひまわり実家から家に帰ってきたら、ねこのミュータントがおしりをケガしていた。
ついこの間、耳ちぎれ事件を起こしたばかりだというのに・・・。
獣医さんのところに連れて行くと、麻酔をして縫合しなければならない
とのこと。
昨日、手術を受けてきました。

麻酔がまだ残っているのか、フラフラしながらも、
必死にこの輪っかを取ろうともがく、もがく。
おまけに歩くたびに、輪っかがイスだのテーブルだのにぶつかる。
よろよろ後ずさりしながら恨みがましくニャーニャー鳴くミュー。
さぞ、面白くないだろうな、と気の毒に思いつつも、
笑わずにいられない。ごめんね・・・(笑)。
なんだか、君、ひまわりに似てるよ・・・。

これはのみのぴこミューの事件は、このおしりかじられ事件だけではなかった。
なんと、家の中に蚤が大発生したのである。
本などで猫についた蚤の話を読んだことはあっても、
本物の蚤を体験したのはこれが初めて。
そういえば4年前、町内で「これはのみのぴこ」(谷川俊太郎・作 和田誠・絵)のパネルシアターを作ったことがあったなあ。
あの時は、何も知らなかったから

「これは のみの ぴこの すんでいる ねこの ごえもんの・・・」
(本文引用)

なんて、無邪気に唱えていられたのだ。
本物の蚤にさされたら「これはのみの・・・」なんて言ってられない!
もう痒くて、痒くて!
バルサンやらなんやらたくさんざん試してみたが、絶滅には至らないし。
家に帰ってきてから、蚤との闘いにすっかり疲れ果ててしまった私。

結局獣医さんで、ミュータントに蚤の薬を投与してもらったら、
少しずつ改善していった。

ひまわり2

この夏はミュータントも災難だったけれど、
人間の方もすっかりくたびれてしまったよ・・・。


posted by Helenaヘレナ at 17:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『これはのみのぴこ』大好きです。
のみの大発生は大変ですね。
ミュータントくん(”さん”でしたっけ?)お大事に。
Posted by nora-taka at 2006年08月22日 18:20
こんにちは〜!アノ史上最強の図書委員長です。ヘレナ先生の日記とかとってもおもしろいですね!。。。ところで8.4吹奏楽コンクールがありました。結果は金賞でしたよ!がんばりました!
Posted by ももこ at 2006年08月22日 19:04
nora-takaさん、私も好きでした、「これはのみのぴこ」。
パネルシアターを作った時、ノミを拡大してでっかく描いたのですが、本当にあの通りの姿してるんですよね。
今後、ノミを見かけたら、
「これはのみのぴこのすんでいるミュータントの」と早口で唱えようと思っています。
ノミノイローゼにならないように。
名前つけるのもいいかな。
エリザベスとか、マーガレットとか・・・・。
ちなみにミュータントは、元女の子です。
心配していただき、ありがとうございます!!
Posted by Helenaヘレナ at 2006年08月24日 10:58
ようこそ!史上最強の図書委員長!!!
うれしいなあ。来てくれて!
貴方の遊び心と、面白いことを次々考える才能は
素晴らしかったですよ!!
ますますグレードアップすることを祈っています。金賞スゴイね!!
これからも学校生活を楽しんでください!
Posted by Helenaヘレナ at 2006年08月24日 11:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。