2006年11月13日

“ぬすまれたらこまるもの”は何ですか?−3年生にブックトーク

3年生にブックトークをした。
テーマは「どろぼう」。
実は、このテーマは、同じ町内の司書仲間に教えてもらった。
おまけに本も貸してもらった。
ルミさん、ありがとう!!!

@「すてきな三にんぐみ」
中の絵を見せて、まずこの本のタイトルを聞いた。
3年生全員が、このお話を読み聞かせてもらったことがあった。
たぶん、2〜3回は。去年の図書集会にもやった。
この3人の職業は何でしょう?と聞くと、
そろって「どろぼう」という声が。
だったら「どろぼう三にんぐみ」なのに、どうして「すてきな三にんぐみ」なの?
「いいことをしたから」「最初はどろぼうだったけど、後で変わった」
でも、中には「すてきなマサカリとじゅうを持ってたから」と答えた子も。

今日のテーマは「どろぼう」です。いろんなどろぼうが登場する本を
これから紹介します。

A「ミドリノ森のビビとベソ」
最初にビビとベソの紹介をかねて冒頭の部分を読んだ。
ビビとベソは、幼稚園の園長先生の宝物を盗もうと忍び込む。
どろぼうに気づいた園長先生、でも弱弱しくてかなわない。
と思ったら・・・?

B「図書館員になった山賊たち」(『海賊の大パーティ』に収録)
人を盗んだどろぼうもいる。「図書館員になった山賊」は、美人の図書館員を盗んだ。「図書館にいる人は、やっぱり美人が多いんだねえ」と何気に言うと、子ども達は「えっ?」。頷いてくれる子はいなかった。

C「大どろぼうホッツェンプロッツ」
大どろぼうが盗んだのは、ひくと歌が流れ出すコーヒーひき。
本を見せた途端「あっ、うちにある」「知ってる」という声が。
さすが大どろぼう!じゃなくてロングセラー。

D「ぬすまれたらこまるもの」(『どろぼうたちのよる』に収録)
これは、読み聞かせをした。佐々木マキさんのユーモアとウィットに富んだショートショート。
子どもにわかってもらえるだろうか、と思ったら、大ウケだった。
特に、女の子の声とカバの重さと街灯の光を盗んだどろぼうが、カバの重さのせいで、地面にめりこんでしまうところでは、大笑い。
読み終わった後、「みんなはぬすまれたら困るもの、って何かな?」と聞いた。すると、「命」という声があちらこちらからあがった。
命の大切さ、わかってるねえ、感心感心。
では、命以外で、これは私の自慢だから盗まれると困る、というものは?
「野球の球を投げるこの腕」「手。いろいろ作るのがスキだから」
他には出なかったけど、恥ずかしかったのかな?まだない、という子もいるかもしれない。ない人はこれからみつけて欲しい。

「おれなんか ぬすまれたら こまるのは、 やっぱり このひかりだね。
よるの あいだじゅう ひかっているのが おれの ねうちだもの」(本文引用)そう街灯が言っているような、貴方を貴方たらしめているなにかを。

E「くまさぶろう」
これも、読み聞かせた。
ゾウをも、縮めて盗んでしまう鮮やかなくまさぶろうの盗みの手腕に、
子ども達は「天才だ!」と感心しきり。
でも、印象的だったのは、心を盗めるようになったくまさぶろうが、
たんこぶを作って泣いている子の痛みを盗もうとしたり、いじめられている子の苦しみを盗もうとすると「やめろ、やめろ」という声があがったこと。
くまさぶろうが代わりに痛くなったり、苦しんだりするのを思いやっている子ども達。優しいね。
読み終わった後「くまさぶろうは、いいどろぼうですか?」と尋ねると
「いいどろぼう」「最初は悪かったけど、良くなった」という答えがすかさず返ってきた。

最後に「みなさんも、くまさぶろうに盗んでもらいたい気持ちがあるかな?」と聞くと、「あるー」いっせいに返ってきた声。

そうか、みんな盗んでもらいたいつらいことや、いやなこと、あるんだね。
くまさぶろうみたいなどろぼうが、本当にいたらいいなあ。

どろぼう.jpg



posted by Helenaヘレナ at 14:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海賊の大パーティ!
以前よく子ども達に紹介しました。中学年にちょうどよいですね。今の学校にはなかったので、着任したとき注文したら、品切れで納品されませんでした。残念でした。
私も近々3年生にブックトークの予定があるので、参考にさせていただきます。ありがとうございました。
Posted by nora-taka at 2006年11月14日 22:54
「海賊の大パーティ」は、以前ある公共図書館の司書さんのブログで見て買いました。
「美人の図書館員」というところが、なんとも心をくすぐりますよね!
Posted by Helenaヘレナ at 2006年11月15日 12:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。