2006年11月15日

ことばあそびでわっはっはー2006図書集会

今日は図書集会。
昨年図書委員だった男の子が「先生、今年もムービー?」と聞いてきた。
違うよ、と答えると、ほっとしたような顔。
彼は、今年も図書委員に立候補してくれたのだが、惜しくも
ジャンケンに敗れたのだ。

去年は「なぞの三人組みを探せ!」のムービーでしたが、
今年はガラリと趣向を変えて
「ことばあそびで、わっはっは!」

T「へんしんトンネル」
あきやまただしさんの「へんしんトンネル」を元に、図書委員さんたちが
考えた変身する言葉を、自ら実演する。

??±??±〓〓〓〓????jpg.JPG

このトンネルの中をくぐるのは、

¢±±jpg.JPG「インコ」→「コイン」
「インコ」の絵を持って「インコインコインコ・・・」と唱えながら、変身トンネルの中に入ったら、
「コイン」の絵を持って登場。
会場の観客にもいっしょに言ってもらう。


〓¢.jpg「かい」→「いか」


〓〓〓〓jpg.JPG「ゴンドラ」→「ドラゴン」


そのほかに「漢字」→「時間」「板」→「鯛」など。
「がけ」の絵を持って入り、足を引きずりながら出てきたり(「けが」)、
「ベルト」の絵を持って入り、ジャンプして出てきたり(「飛べる」)、
「いふく」の絵を持って入り、ふくい先生と出てきたり。
けっこう盛り上がりました。

U「しりとりことば」
「さよならさんかく、またきてしかく、しかくはとうふ、とうふは白い・・・」というやつである。

??〓??§??±〓??.jpg??????????〓??jpg.JPG しかくは・・・


とうふ.jpgとうふは白いjpg.JPG

紙は表裏になっている。
横一列に並んで、「四角いものはこの中のどれでしょう?」と
クイズ形式で進行。
「しりとりことば」は、家の人に聞いて知っている子もいて、
盛り上がるし、知らない子はそれなりに新鮮だったようだ。

V「きまりことば」
阪田寛夫さんの「きまりことば」という詩を題材にした。
「ぽかぽか」といえば、なんでしょう?
と会場に投げかけ、答えを待つ。
詩の中では「おひさま」と書いてあるが、「おふろ」といっても
「こたつ」といってもOK。はっきりした答えは言わない。

そして、最後にみんなで阪田寛夫さんの詩を読み上げるのだが、
はっきり言って子どもに進行させるのは難しかった。
会場からの答えをうまくさばいて、盛り上げるのだが、
なかなかうまくいかない。
図書委員さんたちのキャラもあるしね・・・。

W「ともだちからともだちへ」読み聞かせ。
ともだちからともだちへ.jpg アンソニー・フランスさく ティファニー・ビークえの「ともだちからともだちへ」を拡大投影機を使って読み聞かせた。
むこうから話しかけてくれるのを待つのではなく、こちらから声をかけてみよう。困っていたら手を差し伸べよう。
クマネズミくんが回した友情のバトン、会場のみんなにも届いたかな?


今年は「ことばあそび」しかない、と思って取り組んだ。
図書委員さんたちは頑張ってくれたが、課題もたくさん残った。
とりあえずは、みなさん、私もご苦労様でした!!


posted by Helenaヘレナ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。